HOME > 繊維/染色基礎用語集 > 吸水性と吸湿性

【基本用語】 吸水性と吸湿性

まずはじめに

 

このページは、

繊維用語の中でも特に違いがとてもわかりづらい

 

 

「吸水と吸湿ってどう違う?」

「吸水性と吸湿性の違いとは?」

 

といったような疑問に対して、可能な限りの説明を入れたページです。

 

 

 

ほとんど公式的な記述は見つからないものの、

日本化学繊維協会HPにて確かな情報がありましたので、

その記述などを主に参考にしています。

 

ただし、そのページ自体がサイト内検索すると見つかるものの、

現在はトップページからはつながらないページのため、100%確定とは言えない部分もあります。

 

新たな情報がわかりましたら情報を追加・修正する可能性がありますがご了承ください。

 

 

 

 

 

吸水性(吸水)とは?

 

 

google翻訳によると、

 

吸水= Water absorption

吸水性= Water-absorbing property

(*absorption=吸収、property=性質というような意味)

 

という訳になり、

 

 

日本化学繊維協会HPの説明によると吸水性とは

「液体の汗を吸収する性質」とのことです。

 

 

そして、「吸水」という意味だと、様々なネットの辞書などを参考にすると、

「吸水=水を吸い取ること」というような意味。 

 

 

 

例えば、繊維の中身がストロー的に中空(空洞)構造になっているタイプの繊維は、

水分を中の空洞に収納できるため、吸水性が高いという特徴を持つ模様。

(例外ある場合あり)

 

 

 

 

 

吸湿性(吸湿)とは?

 

 

google翻訳によると、

 

「吸湿=Moisture absorption」

「吸湿性=Hygroscopicity

(*湿気、水蒸気などという意味)

 

という訳になり、

 

 

日本化学繊維協会HPの説明によると吸湿性とは

「気体の汗を吸う性質」とのことです。

 

 

また、いくつかのネットの辞書などによると吸湿性とは

「空気中の水分を吸収する性質」といった意味。

 

 

そして、「吸湿」というとなると

「湿気を吸い取ること」というような意味。

 

 

 

 

吸水性(吸水)と吸湿性(吸湿)の違いまとめ(現時点でわかっている限り)

 

 

まず吸水と吸湿を英訳した場合、

■吸水=Water(水) absorption

■吸湿=Moisture(湿気) absorption

 

という英単語的な違いがある。

 

 

そして、日本化学繊維協会HPなどの情報によると、

■吸水性= 液体の汗を吸う性質

■吸湿性= 気体の汗を吸う性質

というのが吸水性と吸湿性の違い。

 

 

 

 


 

*以下は未確定情報ですが、

液体の汗とは激しい運動した時に出るポタポタ垂れるような"粒状の汗"のことで、

気体の汗とは多分運動しなくても体から出る"水蒸気状の汗"というような意味と思われます。

 

 

 

 

 

吸水性、吸湿性が高い繊維

 

 

吸水性が高い主な繊維

 

■綿(植物繊維)・・・・・繊維が中空構造になっている

■麻(植物繊維)

 

■リヨセル(植物系の再生繊維)

 

吸湿性か高い主な繊維

 

■綿(植物繊維)

■麻(植物繊維)

 

■絹(動物繊維)

■羊毛(動物繊維。吸湿すると発熱する)

 

■レーヨン(植物系の再生繊維)

■キュプラ(植物系の再生繊維)


 

 

*植物繊維(綿と麻)は吸水性・吸湿性共に高い。

*合成繊維(ポリエステル、ナイロンなど)と半合成繊維は全体的に吸湿性が低い。

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る