[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ルイ・ヴィトンの商品の柄(ライン・プリント)の種類

このページについて

 

 

このページは、1854年創業のフランスの歴史あるブランド

「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」

 

のバッグ、財布などに見られる様々な特徴的な柄(商品カテゴリ・プリントの種類)の種類を解説しているページです。

 

 

楽天市場「ルイ・ヴィトン市場」

 

の特設ページにも解説あり。

 

 

 

ルイ・ヴィトン日本公式サイト

 

 

 

 

ルイヴィトン「モノグラム」とは?

 

 

モノグラム(monogram)=

姓名の頭文字など、2文字以上の文字を重ねて作り上げられたロゴのようなもの。

 

 

ルイ・ヴィトンが日本の「家紋」をヒントを作りだしたと言われる柄で、

ブランドの代名詞的な存在。

 

 

1896年に創業者のルイ・ヴィトン氏の息子であるジョルジュ・ヴィトンが、

父親に敬意を表して、父親のイニシャルが入ったモノグラム柄が誕生。

 

 

  • 「L」と「V」の2文字が重なったモチーフ。創業者のイニシャルにあたる
  • 数種類の小さな花弁のようなモチーフ
 
大きく分けてこの2つが等間隔に並ぶ。

 

 

 

楽天内の見本

 

 

 

 

モノグラム・マルチカラーとは?

 

 

ルイ・ヴィトンのシンボル「モノグラム」から派生して誕生したライン。

 

日本人アーティストの村上隆とのコラボにて誕生した、

カラフルなバージョンの「モノグラム」ライン。

 

 

なお、ルイヴィトン公式サイトによると、

一点一点、どの位置にどのカラーのモチーフが入るかは違うため、

公式サイト上の商品画像と実際に買った場合の商品では微妙な誤差が発生する。

 

 

【具体的な説明】

 

  • 白地が基本(反対に黒地のものも一部あり)
  • 「LV」モチーフや数種類の花びらは、赤・青・黄・青など数十種類の色でプリントされる

 

 

その他、村上隆さんの公式サイトによると、

「目玉」モチーフがさらに加わったものもあるようです。

(「目玉」に関しては詳細不明)

 

 

 

 

楽天内の見本

 

 

 

 

 

 

ルイ・ヴィトン「ダミエ」とは?

 

 

ルイ・ヴィトンの「ダミエ」とは、

わかりやすくいうと「チェック柄」的なライン。

 

モノグラムよりも少し前に誕生し、100年以上の歴史がある。

なお、楽天市場内の解説によると、こちらも日本から大きな影響を受けていると言われる。

 

 

 

【具体的な説明】

 

  • 「茶色」と「それよりも黒っぽい茶色」の2色によるチェック柄、が基本的な色使い
  • いずれかの小さなチェックの枠に斜め上方向で「LOUIS VUITTON PARIS」という文字が入っているものが多い

 

 

 

楽天ルイヴィトン市場内のダミエ見本

 

 

 

 

 

ダミエ・アズールとは?

 

「ダミエ・アズール」とは、ダミエから派生したライン。

 

 

「アズール」=青、紺色、藍色

といったような意味で、

 

白と紺色(藍色)が交差したようなチェック柄。

(やや灰色っぽい)

 

 

楽天内の見本

 

 

 

 

 

ルイ・ヴィトン「モノグラム・ヴェルニ」とは?

 

 

小牛皮(カーフスキン)に、エナメル加工を加えた、

光沢感があるバージョンのモノグラム。

 

赤やピンクなど、女性的でカラフルな生地(素材)を使用しているのも特徴。

 

なお、はっきりとは言えないものの、ルイヴィトン公式通販サイトには、

メンズ向けのヴェルニ商品が見つからないため、基本的にレディース商品と思われる。

 

 

 

 

楽天内の見本 

 

 

 

 

 

ルイ・ヴィトン「エピ」とは?

 

「エピ」とは、楽天の解説によるとフランス語で「麦の穂」という意味。

1980年代に登場。

 

赤・ピンクなど女性的でカラフルな色使いの商品が多く、日本でも女性に大人気のラインに。

(レディース専門ラインではない)

 

 

【具体的な柄の説明】

 

柄の雰囲気をわかりやすく説明すると、

"麦の穂"というよりも、

 

藁の束(わらのたば)・・・・・藁を横にして上に積み上げたと仮定

を横からみているような雰囲気。

 

もしくは昔からある、納豆を包んだ「束(たば)」のような感じ。

 

 

 

 

楽天ルイヴィトン市場内のエピ見本画像

 

 

 

 

 

 

 

ルイ・ヴィトン「タイガ」とは?

 

 

1990年代にルイ・ヴィトンのメンズラインとして登場。

ルイヴィトン公式サイトの商品画像を見る限り、黒い生地が基本。

 

 

柄の特徴としては、エピに近く、エピの柄を縦と横に垂直に交差して

合体させたような感じの柄になる。

 

 

説明が難しいため、わからない場合は楽天市場や

ルイ・ヴィトン公式通販際などでご確認ください。