HOME > モデル名鑑 > 海外モデル(男女アジア系,etc) > イリーナ・パンタエヴァ [モンゴル系]

モンゴル(シベリア)系モデル イリーナ・パンタエヴァ(イリナ・パンタエバ)

プロフィール イリーナ・パンタエヴァ(Irina Pantaeva)

 

 

川原亜矢子やリン・タンと並ぶ1990年代のアジア系最高峰のトップモデル。

(ロシア出身ながら、顔は完全にモンゴル・中国系の顔をしている)

 

 

生年月日不明

モンゴル国境付近出身のロシア系モデル(モンゴル系民族)。

 

媒体によっては「イリナ・パンタエヴァ」や「イリーナ・パンタエバ」と表記される場合もあり。

なお、某インタビュー映像では本人が「マイネーム・イズ、イリーナ・パンターエヴァ」と発音しているので、

ロシア語での正確な発音は「イリーナ・パンターエヴァ」が正しいようです。

 

 

 


 

[歴史]

 

 

キャリア初期

 

旧ソビエト・シベリア地方のブリャート自治共和国出身(モンゴル付近)。

遊牧民の血をひいており、モンゴル系民族のため、顔はアジア人の顔をしている。

 

演劇場の舞台オーケストラの指揮者の父と、

舞台衣装制作担当の母のもとで演劇・舞台が近い環境で育ち、

幼い頃から母のミシンを使って服作りを始める。

 

その後、学校を卒業して地元のデザイナーのもとで

アシスタント兼アトリエモデルとして活動したり、

首都モスクワに上京して女優・モデルとして活動したのちに渡仏。

 

 

90'sスーパーモデル時代

 

1993年春頃からパリコレに出演し始め、日本でのシャネルツアーの仕事を経て、

1994年春の1994AWシーズンに新人ながらデビューと共に世界的にブレイクし、

川原亜矢子と共にアジア系トップモデルとして、1996年までのスーパーモデルブーム全盛期の中で活躍。


NYのショーの中で、当時アジア系モデルがほとんど登場することがなかった「カルバンクライン」では、

1995Sから3シーズン連続で出演するという快挙も達成。

 

1997年あたりからスーパーモデルブームが去ったあとも、

英国系のナオミ・キャンベルやケイトモス、

アジア系の川原亜矢子(日本)、リン・タン(中国/マレーシア)、田辺あゆみ(日本)などと共に、

各地のプレタポルテはもちろんパリ・オートクチュールにも多数出演し、

1990年代を代表するアジア系スーパーモデルとして1999年頃まで世界各地で活躍。

 

日本に滞在していた1993年秋には東京コレクションにも出演したことがある。

 

*日本のデザイナーからも大人気の存在で、最初に発掘したコシノヒロコをはじめ、

三宅一生・高田賢三あたりには特に愛され、ショーでも重要な場面で起用されていた。

 

 

 

2000年代

 

 

2000年代に入ってからの4大コレクションとしては、

2006年秋の2007SSのNYコレクションにて「Imitation of Christ」に出演。

(その他は不明)

 

 

 

2010年代

 

2011年にNYコレクションの「Adrienne Vittadini」のショーに出演。

以降、度々「Malan Breton」のショーに重要なポジションで出演しているほか、

2015年2月にはNYコレ「GO RED FOR WOMEN RED DRESS COLLECTION」に出演。

 

 

 

 

Irina Pantaeva公式HP

 

 

参考文献 :

シベリアン・ドリーム(上下巻)

 

 

 

 

イリーナ・パンタエヴァの推定女性モデル世界ランキング(独自査定)

 

  • 1990年代後半= 推定でランキング30位以内

 

 

 

 

 

イリーナ・パンタエヴァ 主なショー出演・その他キャリア

 

 

*1993年から1999年にかけてほとんどの世界的ブランドのショーを制覇(プレタポルテに関して)。

4台コレクションのショー出演本数は、リン・タン(中国/マレーシア)と並んでアジア系最多レベル。

 

