[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

総合SPA企業:ファーストリテイリングとインディテックス

 

 

 

このページは、

H&MやGAPのように社名とブランドが同じの単一ブランドに近い傾向の企業ではなく、

 

 

様々なブランドをたくさん世界展開している総合SPA企業2強、

 

  • ファーストリテイリング(日本)
  • インディテックス(スペイン)

 

の規模、展開ブランド、将来性、特徴などの違い情報です。

 

 

 

[SPAとは?]

自社で企画・製造した自社ブランド品を小売りまで一貫して自社で行う事業スタイルのこと。

 

 

 

 

 

 

ファーストリテイリング(Fast Retailing)とは?

 

 

 

「ファーストリテイリング(Fast Retailing)」とは、

世界的に優秀なカリスマ経営者といわれる、

柳井正氏が率いる、総合SPA衣料系企業。

 

全世界で認知度が広がっている「ユニクロ」を筆頭に、

今のところ日本国内展開が中心の低価格ブランド「GU」、

その他、「セオリー」「ヘルムートラング」などの海外発祥ブランドを傘下におさめる。

 

2015年時点ではH&M社とGAP社よりは規模が小さく、

SPA企業としては世界4位。

 

インディテックス社と比べて、ネット通販事業にもかなり力を入れている印象。

 

 

 

 

【今後の目標】

かねてから年商世界5兆円が目標。

これが達成できればSPA企業としてダントツ世界1位。

柳井正が経営に関わっているうちは会社の規模はどんどん伸びそうな気配。

 

 

 

【リスク・今後の問題点】

柳井正氏のワンマン経営(よい意味で)で唯一無二の存在で、

2000年代には一度、若手の玉塚氏に社長の座を譲って第一線から離れるも、

業績不振などにより、玉塚氏を更迭して社長に復帰したという経緯もあり、

柳井正氏が病気で経営から離れたり、年老いて引退・亡くなったあとに、

どれだけ成長できるか、柳井氏がいなくなる前にどれだけ同じランクの経営者を発掘できるかが課題。

 

 

 

[社名由来]

fastは"速い"、retailは"小売り"というような意味合いで、

「顧客のニーズを素早く取り入れ、商品化して販売していく」という姿勢を表したものと言われる。

 

 

 

 

ファーストリテイリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インディテックス(Inditex)とは?

 

 

「インディテックス(Inditex)」とは、

店舗内の商品回転数の速さで有名な「ZARA」を筆頭に、

ベルシュカ、ストラティバリウスなど様々な衣料系ブランドや

「ZARA HOME」のような家具・インテリア業態まで

幅広いブランドを世界展開している、世界第1位(2015年時点)のスペインの総合SPA企業。

 

 

基幹ブランドの「ZARA」に関しては、

楽天などの非公式通販で大人気になるほど通販で人気だったものの

長く日本向け通販がなかったが、近年ようやく日本向けの直営通販も開始。

 

 

 

Inditex

 

 

 

 

[会社公式サイトでの短文での会社説明]

Inditex is one of the largest fashion retail groups in the world

with eight brands and over 7,000 stores in 91 markets.

 

 

 

 

【主な展開ブランド】

  • ZARA
  • ZARA HOME
  • ベルシュカ
  • ストラティバリウス
  • プル&ベア
  • マッシモ・デュッティ
  • Oysho
  • Uterque

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーストリテイリングとインディテックスの違い比較

 

項目 ファーストリテイリング インディテックス
本拠 日本 スペイン
設立 1963年

 

1975年

 

* 発祥は1963年の

ようです

 

創業者

 

柳井正さん

(実質的な創業者)

 

*細かく言うと

正さんの父が創業

 

アマンシオ・オルテガ
年商

 

1.68兆円

(2015年8月期)

 

前期比21.6%増

 

2.59兆円

(2016年1月期)

 

前期比15.4%

事業領域

(衣食住)

衣 

 

住 

 

主な構成ブランド

 

ユニクロ

GU

 

セオリー

ヘルムートラング

プリンセスタムタム

コントワーデコトニエ

 

ZARA

ZARA HOME

ベルシュカ

ストラティバリウス

店舗内装

・デザイン

倉庫風

(ユニクロ)

 

ブティック風

(ZARA)

 

主な商品や

戦略の特徴

 

 

機能性が高い

(ユニクロブランド品)

 

 

店舗内の

商品の循環(回転)が速い

社風

 

ブラック企業と問題に

なるほど仕事がきつく、

付いて来れないものは

置いていくというような

厳しい姿勢で知られる

 

 

海外企業のため

いまいち社風不明

 

ネット通販への

取り組み具合

かなり積極的

 

店舗販売のほうが

力が入っている印象。

 

日本向け通販も

長く存在しなかった。

 

事業スタイル

 

プロダクトアウト

 

マーケットイン

 

 

[まとめ]

もし柳井氏のセンスが落ちず体も健康をキープできた場合は、

中期的にはファーストリテイリングがインディテックス社を抜く可能性もありそうです。

 

 

 

 

対照的な2社を徹底比較した書籍

ユニクロ対ZARA [ 齊藤孝浩 ]

発売日: 2014年11月

 

【内容情報】

なぜユニクロは売れるのか、ZARAを世界一にした仕組みとは。商品開発、売場、価格、強さの秘密を徹底解剖。

 

 

【目次】

第1章

ファッション流通の常識を変えた2つのブランドと2人の起業家

 

第2章

「部品倉庫」のユニクロ、「クローゼット」のZARA-ブランド戦略とビジネスモデル

 

第3章

ローコスト徹底のユニクロ、超高速空輸のZARA-出店戦略と店舗運営

 

第4章

「つくったものを売る」ユニクロ、「売れるものをつくる」ZARA-ファッションビジネスのリスクマネジメント

 

第5章

「小売業」のユニクロ、「製造業」のZARA-数字が教える2社の姿

 

第6章

「松竹梅戦略」のユニクロ、「ポートフォリオ手法」のZARA-ファッションビジネスの未来とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランドごとの競合関係

 

 

価格帯など

FR Inditex

単価5000円から

1万円程度

 

×なし

 

ZARA

単価3000円から

5000円くらい

が中心

ユニクロ

 

ストラティバリウス

 

 

*その他、ZARA内では

「ZARA TRF」という

3000‐5000円くらいの

若い女性向けブランドあり。

 

単価1000円から

3000円前後

GU ベルシュカ

家具業態

×なし

 

ZARA HOME