[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[百貨店大手] 三越伊勢丹、Jフロント、高島屋、H2O、そごう西武

 

 

 

経営統合が進む百貨店大手グループ、

 

  • 三越伊勢丹ホールディングス
  • Jフロントリテイリング
  • 高島屋・・・・・独立企業
  • H2O(エイチ・ツー・オー リテイリング)
  • そごう・西武・・・・・セブン&アイ傘下

 

の歴史や年商、特徴、ネット通販取り組み具合などの違い比較。

 

 

 

 

 

株式会社三越伊勢丹ホールディングス

 

 

(株)三越伊勢丹ホールディングスとは、

名前の通り、百貨店大手の三越と伊勢丹の経営統合により

2008年誕生した関東基盤の百貨店グループ。

 

その他、グループ内には伊勢丹が2005年子会社化した福岡の百貨店「岩田屋」と、

2009年に三越伊勢丹HD入りした北海道の百貨店「丸井今井」も含む。

 

近年では、子会社自体もグループの壁を越えて合併が進むなど様々な協業が進んでおり、

それぞれの出店エリアはそんなに競合しないこともあってか、同化が進んでいるようです。

なので、グループ内百貨店ごとの売上高は不明。

 

近年では「エムアイプラザ」という三越と伊勢丹共同の小型店舗の出店も進む。

 

 

 

 

[構成百貨店]

  • 三越
  • 伊勢丹
  • 岩田屋
  • 丸井今井(東京のマルイとは無関係)

 

 

 

三越伊勢丹ホールディングス公式サイト

 

 

 

 

 

三越・伊勢丹オンラインストア_TOP

 

三越オンラインストア

 

伊勢丹オンラインストア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J.フロントリテイリング株式会社(大丸+松坂屋)

 

 

「J.フロントリテイリング株式会社」とは、

関西基盤の大手百貨店企業である(株)大丸と

名古屋基盤の百貨店企業(株)松坂屋ホールディングスの経営統合によって誕生した、

関西と東海地方基盤の百貨店グループ。

 

なお、店舗数は大丸のほうが多く、関西基盤に全国10店舗以上あり。

 

 

こちらも既に子会社である事業会社自体が合併しており、

2010年に「大丸松坂屋百貨店」という共同会社が設立されており、

三越伊勢丹グループ同様に出店エリアかぶらないという状況の中で同化が進んでいる模様。

 

2012年春には百貨店ではない駅ビル(ファッションビル)大手のパルコの株式を33%取得し、

持分法適用会社にしたのち、同年夏にさらに株式を買い増して連結子会社化する。

 

 

J.フロントリテイリング公式サイト

 

 

 

 

 

 

大丸松坂屋オンラインショッピング

 

 

 

 

 

 

株式会社高島屋 - 単独企業

 

 

「株式会社高島屋」とは、

関東と関西エリアをメイン出店している高島屋の運営企業で、

こちらは2016年時点ではどこの百貨店とも経営統合していない独立系百貨店企業。

 

なお、一般的には東京の百貨店のイメージが強めながら本社は大阪にあり、

京都で創業されて東京より前に大阪で事業を開始していたという歴史を持つ。

 

 

ネット通販にも三越伊勢丹同様に積極的で

総合的なオンラインストアのほか、カタログ通販、生鮮品宅配事業、

そして2012年に子会社化した衣料専門通販「セレクトスクエア」と4つの通販事業を行う。

 

 

 

 

高島屋オンラインストア

こちらはメインの通販サイト。

 

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社

 

 

 

「エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社」とは、

2007年秋に関西の大手百貨店である阪急百貨店と、

同じく関西基盤の中規模百貨店である阪神百貨店の経営統合によって誕生した

関西基盤の電鉄系百貨店グループ。

(正確には阪神が阪急に合併されて誕生した感じで、上場年度は1949年のまま)

 

出店先は大阪と兵庫中心ながら、その他全戸各地にも店舗あり。

 

こちらも事業会社同士も2008年に合併済み。

 

 

 

[追加情報(2016年10月)]

2016年10月にそごう・西武を傘下におさめ、

関西に2000店舗のコンビニ「セブンイレブン」をもつセブン&アイホールディングスと資本業務提携を結び、

そごう神戸店などそごう・西武グループの3店舗の運営をH2Oが継承することになったほか、

ポイントサービスにおいて協業がスタートしたようです。

今後、どのようになっていくかは不明。

 

 

 

 

 

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社

 

 

 

 

 

 

阪急百貨店のオンラインショップ

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社そごう・西武 - セブン&アイHDグループ

 

 

 

「株式会社そごう・西武」とは、

2003年にそごうが西武百貨店に筆頭株主にとなり、

同年「株式会社ミレニアムリテイリング」が発足したことにはじまるグループで、

2006年にはセブンイレブンやイトーヨーカドーを傘下に収める

セブン&アイホールディングスの完全子会社に。

2009年にグループ内企業の合併で「株式会社そごう・西武」に社名変更。

 

店舗数は2グループ合わせて約20店舗で、

関東を中心に全戸各地に店舗あり。

(そごうは大阪発祥、西武百貨店はもともと西武グループ系なので関東基盤)

 

 

ネット通販はセブン&アイグループ共同通販サイトの「オムニ7」内にあり、

コスメや衣料に特化している印象。

 

 

 

株式会社そごう・西武

セブン&アイHD

 

 

 

西武・そごうの eデパート

 

西武・そごうのe.デパート

 

 

 

 

 

各グループの比較表

 

2016年時点。

動向が激しいので、最新状況は各HPなどでご確認ください。

 

項目 三越伊勢丹HD Jフロント

高島屋

[独立系]

H2O

そごう・西武

(セブン&アイ傘下)

構成百貨店

三越

伊勢丹

岩田屋

丸井今井

 

[百貨店]

大丸

松坂屋

 

[駅ビル]

パルコ

 

高島屋

 

阪急百貨店

阪神百貨店

 

*その他、

2016年秋から

セブン&アイとの

提携により

そごう・西武

の一部店舗の

運営を継承

そごう

西武百貨店

 

*2016年秋から

一部関西店舗の

運営を

H2Oに委託

グループ誕生 2008年 2007年 - 2007年 2003年
本社所在地

東京都

新宿区

東京都

中央区

大阪市

中央区

大阪市

北区

東京都

千代田区

株式上場

(証券コード)

東証1部

(3099)

東証1部

(3086)

東証1部

(8233)

東証1部

(8242)

単独では

上場していない

 

[セブン&アイHD]

東証1部

(3382)

 

売上高

(連結)

1兆2872億円

(2016/03)

1兆1635億円

(2016/02)

9295億円

(2016/02)

9156億円

(2016/03)

百貨店事業

単独不明

営業利益

(連結)

331億円

(2016/03)

480億円

(2016/02)

329億円

(2016/02)

238億円

(2016/03)

74億円

(2016/02)

主な出店エリア 全国各地

関西

東海

関東

関西

(関東中心)

関西

(特に

大阪,兵庫) 

全国各地

(主に関東)

ネット通販

取り組み

積極的 いまいち 積極的 いまいち 積極的 

ネット通販の

得意ジャンル

衣料

ギフト

ギフト

フード

ギフト

フード

衣料

[阪急]

コスメ

衣料

 

[阪神]

ギフト

フード

 

コスメ

衣料