[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

特に詳しい説明がいらない柄辞典

 

目次

 
 【柄の種類】
 

  • ペイズリー柄
  • ドット柄
  • ヘリンボーン柄
  • モノグラム柄

 
 
 
【その他の柄関連用語】
 

  • バイカラーとは?
  • 異素材とは?









まずはじめに「柄(がら)」の定義とは?

 
 
柄(がら)とは、
 
「生地(織物、編み物、レザーなど)の表面の模様」といった感じの定義。
 
 
柄の作り方は
 

  • 生地の表面にプリントを施す
  • 刺繍により模様を作る
  • 糸の色を数段置きに変える・・・・・ボーダー柄
  • 絞り染めによって柄を作る
  • 動物の皮をそのまま使用することにより生地に柄ができる
  • 表面(レザー、フェイクレザー)を加工する
  • コンピューターを使って複雑なデザインを布地に表す

 
など様々。
 
 
 
 
 

ペイズリー柄とは?

 
簡単な説明 = 「,(カンマ)」のような形の模様が入っている柄
 
 
 
詳しい説明
 
PCでキーボードを打つ時によく使う「,(カンマ)」のような形、
他の例では、日本の勾玉(まがたま)のような曲線をもつ、上から落ちてきた雨粒をひねったような模様。
(オタマジャクシなどにも近い)
 
 
メンズネクタイや女性のワンピースの模様の定番となっている。
 
 
わかりにくい場合はこちらにて
wikipediaの「ペイズリー柄」情報(例となる写真あり)
 
 
[実例]
 


 
フリー素材使用
 
 
 
 

ドット柄とは?  = 小さな水玉模様柄

 
ネット・コンピューター用語の「ドット」のような、
小さな水玉模様を敷き詰めたような柄の事。
 
白地に黒や水色のドット、
黒字に白のモノトーン系ドット柄など様々なパターンがある。
主に女性もの衣服に使用される。
 
 
 
 

ヘリンボーン柄とは?

 
簡単な説明 =
「V」を横につなげた「VVVVVVVV」といった山脈のような柄が上から下まで敷き詰められた柄の事。
 
 
詳しい説明
 
herring = ニシン(魚のニシン)
bone = 骨
で直訳すると「ニシンの骨」という意味。
 
実際の見た目としては、アルファベットの「V」を横につなげた
「VVVVVVVV」
といった外見的には山脈のような柄を上から下まで敷き詰められた柄の事。
 

 

 
 

モノグラム柄とは?  = 家紋柄

 
 
ブランドのロゴ(文字やマーク)が連続してプリント・刺繍された模様の事。
バッグで主に使用される。
 
持っている(着ている)だけでどのブランドの商品か、すぐにわかるのが特徴。
海外では、ルイヴィトンの「モノグラム」「モノグラムマルチカラー」が有名で、
日本のブランドでは「サマンサタバサ」が多数のモノグラム商品を出している。
 
 
 
 

【用語】バイカラー

 
似た色ではなく、2色の異なる色を使用した柄、およびその柄を使用した服のこと。
 
2012-2013AWの流行柄。
 
ワンピースで腰を境目に色が2色に分かれているものや、
ボーダー調のもの、
メインの色に差し色で別の色がワンポイントで使用されているものなどがある。
 
 
 
 

【用語】異素材

 
ニットに光沢感のあるレザーのポケットなど、
通常は一緒にしない、全くタイプの違う素材を同時に使用した柄、およびそれを使用した服のこと。
 
服の前面と後でまったく違う素材を使用したタイプや、
メインの素材にワンポイントで別の素材を使用しているもの、
ワンピースで腰を境に違う素材を使用しているタイプなどがある。
 
2012-2013AWシーズンの大ヒット柄(服のタイプ)。