HOME > ショッピング情報TOP > 競合企業,ブランド比較(食系) > 高級海苔店(山本山と山本海苔店と山形屋海苔店)

高級海苔店競合比較(山本山と山本海苔店と山形屋海苔店)

 

 

 

百貨店デパ地下などでおなじみの高級海苔店、

 

  • 山本山・・・・・こちらは海苔/お茶の2本柱
  • 山本海苔店
  • 山形屋海苔店

 

では歴史やランク(格)、価格帯などにどんな違いがあるのか、

そしてまた「山本山と山本海苔店」の関係性に関する情報など。

 

 

[日本での海苔の歴史]

山形屋海苔店HPの公式サイトによると、

奈良・平安時代からは高級品として貴族に愛され、

鎌倉時代からは精進料理に利用され、江戸時代には庶民の味として既に定着。

以降、おにぎりを筆頭に和食にとってなくてもならない国民的食材に。

 

 

 

山本山 *こちらは海苔専門ではない

 

 

「山本山」とは、

昔から"上から読んでも山本山、下から読んでも山本山"

というフレーズが印象的なTVCMで全国的に有名な、お茶と海苔の老舗専門店。

(海苔専門ではない)

 

運営しているのは江戸時代1690年創業の株式会社山本山という会社で、

公式サイトによると、海苔で有名ながら海苔の販売を始めたのは1947年と長い歴史からすると最近の出来事。

 

店舗は日本橋本店のほか、高島屋をはじめととした百貨店内にあり。

(基本的には山本山スタッフが店内にいるものの、一部外部の人が店に立っている業務委託店もあり)

 

 

 

 

[歴史]

1690年に創業者の山本嘉兵衛(初代)が江戸に茶と紙類を扱う店に開いたのが始まり。

その後江戸幕府ご用達の茶店となる。

その後、色々な苦難を経て昭和十六年に株式会社山本山という現社名に。

戦後の1947年からはのちに主力商品となる海苔の販売を開始。

現在では、海苔とお茶の専門店。

 

 

 

山本山公式サイト

 

 

[公式通販]

山本山商品カテゴリ 高島屋オンラインストア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本海苔店

 

 

「山本海苔店」とは、

似た名前の競合である"山本山(海苔専門ではない)"に対抗しているのか、

公式サイトでも「海苔ひとすじ」というキーワードを前面に押し出している、

1849年創業の株式会社山本海苔店による海苔専門店。

 

会社概要によると乾海苔系商品の専門店で、良いものを廉価(買いやすい価格)で販売することがモットー。

 

競合の山本山と比べると全国的知名度では劣るものの、

全国の店舗数は150店舗以上あり、山本山を大きく上回る規模。

 

 

こちらも日本橋本店のほか、全国各地の百貨店内に出店。

ただし、こちらも山本山同様に山本海苔店社員の人がいる店と以内委託店があるため、

本社スタッフの解説・アドバイスなどを聞きたいかたは店舗リストにて要確認。

 

 

 

 

 

[歴史]

1849年、山本徳治郎(初代)が江戸の日本橋にて海苔専門店を創業したのがはじまり。

明治時代には味付け海苔が宮内庁ご用達商品となる。

1946年、現社名の株式会社山本海苔店という社名になる。

 

 

 

 

[会社概要記載の事業内容]

良品廉価をモットーに乾海苔及び乾海苔を原料とした加工食品の販売

 

 

 

山本海苔店公式サイト

 

 

[公式通販]

山本海苔店商品カテゴリ 高島屋オンラインストア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本山と山本海苔店の関係 - 分社?、のれん分け? *わかっている限りの情報

 

 

*わかっている限りの情報

 

 

 

まず結論からとこの会社は別の会社。

店のマーク自体も、創業年度も本店所在地も、海苔事業開始年度も違う。

 