*例えば、"1995AW"という表記は、"1995-1996年秋冬"という意味です。

 

 

 

パリコレ(オートクチュール)

 

 

ブランド名 判明している出演シーズン・その他情報
ティエリー・ミュグレー

1995SS・1997SS・1998SS出演。

△その他、本人か断定できないものの、おそらく1997AWにも出演している

ヴェルサーチ 1997AW出演
ジバンシィ

1997AW出演

ピエール・バルマン

1996AW出演

ニナリッチ

1996AW出演

パコ・ラバンヌ

1996AW出演

ジャン・ルイ・シェレル

1996AW出演

 

 

 

パリコレ(プレタポルテ)

 

ブランド名 判明している出演シーズン・その他情報
シャネル 1994AW出演
バレンティノ 1996AW出演
KENZO

1996AW・1997AW・1998SS・1999AW出演。

 

★1998SSではトップバッターを担当。

1999AWではショーラストのマリエを担当。

イッセイミヤケ

1994AW・1995SS・1996AW・1997SS・1997AW・1998SS・1999AW出演。

 

川原亜矢子と並ぶ三宅一生氏のお気に入りアジア系モデルで、

ショー常連モデルであった。

ビビアン・ウエストウッド

(ゴールドレーベル)

 

1996SS・1996AW・1997SS・1998SS・1999AW出演

 

★1999AWはファーストルックに抜擢

コムデギャルソン

1995SS出演

エルメス 1996SS出演
クリスチャン・ディオール

1997AW・1998SS出演

ジョン・ガリアーノ

1997AW出演

ティエリー・ミュグレー

1995AW・1996SS出演

ヒロココシノ

ブレイク前の1993AWシーズンに出演。

 

なお、ヒロココシノは1993年をもって一度パリコレから撤退しているため、

1994年以降の出演はない。

ジュンコシマダ

1994AW・1996SS出演

バレンシアガ 1994AW出演
ランバン 1996AW出演
イヴサンローラン 1995AW出演
レオナール 1997SS出演

リファット・オズベック

(Rifat Ozbek)

1996SS出演

ヴェロニク・ルロワ

(Veronique Leroy)

1995AW出演

ロシャス(Rochas) 1995AW出演
リー・ユンヒ(Lee Young hee) 1995AW・1996SS出演
カール・ラガーフェルド 1996SS出演

コリンヌ・コブソン

(Corinne Cobson)

1996SS出演

エルヴェ・レジェ

1996AW・1997AW出演

△その他出演の1997SSは開催地未確定であるものパリ開催でほぼ確定

ジョン・ロシャ

1995AW出演(開催地未確定)。

 

一時期パリコレ参加していたロンドン系ブランド。

100%断定できないものの、1995年から1996年あたりは

パリコレに参加していたため、開催地はパリでほぼ間違いなし。

ジャック・ファット

(Jacques Fath)

1997AW出演(開催地未確定) 

 

 

 

ミラノコレクション

 

 

ブランド名 判明している出演シーズン・その他情報
サルバトーレ・フェラガモ 1998SSにトップバッターで登場

グッチ

1995SS出演

FENDI

1995AW出演
ミラ・ショーン
ジェニー(Genny)
キャサリン・ハムネット

1994AW・1995AW出演。

1994年から1995年までミラコレに参加していたロンドン系ブランド。

エレウノ(ERREUNO) 1998SS出演
トラサルディ 1996AW出演
クリツィア 1998SS出演
コンプリーチェ(Complice)

1994AW出演。

△その他、おそらく1996SSにも出演。

 

 

 

NYコレクション

 

 

ブランド名 判明している出演シーズン・その他情報
カルバン・クライン

1995SS・1995AW・1996SS出演。

3シーズン連続で出演。

ダナキャラン 1995SS・1995AW出演
アナスイ 1995AW出演
アイザック・ミズラヒ(Issac Mizrahi)
NYC2000 2000SS出演
オスカー・デラレンタ 1995SS・1995AW・1996SS出演。
シンシア・ローリー
マーク・ジェイコブス

