HOME > 繊維/染色基礎用語集 > 【加工】 縮絨

縮絨(縮絨加工)

縮絨(縮絨加工)とは?

 

簡単な一行説明= いくつかの加工技術により毛織物をフェルトっぽくする仕上げ工程のこと

 

 


 

詳しい説明

 

縮絨加工=しゅくじゅうかこう

 

縮絨(縮絨加工)とは、毛織物における仕上げ工程のこと。

 

 

羊毛などの獣毛繊維は、水や石鹸水に湿らせたり熱や圧力などを加えることにより、

毛同志が絡み合わせ、フェルト化させること。

 

 

 

 

縮絨加工をする主な生地

 

生地が出来上がるまでに縮絨加工が行われる素材(生地)

 

  • フランネル
  • メルトン
  • サキソニー
  • フエルト

 

 

 

 

 

 

 

縮絨と縮充

 

「縮絨」をgoogle翻訳で翻訳しようとしても英語には訳せないものの、

「縮充」をgoogle翻訳で英訳すると「Felting」と出てくる。

 

2つに微妙な違いがあるのか、もしくは、まったく同じ意味合いであるものの、

一般的に使われれている感じが2種類ある状態なのかは分析中です。

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る