純金(24K)とカラーゴールド

純金、18金とは?

 

【純金】

 

純金とは、

その名の通り他の金属が混ざっていない純粋な金のこと。

ただし、この状態だと柔らかすぎるのが問題。

 

「24K」という呼び方もされる。

 

 


 

【18金】

 

3/4(75%)が純金で、残りの25%は別の金属が混ざったタイプの金のこと。

通常「18K」といったように表記される。

 

ジュエリー・腕時計に金を使用する場合はこちらのほうが主流。

 

 

 

 

[K18と18Kという表記の違いについて]

日本ジュエリー協会HPのQ&Aによると、25%別の金属が混ざった金について、

「日本では、K18と刻印されていますが、海外では18Kと表示されることが多いようです。どちらも同じです。」

と書かれているので同じものとのことです。

 

 

 

 

カラーゴールドとは?

 

主に18K(75%純金)の比率にて、

ほかの金属も配合して作る合金の総称。

 

*14Kの配合で作られたりする場合もあり。

 

 

 

配合する金属の持つ色によって、色に違いがある。

 

 

 

【カラーゴールド種類】

  • ホワイトゴールド
  • ピンクゴールド
  • イエローゴールド
 





カラーのゴールドの種類(ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールド)

 

 

 

ホワイトゴールド

(WG)

 

 

純金に

ニッケルやパラジウムといった銀白色系の金属を混ぜて作る

白色系の合金のこと。

 

模倣プラチナ的な存在。

 

 

ピンクゴールド

(=ローズゴールド)

 

 

 

純金に、10円玉でおなじみの銅などを主に加えて作った合金。

名前通り、ほんの少しピンク色っぽい。

 

 

*"ローズゴールド"と同義語らしいものの、

微妙に違うという説もあるため、

同義語で100%合っているかどうかは未確定です。

 

 

イエローゴールド

(YG)

 

 

黄色っぽい合金。

(銀も混ざっているためか、濃い黄色ではなくクリーム色っぽい雰囲気)

 

*配合成分に関しては情報整理中ながら、

いくつかの情報を総合すると、銀と銅を12.5%ずつ混ぜたものであるようです。

 

ピンクゴールドよりも銅が少ないため、ピンクゴールドと違った色に。

 

 

 

*その他、金75%+銀25%で作られる「グリーンゴールド」というのもあるそうです(詳細不明)。

 

*イエローゴールドは、楽天内の商品画像を見る限り、うすい黄色系の市販品が多いものの、

配合具合によって色がだいぶ変わるのか、まれにかなり濃い黄色の商品もあり。

 

 

 

 

純金との違いがわかりづらい"イエローゴールド"など各カラーゴールドとの違いを確かめたい場合は、

モール内キーワード検索で探してみてください。

楽天で探す
楽天市場

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る