[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[カラフル衣料(海外)] EMILIO PUCCIとmarimekkoとDesigual

 

 

カラフルで派手な海外衣料ブランドとして有名な、

  • EMILIO PUCCI
  • marimekko
  • Desigual

あたりの特徴や価格帯、ターゲットなどの違い比較。

 

 

 

 

 

 

エミリオプッチ(EMILIOPUCCI)

 

 

 

エミリオプッチ(EMILIOPUCCI)とは、

通称"プッチ柄"と呼ばれる独特なカラフルな柄が

一つのブランドの枠やコピーという概念を超えて一般的ながらとして定着してしまっている感のある、

イタリアの高級ブランド。

 

通販価格を参考にすると衣料分野は5万円から20万円くらいが中心。

 

 

 

 

創業者 = エミリオ・プッチ

1914年生まれ。フィレンツェ出身。

 

1940年代にスキーウェアのデザインからスタート。

当時の体を締め付けるデザインが主流のレディースウェアのデザインの中で、

ストレッチ素材を使用した動きやすいデザインプリントの服と独特な色彩感で1950年に大ブレイク。

世界中の業界人から「プリントの王子」と呼ばれる。

 

1960年代にはハイテクストレッチやコットンジャージーなど革新的な新素材を開発し、

デザイン力と並び、技術力でも世界のトップの存在に。

 

その後、創業者の娘であるラウドミア・プッチが事業を引き継ぎ、

2000年からはLVMJ(モエヘネシー・ルイヴィトン)が2/3の株式を取得し、ヴィトングループ入り。

2008年秋からはクリエイティブ・ディレクターにピーター・デュンダスが就任。

 

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「EMILIO PUCCI」カテゴリ

 

 

 

[公式通販] 

 

 

エミリオプッチ直営通販の運営も担当しているYOOXにて豊富にレディースの品揃えあり。

メンズはほとんど品揃えなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

マリメッコ(marimekko)とは?

 

 

 

「マリメッコ(marimekko)」とは、

フィンランド発祥の世界的なテキスタイル(ファブリック)系ブランド。

ウニッコという花柄がとくに有名で、そのウニッコは別名「マリメッコ柄」としても有名。

 

日本では東証一部上場の大手アパレルメーカー、

株式会社ルックが全国展開。

 

1951年、北欧・フィンランド発祥。

カラフルなインテリア雑貨類を中心に、洋服まで幅広く展開。

 

洋服ブランドとしてはパリコレやNYコレクション等に不定期参加しており、

衣料分野の価格帯は1-5万円くらい。

 

 

 

 

[歴史(公式サイトなど参考)]

1951年、アルミ・ラティアという女性とその夫により、

北欧・フィンランドのヘルシンキにてスタートした独特な柄の世界的ファブリックブランド。

カラフルなインテリア雑貨類を中心に、洋服まで展開。

 

 

第二次大戦後の暗い雰囲気の中、

人々が明るい雰囲気の色を求めている国のムードの中で受け入れられていき、

1960年には、ジャクリーン・ケネディがマリメッコの着てアメリカのスポーツ雑誌の表紙を飾り、

その後、世界中で話題のブランドとなっていく。

 

1974年には、ヘルシンキ取引所に上場。

1979年、創業者のアルミ・ラティアが死去。

 

 

アパレル分野では、NYコレクションに不定期参加。

その他の都市のコレクションにも参加するシーズンあり。

 

 

 

 

【集英社FLAG SHOPでのブランド説明】

マリメッコは独創的なプリントと色遣いで知られる、

フィンランドのデザインをベースにしたライフスタイルブランドです。

高品質なクロージング、バッグ・アクセサリー、テキスタイルから食器に至るまでのホームデコレーションアイテムを展開。

他に類を見ないプリント生地は、

1951年の創業以来、力強くユニークなブランドのアイデンティティとなっています。

 

 

 

 

 

【公式通販リンク】

 

 

 

 

 

 

マリメッコ(marimekko)

 

 

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「マリメッコ」カテゴリ

 

 

 

 

[ブランド名由来]

mariは人(女の子)の名前。

mekkoはフィンランド語で「ドレス(dress)」。

そして、2つを合わせて「mari(マリ,マリー)のドレス」というような意味。

 

 

 

 

 

デシグアル[Desigual]

 

 

 

1984年誕生の派手でカラフルなNY系カジュアル系ブランド。

(NYコレクションに参加しているものの発祥はスペンであるそうです。)

世界各地に出店しており、日本にもショッピングセンターを含めて店多数。

 

こちらは全体的に低価格で1万円から2万円程度が中心。

 

公式ツイッターのプロフィールにて

「Life is full of color & fantasy.」と書かれているので、やはり明確にカラフルさ意識している模様。

 

 

 

[お台場ヴィーナスフォート店HPでのブランド説明]

スペイン発のファッションブランド、デシグアルは、楽観的で色にあふれた個性的なデザインが特徴です。

魅力溢れる情熱的なデザイン スペイン発のファッションブランド、

デシグアルは、楽観的で色にあふれた個性的なデザインが特徴です。

デシグアルストアは、ファッションにアートをミックスした空間で、

デシグアルの世界観が体験できるストアを提案しています。

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「Desigual」カテゴリ

 

 

 

[公式通販]

Desigual通販 マガシーク

デシグアル[Desigual]公式HP兼直営ウェブストア

 

 

 

 

 

 

 

 

■YouTube「Desigual」公式チャンネル

2015-2016AWニューヨークコレクション公式映像

日本の事務所にも所属するBibi Sharipovaが30秒頃に出演。

 

 

 

■YouTube「Desigual」公式チャンネル

2015SSニューヨークコレクション公式映像

アドリアナ・リマがファーストルックで起用されたシーズン。

 

 

 

■YouTube「Desigual」公式チャンネル

2014-2015AWニューヨークコレクション公式映像

キャンディス・スワンポールがファーストルックで起用されたシーズン。

Anna Kanehara=1:05&2:53

 

 

 

 

 

 

 

EMILIO PUCCIとmarimekkoとDesigualの違い比較

 

項目 EMILIO PUCCI marimekko Desigual
イタリア フィンランド スペイン
設立

1940年くらい

(正確には不明)

1951年 1984年

参加している

コレクション

ミラノコレクション

[不定期]

パリコレクション

NYコレクション

など

NYコレクション

日本国内での

店舗状況

大都市路面店

全国の百官店内

路面店

百貨店

駅ビル

路面店

百貨店

SC

衣料分野の

中心価格帯

5万円から

20万円くらい

1-5万円くらい

1-2万円

 

低価格

公式ツイッター

フォロワー数

(2016)

約20万人 約1万人 約6万人

公式インスタ

フォロワー数

(2016)

約120万人 約1.5万人 約60万人

WEAR投稿数

(2016) 

約200件

 

高額すぎるためか

このサービスの

利用者世代には

なじみない模様

 

約1.5万人

約1000人

推定ターゲット

(あくまで推定)

富裕層

大人世代

幅広い世代

の男女

主に若い世代

 

 

[まとめ]

世界的に最も大規模でランク高いのはエミリオプッチ。

明確に低価格なのはDesigual。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]