HOME > ショッピング情報TOP > 競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc) - このサイトのアクセスの50%占める首都 > (東京駅から約1時間の)軽井沢駅付近のスキー場:軽井沢プリンスホテルスキー場と軽井沢スノーパーク

(東京駅から約1時間の)軽井沢駅付近のスキー場:軽井沢プリンスホテルスキー場と軽井沢スノーパーク

 

 

東京駅から新幹線にて1時間ちょっと、大宮からなら45分ほどで到着する

JR軽井沢駅付近にあるスキー場、

  • 軽井沢プリンスホテルスキー場
  • 軽井沢スノーパーク

のアクセス面や人気、広さなどの違い比較。

 

 

越後湯沢駅付近ほどではないものの、この駅付近にもスキー場が存在。

 

 

 

 

 

軽井沢プリンスホテルスキー場

 

 

軽井沢プリンスホテルスキー場とは、

JR軽井沢駅南口下車すぐのところにある、軽井沢プリンスホテル系のスキー場。

そして、このスキー場とホテルの運営は西武グループ。

 

例年の詳しい傾向はいまいちわからないものの、

2016-2017AWシーズンは11月はじめという全国的には一番早い部類の時期にオープンしており、

人工雪により1年のうちの半年近く営業していることと駅付近であることが特徴。

 

なお、google衛星画像をみても、

あまり雪は早期に降らなそうな場所に位置しているため、

天然雪で滑走できる期間がどれくらいあるのかは不明です。

詳しくは公式SNSアカウントなどでご確認ください。、

 

 

軽井沢プリンスホテルスキー場

 

 

 

 

軽井沢スノーパーク

 

 

 

「軽井沢スノーパーク」とは、

最寄り駅としては軽井沢駅となるものの駅隣接のプリンスホテルスキー場とは違い、

駅からだいぶ離れた場所にある鹿島建設グループ系のスキー場。

そして、所在地的には群馬県。

 

アクセス的には駅から20kmほど離れていて歩くと5時間はかかるため、送迎バスを利用する必要あり。

ただし、遠い分、こちらのほうがリフト券は低価格。

 

なお、近年では、アイドルのももいろクローバーZが2015年のクリスマスに、

このスキー場を貸し切ってクリスマスコンサートを開催したことで有名。

 

特徴としては降雪機使用時期があるのかは不明ながら、

場所に明らかに駅前より雪が降りやすい場所にあるので、明確にこちらのほうが天然雪で滑走できる期間が長い点。

また、googleストリートビューで景色みていても、かなりの絶景。

 

 

駅から遠くても本格的なスキー場に行きたい場合はこちらがおすすめ。

ただし、その場合は日帰りはなかなか難しそうです。

 

 

 

 

軽井沢スノーパーク

 

 

 

軽井沢プリンスホテルスキー場と軽井沢スノーパークの比較

 

項目 軽井沢プリンスホテルスキー場 軽井沢スノーパーク
運営 西武グループ 

鹿島軽井沢リゾート株式会社

(鹿島建設グループ)

場所

389-0102

長野県北佐久郡軽井沢町

軽井沢

377-1412

群馬県吾妻郡長野原町

北軽井沢2032-16

アクセス

(電車)

JR北陸新幹線

軽井沢駅南口

下車すぐ 

JR北陸新幹線

軽井沢駅より車で22km(約40分)

 

*宿泊者・スキー場利用者専用の

送迎バス有り(要予約)

アクセス

(車)

上信越自動車道

碓氷軽井沢I.C.から

13km(平常時14分)

 

車でもこちらのほうが近い

 

上信越自動車道

碓氷軽井沢ICから

30km、約45分

駐車場 1000台  450台
コース数 約10コース  約6コース
推定標高 推定1000m付近 1300m付近

営業期間

(例:2016-2017AW)

 

2016年11月3日(木・祝)

から2017年4月2日(日)

 

雪降らない11月はじめに

人工雪にて早期オープン

 

2016年12月10日(土)

から2017年4月2日(日)

隣接ホテル

あり

あり

ナイター営業

あり

(12月末から3月初旬) 

なし

リフト券

(1日券)

 

2016-2017AW

[時期により差あり]

■大人5000円前後

■中高生/シニア3500円前後

 

*シニアは55歳から

*繁忙期は高額気味

 

■大人3500円

(中学生から54歳)

■子供/シニア2500円

 

*大人2時間券は2000円程度

 

特徴

(長所)

 

■駅そば

■早期オープン

■車でも行きやすい

■ナイターあり

 

■多分こちらのほうが

天然雪での営業時間長い

■リフト券安い

■景色は絶景

■標高高い

マイナス点

 

■天然雪で滑走できる期間が

短めと思われる(予測)。

■リフト券高い

■標高低い

 

 

■駅から遠い

■ICからも遠い

■日帰りは少し難しめ

■ナイターなし

 

 

 

 

[まとめ]

駅からの距離をはじめとしてかなり色々な違いあり。

どちらのほうがよいかは日帰りか泊まりかといったことなど条件次第。

 

また、泊まりで行く場合は隣接のホテルの宿泊料金なども要チェック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る