リチャード・タイラー

(Richard Tyler)

ランディー・ケンパー

(Randy Kemper)

ジェマ・カーン

(Gemma Kahng)

ビビアン・タム
ニコル・ミラー
スプーキー 1998SS出演
Imitation Of Christ

2007SS出演。

日本のモデル、杏(渡辺杏)や渡辺つばさなどと共演。

Adrienne Vittadini

 

2011AWに久し振りにコレクション参加したブランド

 

Malan Breton

 

2012SS出演(△ショー開催地は未確定)。


その他、公式映像に開催都市名表記がないものの、

2011AWのショーにミューズとして出演。

2014AW(こちらも開催地未確定)にもショーに出ている。

 

GO RED FOR WOMEN

RED DRESS COLLECTION

2015AW出演
ベッツィー・ジョンソン

1996SS出演。

 

その他、1998SSにも出演(1998SSは開催地未確定)

 

 

 

 

 

ロンドンコレクション

ビビアンウエストウッド・レッドレーベル・・・・・1998AW・1999AW出演

ベラ・フロイド(BELLA FREUD)・・・・・1998AW出演

 

 

 

東京コレクション

イッセイミヤケ・・・・・1994SS出演

ヒロココシノ・・・・・1994SS出演

ノリヒサオオタ(NOTIHISA OHTA)・・・・・1994SS出演

ナチュラルビューティー・・・・・1998AW出演

 

 

 

その他のショー出演

サッカー・フランスワールドカップ イヴサンローラン特別ショー(1998年7月)

 

 

 


 

広告系の仕事(公式HPなど参考)

 

 

  • KENZO・・・・・1997年頃
  • ビビアンウエストウッド・ゴールドレーベル
  • ミッソーニ

 

 

 


 

 

 

 

女優としての主な映画出演

 

一部作品はイリーナさんの公式HPにてダイジェストにて動画が公開されています。 

 

作品名(発表年)

作品詳細・役どころ

モータル・コンバット2(1997年)

 

日本版DVDあり

メインキャストの一人として登場。

アクションシーンに挑戦している。

9000マイルの約束(2001年)

 

日本版DVDあり

ドイツ映画。

ユーラシア大陸が舞台で、東のシベリアから西のドイツまでの物語。

中盤に登場する極寒の村の住人の"イリーナ"役で、

映画中盤のメインキャストとして登場。

ハージャ・ナーサエディーンの冒険

パリ進出前の女優時代に主演したロシア映画

セレブリティ(2001年)

英題=Celebrity

 

日本版DVDあり

ウディ・アレン脚本・監督のアメリカ映画。

イリーナはスーパーモデル役で登場するシャーリーズ・セロンの

元モデル仲間として登場し、数分間セロンと同じシーンで出演。

ニューヨーク最後の日々(2002年)

英題=PEOPLE I KNOW

 

日本版DVDあり

アル・パチーノ主演のアメリカ映画。

イリーナは劇中に登場する、ある会社の受付の女性役。

登場シーンはわずか。

ズーランダー(2001年)

英題=ZOOLANDER

 

日本版DVDあり

ベン・スティーラ―主演&監督のアメリカ映画。

男性スーパーモデル役のベンスティーラ―のほか、

ミラジョボビッチもメインキャストの一人として登場するファッション映画。

イリーナは劇中のある場所に登場する「Irina」役で登場、台詞はなし。

 

イリーナの他、トム・フォード、デヴィッド・ボウイ、ビクトリアベッカム、

パリスヒルトンなど錚々たる人物がチョイ役で登場しており、

どこに映っているのか確認できないもののクラウディアシファーもクレジット。

その他、出演者リストにはないが、ドナテッラ・ベルサーチらしき女性も映る。

 

 

 

イリーナの公式的なランウェイ登場動画

 

 

 

 

■YouTube「Mercedee-Benz Fashion Week」公式チャンネル

2015-2016AWニューヨークコレクション「GO RED FOR WOMEN RED DRESS COLLECTION」公式映像

13分頃から登場

 

