HOME > ショッピング情報TOP > 似ている流行家電製品の違い比較 > [ドクターエア(脚)] 3Dフットマッサージャーと3Dフットケア

[ドクターエア(脚)] 3Dフットマッサージャー(MF-001)と3Dフットケア

 

 

株式会社ドリームファクトリーによる

「ドクターエア」シリーズ内の似たような脚向け商品、

  • 3Dフットマッサージャー(MF-001)
  • 3Dフットケア

の機能や特徴などの違い比較。

 

 

 

「ドクターエア(DOCTOR AIR)」公式サイト

株式会社ドリームファクトリー

 

 

 

 

 

ドクターエア 3Dフットマッサージャー(MF-001)

 

 

 

ドクターエアシリーズ内の

「3Dフットマッサージャー(MF-001)」という商品とは、

座って両脚を挿入してスイッチを入れると、

四方からのエアバッグの力と足裏ローラーによって、

足の先までしっかりもみほぐしてくれるという高機能フットマッサージャー商品。

 

ただし、そんなに普通のフットマッサージャーと大きな違いはないので、

フットマッサージャーを買って失敗したことがある場合は、評判などよく確認する必要あり。

 

 

 

ドクターエア 3Dフットマッサージャー/DOCTORAIR 3D FOOT MASSAGER MF-001

ドクターエア楽天市場店

 

 

 

 

 

 

ドクターエア 3Dフットケア

 

 

 

ドクターエアシリーズ内のもう一つのフットケア商品

「3Dフットケア」とは、

着けたまま歩いたり動いたりするだけで

「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎのポンピング作用を促し、

全身の血行をサポートしてくれるという、動きながら携帯して使う商品。

 

こちらは巻いてスイッチをするとローラーがふくらはぎをほぐしてくれるようなものではなく、

電気は必要なくて、

巻いて動くと、

内蔵されている

「極小ビーズ」

というものが脚の動きに合わせて筋肉を刺激し、電源なしでマッサージしてくれる、というもの。

 

 

 

【公式サイトでの商品説明文】

3本のベルトでふくらはぎにぴったり装着できる3Dフットケア。

ふくらはぎをやさしく温めながら、キュッと心地よく締め付けます。

動きに合わせて流動する極小ビーズが筋肉を刺激し、優れたマッサージ効果を発揮。

着けたまま歩いたり動いたりするだけで、

「第二の心臓」であるふくらはぎのポンピング作用を促し、全身の血行をサポートします。

 

 

 

3Dフットケア 足の疲れをスッキリ取る足枕

ドクターエア楽天市場店

 

 

 

 

 

 

 

3Dフットマッサージャー(MF-001)と3Dフットケア

 

項目

3Dフットマッサージャー

(MF-001)

3Dフットケア
使い方

両脚を挿入して

電源ON

 

電力は必要なく、

両脚に巻いて動くと

内蔵の「極小ビーズ」が流動し、

電源なしでマッサージしてくれる

 

ケアする部分 ひざ下全体  ふくらはぎ 
機能

エアバッグと足裏ローラーが

足先までもみほぐす。

 

1.

着けたまま歩いたり

動いたりするだけで

「第二の心臓」と呼ばれる

ふくらはぎのポンプ作用を促し、

全身の血行をサポート。

 

2.

足湯に浸かっているような保温効果

 

 

大まかなジャンル フットマッサージャー  血行促進サポート商品 
サイズ

幅43cm

奥行43cm

高さ41cm

 

[片足]

H340mm

W130mm

D100mm

 

重量 6kg

[片足]

150g

電源関連情報 定格入力40W

 

電源なし。

家電商品ではない

 

携帯性 携帯不可  携帯商品
希望小売価格 税込39800円 税込8000円

 

 

 

[まとめ]

フットケア商品というでは共通するものの、

電力を必要とする/しない、という点を含めて色々な違いあり。

 

「3Dフットマッサージャー」とのほうは高額なので、口コミなど要確認。

 

 

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る