HOME > 部位/パーツ解説[各種繊維製品等] > [食] 食材などの部位/パーツ > レバーとは各動物肉のどの部位? (ビタミン豊富な肉)

レバー

レバーとは?

 

lever

 

「レバー」とは、

食用として用いられる動物の肝臓の総称。

「きも」ともいわれる。

 

主に用いられる動物は牛、豚、鶏など。

 

動物系食品ではあるものの、5大栄養素に数えられる

ビタミン、ミネラル、たんぱく質などを豊富に含み、栄養価の高い食品。


農林水産省HPの各栄養素を豊富に含む食材情報でも、

「ビタミン」と「ミネラル」のところにて含有食材の代表格として何度も名前が登場。

(その中でも特に、ビタミンを多く含む食材の代表格)

 

 

 

 

主な含有栄養素

 

農林水産省HPなど参考

 

栄養素種類

特に多く含む種類情報など

 

ビタミン

 

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

 

* ビタミンに関しては、

農林水産省HPの「ビタミン全体」を多く含む食材情報でも

緑黄色野菜と果物と共に、ビタミンを多く含む食材として

動物系食材としては唯一「レバー」の名が挙げられてます。

 

 

 

ミネラル

 

 

  • モリブデン

 

 

タンパク質

 

 

*Yahoo辞書内のある辞書によると、

全体の約20%はたんぱく質で構成されているそうです。

単純計算すると100gあたり20g。

 

 

 

 

 

食べ過ぎのデメリット

 

 

農林水産省HPを見ていると、

鉄の多い食品は食べ過ぎると肝臓を傷つけるなどの情報があるため、

食べ過ぎには問題があるようです。


 

また、植物系食材ではないので、なるべく植物中心の食生活に変え、

ビタミンは緑黄色野菜や果物から、ミネラルは海藻といった植物からも摂取する形がおすすめです。

 

 

食べ過ぎデメリットや、レバーを食べてはならない状態にある人のことは、

詳しくはわかりませんのでより詳しい文献をご覧ください。

 

 

農林水産省「知っておくと便利。食品に含まれる成分」

 

 

 

 

 

摂取奨励とは逆に、過剰摂取の危険に関する本もあり

Amazon:肝炎が心配ならレバーにご用心 ! (健康読み物)

 

[内容紹介文]

レバーは肝臓に悪い!?

「鉄」のとり過ぎはC型肝炎、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)を悪化させ、

糖尿病、脳卒中、心疾患との関連も。

鉄を制限すれば肝機能が回復。それは日常の食生活を少し変えるだけで実現できる。

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る