 


 

■YouTube「Mercedee-Benz Fashion Week」公式チャンネル Malan Breton2012SS

1分10秒過ぎに登場。開催地はNYでほぼ間違いないものの公式的な情報はなし

 

 

 


 

■YouTube「FASHION CHANNEL」公式チャンネル内

シャネル1994AWパリコレ・プレタポルテのショー映像

スーパーモデルブーム全盛期の各国のスター勢揃いのショーに、カールに気に入られて新人ながら出演。

 

1994SSシーズンと並び、1990年代前半のスーパーモデルブームの中で、

最もキャスティングが豪華だったと言われているシャネル1994AWのショーに、

アジア勢として川原亜矢子と共に出演。

 

主要スーパーモデルの中では惜しくもシンディー・クロフォードは出演していないものの、

伝説のスーパーモデル達が次々に登場する必見のショー。

 

 

【主な出演モデル】

  • クラウディア・シファー
  • クリスティ・ターリントン
  • ナオミ・キャンベル
  • リンダ・エヴァンジェリスタ
  • ヘレナ・クリステンセン
  • 川原亜矢子
  • ヤスミン・ゴーリ
  • ケイト・モス
  • カレン・マルダー
  • イリーナ・パンタエヴァ

 

 

 

Vol.1 3分過ぎからイリーナが登場。開始4分頃からは川原亜矢子も登場。

 

 

Vol.2 開始3分20秒頃から川原亜矢子が登場。開始3分50秒過ぎからイリーナ登場。

 

Vol.3 開始2分過ぎからイリーナと川原亜矢子が続けて登場。

 

 

Vol.4 3分10秒過ぎから川原亜矢子登場。イリーナ登場シーンはなし。

 

Vol.5 開始3分10秒頃からイリーナ登場。3分40秒頃から川原亜矢子登場。

 

 

Vol.6 ショーラストにカールさんとモデル全員が登場。イリーナの単独登場シーンはなし。

 

 

 


 

■YouTube「FASHION CHANNEL」公式チャンネル内

サルヴァトーレ・フェラガモ1998SSミラノコレクション映像

 

栄誉あるファーストルック(トップバッター)で登場

 

 


 

■YouTube「FASHION CHANNEL」公式チャンネル内 リー・ユンヒ1995AWパリコレ映像

トップバッターを担当し、イリーナが冒頭から登場。開始2分頃からは川原亜矢子が登場。

 

 

 


 

 ■YouTube「ティエリーミュグレー」公式チャンネル

Thierry Mugler Les defiles Haute couture

昔のオートクチュール部門のショーのダイジェストと思われる映像。

4分25秒過ぎ&5分25秒頃にアップで映る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イリーナ・パンタエヴァ 公式的なインタビュー動画など

 

■YouTube「fashiontv」公式チャンネル内のインタビュー映像(2007年)

NYコレクション2008SSの「ルカルカ」ショー来場時のインタビュー映像

 

 

 


 

 

■YouTube「fashiontv」公式チャンネル内のインタビュー映像(2012年)

NYコレクション観覧のイリーナへのインタビュー映像。

開始2分10秒頃から1990年代当時と変わらぬイリーナが登場。

 

 

 


 

その他映像

 

*以下は公式的なものかいまいちわからないものや公式的ではない一般投稿映像。

一部カットされている場合など、内容の正確性は保証できません。

 

 

 

 

Talk With Me Irina Pantaeva

2015年公開。配信元はいまいちわからないものの多分ロシアのトーク番組。

 

 

 

MUGLER A/W RTW 1995-96

6分30秒過ぎに登場

 

 

 

MUGLER S/S Haute Couture 1997

20分台と34分台に登場

 

 

 

Alexander McQueen for Givenchy A/W Haute Couture 1997

12分50秒過ぎに登場

 

 

 

Irina Pantaeva - Mercedes Benz Fashion Week NY 09

2009年公開。インタビュー映像。

 

 

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る