HOME > ショッピング情報TOP > 競合企業,ブランド比較(住/生活系) > 日本系世界的コスメブランド(shuuemuraとRMK)

日本系世界的コスメブランド(shuuemuraとRMK)

 

 

日本関連の世界的なコスメ系ブランド、

 

  • shu uemura(シュウウエムラ)
  • RMK(アールエムケー)

 

の様々な違い比較。

 

 

 

 

 

 

shu uemura(シュウウエムラ)

 

 

「shu uemura」とは、

伝説のメイキャップアーティストといわれる植村秀氏が創業した

1960年代発祥の世界的なコスメブランド。

 

2000年代には「プラダを着た悪魔」というブランドでも、

映画内のセリフにて世界的なブランドと並んで「shu uemura」というセリフも登場することで有名。

 

植村氏が"クレンジングオイルの父"と呼ばれているように、

クレンジングオイルの品揃えが中心で全体的にも

口紅、アイシャドーのような化粧品ではなく、スキンケア系商品の品揃えが中心。

 

 

 

 

[公式サイトでのブランド説明]

アーティスティックな美学と高いプロ意識は、

「美しいメイクアップは美しい素肌からはじまる。」

というコンセプトをもとに、あらゆる美の創造へ向かってチャレンジしていきます。

シュウウエムラブランドが提案するバラエティ豊かな色彩と質感を使えば、

誰もがアーティスト。“人”というキャンパスに、自由な発想でメイクアップを描くことができます。

楽しみながら、創造しながら、シュウウエムラの世界であなただけの美しさと出会ってください。

 

 

 

 

[コンセプトに関する公式情報]

シュウ ウエムラは、他の化粧品メーカーが

実用的な"ファッション"としてのメイクアップを提案していた頃、いち早く"モード"に着目。

1960年代から、モード メイクアップを発表し続けています。

単なる流行にとどまらない、その独創的かつエキサイティングな作品は世界にも例がなく、

芸術とメイクアップを融合した真の先駆者として、高い評価を受けています。

 

 

 

 

[創業者情報]

幼少期から芸術方面にて優れた才能を発揮。

1950年代に渡米してからは、ハリウッドでメイキャップアーティストとして活躍しはじめ、

メインのメイク担当者が倒れた時に主演のシャーリー・マクレーンから

代役を任され、その仕事ぶりは主演のシャーリーやスタッフたちに絶賛され、

以後、フランク・シナトラをはじめ、数多くのハリウッドスターたちから指名される、

世界のトップクラスのメイキャップアーティストとして現地の映画界にて裏方として活躍。

 

一方で1960年代からクインジングオイルの研究から自身の事業もスタート。

(のちに"クレンジングオイルの父"と呼ばれるようになる)

1965年には日本で初めてハリウッド式のメイクアップアトリエを開設し、ブティック1号店もオープン。

 

1983年には、東京・表参道に「シュウ ウエムラビューティブティック」1号店がオープンし、

商品を自由に試せるメイクアップコーナーは大きな話題となり、化粧品業界に革命を起こす。

 

 

 

 

shu uemura公式サイト

 

 

 

アットコスメ内のカテゴリ

アットコスメ「shuuemura」情報ディレクトリ

 

 

 

 

 

RMK(アールエムケー)とは?

 

 

「RMK(アールエムケー)」とは、

渡米して1980年代から1990年代にかけて

現地で世界的メイキャップアーティストとして活躍してきたRUMIKOさんが、

1990年代半ばにある化粧品メーカーからコスメブランドのプロデュースを依頼され、

様々な立ち上げの苦労を経て、

RUMIKOさんの全面プロデュースで1997年春にスタートしたコスメブランド。

運営会社は株式会社エキップという東京の企業。

 

 

1999年からはアジア展開もスタート。

2001年にはRMKの青山本店が東京都内にオープン。

 

2003年からはアジアだけでなく世界全域への進出がスタートし、

世界的なコスメブランドに。

 

 

なお、創業者のRUMIKOさん自体は、

2013年頃まで約15年間クリエイティブディレクターとして活動したのちにブランドを離脱し、

現在は別のフィールドにて活動中。

 

2013年夏からはKAORIさんという女性が、

RMKの2代目クリエイティブディレクターに就任。

 

 

 

[KAORIさんのプロフィール]

生年月日不明。

1998年に渡米し、アメリカにてRUMIKOさん同様に

メイキャップアーティストとして活躍。

2006年からはNYと日本両方を拠点に活動するようになる。

2013年夏、離脱した創業者に替わり、RMKの2代目ディレクターに就任。

 

 

 

RMK公式サイト

 

 

アットコスメ内のカテゴリ

アットコスメ「RMK」情報ディレクトリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shu uemuraとRMKの比較

 

項目 shu uemura RMK
創業者 植村秀 RUMIKO
設立

公式サイト見る限りでは

発祥は1965年頃

1997年
運営会社

日本ロレアル(株)

シュウウエムラ事業部

(株)エキップ
主な商品群

スキンケア

ベースメイク

カラーメイク

スキンケア

メイクアップ

主力商品 クレンジングオイル 

クレンジングオイル 

その他色々

クレンジングオイルの

価格帯

[150mlサイズ]

3000円から

4000円くらい

 

[175mlサイズ]

3000円から

4000円くらい

 

口紅単価

[スティック商品]

3000円から

4000円くらい

 

[スティック商品]

3000円から

4000円くらい

 

公式ツイッター

フォロワー数

(2016)

 

[日本アカウント]

約5万人

 

[アメリカアカウント]

約2.2万人

 

 アカウントなし

公式インスタ

フォロワー数

(2016)

[日本アカウント]

約26万人

 

海外アカウントは

見当たらず

 

 

[世界共通アカウント]

約15万人

 

アットコスメにて

このブランドを

お気に入り登録

している人の数

(2016)

約17万人 約22万人

 

 

 

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る