[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[2大ハンバーガー店(スピード重視系)] マクドナルドとロッテリア

 

 

 

日本国内において、

モスバーガーなどの時間かかる系の大手チェーンとは違い、

スピード重視のイメージがある2大競合ハンバーガーチェーン

 

 

  • マクドナルド
  • ロッテリア

 

の歴史や規模、店舗数、顧客層などの違い情報。

 

 

*規模的には、モスバーガーはロッテリアより上で業界2位の規模であるようです。

 

 

 

 

 

 

マクドナルド(McDonalds)とは?

 

 

「マクドナルド」は、

業界2位のモスバーガー(年商約700億円)をはるかに超え、

日本法人だけで年商2000億円を超える日本最大のバーガーチェーン。

 

100円マックという低価格シリーズがあるなど、

その他大手のロッテリアとモスバーガーと比較して明確に価格帯安めで庶民的。

 

近年は宅配事業も拡大中。

 

 

 

 


 

[歴史]

 

 

「マクドナルド(McDonalds)」とは、

1940年にアメリカのカリフォルニア州でマクドナルド兄妹がスタートし、

現在では世界最大規模のハンバーガー・チェーン店。

 

 

1971年には大阪出身の実業家・藤田田(ふじたでん)氏の手腕により、

日本法人が設立され、同年7月に1号店が東京の銀座にオープン。

 

1980年には日本での年商が500億円を突破。

1982年には年商が700億円を超えて外食首位に。

 

1993年、国内店舗1000店舗を突破。

1996年には店舗数2000、1999年には3000店を突破。

 

2001年、日本マクドナルド社がJASDAQ市場に株式を上場。

2002年、「日本マクドナルド・ホールディングス株式会社」に商号変更し、

100%子会社の「日本マクドナルド株式会社」を新設。

 

2003年、藤田田氏が代表取締役を退任。

2004年、コンピューター業界から原田泳幸氏を社長に招き、

以後、一時の売り上げ不振を脱却し、業績がV字回復する。

 

2006年、「えびフィレオバーガー」が大ヒット。

 

2013年8月、サラ・L・カサノバ氏が日本法人のCEOに就任。

 

 

 

 

 


 

 

 

【今までの主なヒット商品】

  • ビッグマックバーガー
  • マックフライポテト
  • 100円マックシリーズ(チキンクリスプなど)
  • えびフィレオバーガー
  • メガマック
  • フィレオフィッシュバーガー
  • てりやきマックバーガー
  • シャカシャカチキン
  • プレミアムローストコーヒー
  • "Big America"シリーズ
  • チキンフィレオ
  • チキンタツタ
  • マックシェイク

 

*味は全世界共通と言われている。

 

 

 

 

 

 

ロッテリア(LOTTERIA)とは?

 

 

ロッテリアはモスバーガー同様にに他発祥の大手バーガーチェーン。

ヤフーファイナンス情報によると、モスのほうが業界2位で、こちらは多分業界3位。

 

一時期低迷していたらしいものの、

2000年代に入り、味にこだわった高級バーガー「絶品チーズバーガー」が大ヒットし、再び脚光を浴びる。

 

 

価格的には、マクドナルドより高価格気味で、

モス同様にある程度高価格。

 

 

 

 


 

[歴史]

 

1972年、株式会社ロッテリアが設立され、9月に1号店がオープン。

その後、どんどん店舗が増えて1979年には200店舗、1984年には400店舗を達成。

1979年、韓国に進出。

 

1986年、台湾1号店がオープン。

 

1990年、朝食メニューを導入。

 

1994年、中国1号店がオープン。

 

1997年、世界1000店舗を突破。

 

2001年、韓国だけで700店舗を突破。

2002年、全世界1500店舗を突破。

 

2005年、企業再生支援会社のリヴァンプ社の支援を受け始める。

 

2006年、(株)ロッテリアホールディングスと(株)ロッテリアに会社分割。

 

2000年代後半、「絶品チーズバーガー」が大ヒット。

 

 

 

 


 

 

 

【今までの主なヒット商品】

  • えびバーガー
  • てりやきバーガー
  • フレンチフライポテト
  • リブサンド
  • チキンナゲット
  • 絶品チーズバーガー
  • バケツポテト
  • シェーキ
  • ふるポテ
 
 
【会社HP掲載の他のチェーンとの違い説明】

ロッテリアと他社との相違点は、アメリカのチェーンスタイルをそのまま導入したのではなく、

日本人の味覚や、食生活、地域性を経営方針に積極的に取り入れたことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

マクドナルドとロッテリアの違い比較

 

 

 

項目

マクドナルド

ロッテリア
発祥年度

1940年

(日本進出は1971年)

1972年
主な事業展開エリア

全世界

アジア
日本での運営企業

日本マクドナルド

ホールディングス株式会社

株式会社ロッテリア
株式公開

東証JASDAQ上場

(2001年上場)

株式非公開
株主優待

あり(2015年時点)

-

株主優待内容

(20105年時点)

保有株式数に応じた

自社メニューの無料引換券

-

売上高

2223億円

(2014年12月期)

不明

国内店舗数

3093店舗

(2014年12月期末)

不明

宅配サービス

(2015年時点)

あり  なし 

ドライブスルー導入

1977年 1983年

朝食メニュー導入

1985年 1990年

割引クーポン

(2015年時点)

あり あり

価格

ロッテリアよりもやや低め

 

*株主優待をうまく使うと

店舗で使う年間費用は

さらに抑えられる。

マックよりやや高め

 

 

*株の保持は元本保証の預金ではないものの、

上場企業のマクドナルドに関しては、リスク覚悟で株式を購入した場合は、

保有株式数と店舗来店頻度によっては、年間を通じてお金をほとんどかけずに店舗を利用できるという違いもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他】もう一つの大手「モスバーガー」

 

 

「モスバーガー」は、

ロッテリア同様に日本発祥の大手バーガーチェーン。

年商はマクドナルド社の約1/3の約700億円で業界2位のシェア。

 

ただし、こちらは高級系&調理に時間がかかるのが特徴と言われ、

フレッシュネスバーガーなどが主な競合と思われます。