[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ソーダサイフォンとソーダストリーム

 

 

炭酸水メーカーという意味では共通するものの色々な違いがある

  • ソーダサイフォン
  • ソーダストリーム

の意味や使い方・特徴、コスト、価格帯などの違い比較。

 

 

 

 

ソーダサイフォン(商品カテゴリ)

 

 

「ソーダサイフォン」とは、

特定のメーカー内の個別商品名のことではなく、

「スプーン」「フォーク」など商品のジャンルを示す言葉で、

様々なメーカーが似たようなものを製造・販売している炭酸水メーカー。

 

そして、こちらは小型でハンディタイプであるのが形状的な特徴。

そして、小型カートリッジを取り付け、

ボトル内で作った炭酸水をスプレーのようにグラスなどに注ぐ形。

(詳しい作り方やカートリッジの取り付け方は他の資料をご参照ください。)

 

 

 

 

[特徴]

  • 本格的商品ではなく簡易商品的
  • カートリッジはかなり小型(大きなカプセル的)
  • カートリッジは小型のため、一度に作れる炭酸水の量は少ない
  • 普通に計算すると維持コストは高め
  • 小型なのでパーティーなどに持っていきやすい

 

 

 


 

[注記]

このページは様々な公的的文献をもとに使い方などを解説しているページですが、

実際にわざわざ買ってみて説明しているわけではいないので、細かいことに関しては

わからない部分も少しあるので、他の詳しいページや映像なども色々と参考にされてみてください。

 

以下のAll Aboutの記事は参考になります。

 

ガイドが選ぶ男の逸品・ソーダサイフォン

https://allabout.co.jp/gm/gc/28593/

 

 

株式会社セブン・セブン・・・・・ネットで良く打っているサーだサイフォン商品のメーカー

*こちらはソーダサイフォンの使い方説明ページあり、とてもわかりやすいです。

 

 

 

 

 

ソーダストリーム(商品/ブランド名)

 

「ソーダストリーム」とは、

ソーダサイフォンとは違って特定の商品ジャンルを表すものではなく、

1903年に開発された「ソーダストリーム」という世界40か国で愛される会社による炭酸水メーカー。

 

 

そして、電源はいらず、ボトルをセットすると、

「ガスシリンダー」という付属のガスボトルが60L分の炭酸水を作ってくれるので、

ガスシリンダー1本で500mlのペットボトル120本分の炭酸水を作れるというもの。

QVC調べでは500MLあたり18円で済むということで、

普段、炭酸水を買って飲んでいる場合は、スーパーPBの炭酸水でも50円前後はするので、

長期的に見れば購入コストを完全に回収することが可能

 

そして、ずっと使い続ければ生活費に削減に。

 

 

また、ガスの入れ方により、炭酸の強さを調節することが可能で、

弱炭酸水から刺激の強い強炭酸水まで様々なタイプの炭酸水を作ることが可能。

 

QVCでも相当な人気となっているようです。

1世紀以上続く世界的人気のメーカー品なので、性能も問題ないと思われます。

 

 

 

 

[特徴]

  • 電源(電気代)いらず
  • 「ガスシリンダー」というガスボトルが60L分の炭酸水を作ってくれる
  • ペットボトル500mlあたりのコスト安い
  • 「専用ペットボトル」というものが存在する
  • 500mlボトルセットなので、ペットボトルのゴミ出しの手間がなくなる
  • 交換必要な「ガスシリンダー」は、全国1300以上の「ソーダストリーム」提携店にて2000円くらいで容易に交換可能

 

 

 

商品ページでは約1時間の実演&商品開設番組視聴可能

ソーダストリーム ソース V3
icon
icon

 

 

 

[ガスシリンダーの交換方法に関して]

この機器の心臓部のパーツではある「ガスシリンダー」はテレビなどと同様にゴミとしての投棄は不可。

そのため、交換の場合は税抜き2000円(2016年時点)で、

ソーダストリームのオンラインサイトから交換(引き取り)と共に新しいものを中心するか、

全国1000店舗以上のソーダストリーム提携店に持ち込んで新しいものを交換する形。

 

なお、オフラインでの交換(新たなガススシリンダー)の場合は

ソーダストリームのHP

にてお近くの取扱店を簡単に探すことが可能なので、買い替えに関する心配は全く必要なし。

 

主な取扱店は、全国の大手ホームセンターや家電店。

 

なお、HPでの店舗リストのうち、本体は売っているもののガスシリンダーは扱っていない場合も

まれにあるようなので、来店前に確認してみる形をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

QVCジャパン

 

 

 

 

 

 

【使用方法】 SodaStream SOURCE (ソーダストリーム ソース)

 

 

【使用方法】 SodaStream Genesis (ソーダストリーム ジェネシス)

 

 

 

Source v3 使い方

 

 

 

ソーダサイフォンとソーダストリームの違い比較

 

微妙な間違いが判明したら微修正させていただ場合があります。

ご了承ください。

 

項目 ソーダサイフォン ソーダストリーム
語句の概念 商品ジャンル自体を指す極

商品ジャンル名ではなく

特定のメーカーの

炭酸水メーカーの商品(シリーズ)名

形状特徴

■小型

■ハンディ

■簡易商品的

 

■大型

■据え置き型

■本格的商品

 

カートリッドの

大きさ

かなり小さなカプセル系。

(もしくはピストルのたま的)

大型ボトル的

カートリッジ

1本で作れる

炭酸水の量

分っている繰りでは

1リットル前後が相場

[カートリッジ(ガスシリンダー)]

60リットル

カードリッジ

交換価格情報

10本セットで1000円くらいが

相場のようです。

(1L=100円くらい)

 

単純計算すると

コスト高い

 

交換品=2000円程度

(1L=33円くらい)

本体自体の価格

5000円から1万円くらい

 

シリーズ内のグレードにより

1-3万円くらい。

 

*スターターキットと名がつくものは

あらかじめガスシリンダー1本付き

 

カートリッジの

交換方法

電池のようにどこにでも

カートリッジ売っている

専用カートリッジは

不法投棄禁止のため、

メーカー側から

交換と同時に新しいものを買う。

注ぎ方

器具内で炭酸水を作って

グラスに向けて噴射する

 

器具に専用ボトルをセットして

ボタンを何回かプッシュして炭酸水作る

 

電源

なし

なし

ボトルや

グラスに関して

グラスなどは地震で用意

 

この商品は

「専用ボトル」

というものが存在し、

ボトルを器具に取り付け、

炭酸水を作る。

 

わかっている限りでは

一般的なペットボトルでは

ダメながら、逆に言うと

ペットボトルを捨てることも

しなくてOK

 

炭酸の強弱の調整

不明

可能

 

 

 

 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]