そして、例えば高級フルーツ店の

「千疋屋総本店」と「銀座千疋屋」の関係は

「銀座千疋屋」が千疋屋から派生(のれん分け)スタートした会社であるというように

もともと同じ会社であったという例もあるものの、

 

山本山と山本海苔店に関しては、

両社のHPの店の詳しい歴史ページにて互いの関係性は一切出てこない他、

決定的なこととして、お茶事業創業の山本山の歴史ページにて

 

「1947年、海苔の販売開始」

 

自社で海苔事業をスタートしたことを語っているため、やはり無関係の会社とみてよいようです。

 

ちなみに山本海苔店は1849年の創業時から海苔事業を専門的に行っており、

海苔事業的には山本海苔店のほうが長い歴史と伝統があり、海苔事業会社としては先輩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山形屋海苔店

 

 

 

「山形屋海苔店」とは、

山形からはるばる江戸に来た青年が1746年に日本橋小綱町にて創業した海苔専門店。

 

 

江戸自体から幕府・皇室ご用達店として愛され、

会社案内文にて"海苔の代名詞"と自分達から自信を持って名乗っているので、

こちらも山本海苔店や山本山と並ぶ最高のランクの一つの海苔ブランドであるようです。

 

店舗は日本橋京橋本店のほか、全国各地の百貨店内にあり、店舗数は山本海苔店に続く規模。

 

 

こちらは楽天市場内の直営オンラインストアもあり。

 

 

 

 

 

 

 

[歴史]

東北の山形から出てきた青年・窪田惣八が様々な困難を乗り越えて1746年に日本橋小綱町にて創業。

当時の店名は「山形屋」。

その後、一流の海苔問屋へと成長し、江戸時代において幕府ご用達店になり、

明治時代以降は皇室ご用達店にもなる。

 

1873年、五代目惣八が「焼きのり」を創案。

 

1948年に株式会社山形屋海苔店という社名になる。

 

 

 

 

[会社概要記載の事業内容]

乾海苔、焼海苔、味付海苔、海苔茶漬、 海苔佃煮等の製造・加工・販売

 

 

[会社案内文]

江戸明和元年(1764年)日本橋に創業以来、常に海苔とともに歩み、海苔を極めてきた山形屋。

江戸の一般庶民に海苔が広がるのに歩調をあわせ、山形屋は海苔の代名詞として人々に親しまれ、現在に板っています。

当社の海苔は、伝統と最新技術が融合した味の芸術品。

海苔とともに歩んで250余年。山形屋はこれからも時代を超えて愛されてきた味わいをお届けします。

 

 

 

 

山形屋海苔店公式サイト

 

 

 

[公式通販]

楽天市場山形屋海苔店

山形屋海苔店商品カテゴリ 高島屋オンラインストア

 

 

 

 

 

 

 

山本山と山本海苔店と山形屋海苔店の違い比較

 

 

項目 山本山 山本海苔店 山形屋海苔店
運営会社

株式会社

山本山

株式会社

山本海苔店

株式会社

山形屋海苔店

創業 1690年 1849年 1746年

店のマークに

採用の漢字

主力商品

 

お茶

海苔

 

*お茶が創業事業。

海苔事業開始は

1947年

 

海苔  海苔
出店懈怠

路面店

百貨店内

路面店

百貨店内

路面店

百貨店内

店舗数

(2016)

約65店舗

 

*業務委託店

も含む

 

150店舗以上

 

*業務委託店

も含む

約100店舗

(100店舗弱)

海苔商品

価格帯

(通販商品)

3000円から

1万円くらい

 

*高島屋通販では

3000円から

5000円くらいが多い

3000円から

1万円くらい

3000円から

1万円くらい

 

通販見る限りではギフト系商品は同じような価格帯。

 

そして、知名度では山本山が圧倒的ながら、

玄人の間におけるランク的には、江戸時代から海苔事業で成功し、長い歴史と伝統がある

山本海苔店と山形屋海苔店のほうが格上であるようです。

 

 

 

 

 

 

高島屋オンラインストア

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る