[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

ポロシャツ大手競合 - ラルフローレンとラコステとフレッドペリー + クロコダイル

 

 

 

 

このページは、世界的なポロシャツメーカーとして有名な、

 

  • ラルフローレン(RALPH LAUREN)
  • ラコステ(LACOSTE)・・・・・右向きワニブランド
  • フレッドペリー(FRED PERRY)
  • △クロコダイル(Crocodile)・・・・・左向きワニブランド(日本のブランド)

 

の微妙な違いなどを可能な限りまとめたページです。

 

 


 

 

[ポロシャツとは?]

 

英国伝統スポーツの「ポロ」のプレイ時に用いられた、吸湿性の高いスポーツ系衣料。

主にニット製で、半袖でボタンが3つほどあるデザインが特徴。

 

前に上から下までボタンがあるわけではないため、被って着る。

主に男性向け。

 

 

 

 

 

 

 

ラルフローレン(RALPH LAUREN)とは?

 

 

 

「ラルフ・ローレン」は、

NY出身のラルフ・ローレン氏が1968年に設立したアメリカを代表するブランド。

 

英国競技「ポロ」から名前を拝借して「ポロタイ」と名付けたネクタイをデザインしたことから始まり、 

「ポロ・ラルフローレン」という中心的ブランドが存在するなど、

ポロ競技やポロシャツに縁があるブランドとして世界的に有名。

 

低価格ブランドから高級ブランドまで社内にいくつかのブランドが存在するものの、

メンズ「ポロ・ラルフローレン」ブランドのポロシャツ価格帯は1万5000円から3万円くらいと、

ラコステ、フレッドペリーよりも高め。

 

 

*「ラルフローレン・パープルレーベル」という高級ブランドのポロシャツは3万円から5万円くらいと高額。

 

 

 

 

実際の顧客年齢層のチェック

WEAR「POLO RALPH LAUREN」カテゴリ・・・・・こちらのほうが投稿数多い

WEAR「RALPH LAUREN」カテゴリ

 

*このブランドはラインの改廃が相当激しいため、

リンクがつながらなくなる場合があります。

 

 

 

 

 

 

ラコステ(LACOSTE)とは? -右向きワニブランド

 

 

ワニのマークでおなじみのフランスのブランド。

口が右に向いて開いているロゴマークでおなじみ。

 

 

元プロテニスプレイヤーのルネ・ラコステ氏が引退後の1933年に創業。

当初はポロシャツ専門系ブランドであった模様。

 

その後、様々な分野に商品ジャンルを拡大し、

現在では世界的なスポーツ系ブランドとして定着。

 

ポロシャツの価格は1万円から1万5000円くらい。

 

 

 

[ワニマークの由来]

なぜラコステがワニマークを用いるようになったかというと、

詳しいニックネームの由来はわからないものの、

ルネ・ラコステ選手は選手時代から記者達に"ワニ"というニックネームをつけられていて、

そのニックネームを気に入っていたラコステ氏は1926年から

デザイナーにワニの刺繍を入れてもらうように依頼し、

左胸にワニマークのはいった ブレザーを着るようになったのがはじまり。

(最初からワニの口は右向き)

そして、1933年のラコステブランド創設時からブランドロゴとしては右向きワニを使用。

 

 

 

 

 

実際の顧客年齢層のチェック

WEAR「LACOSTE」カテゴリ

 

 

 

直営通販

ラコステジャパン

LACOSTE

 

 

 

 

 

 

 

フレッドペリー(FRED PERRY)とは?

 

 

フレッドペリーは、

ラコステ同様に元テニス選手のフレッドペリー氏が

1952年にスタートしたテニス系ブランド。

 

その後、事業を拡大していき、現在では世界的なスポーツカジュアルブランドとして定着。

 

ポロシャツの価格は1万円から1万5000円くらいとラコステと同じくらい。

 

 

日本公式サイト[http://www.fredperry.jp/]・・・・・通販あり

公式サイト[http://www.fredperry.com/]

 

 

実際の顧客年齢層のチェック

WEAR「FRED PERRY」カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

クロコダイル(Crocodile)とは? - 左向きワニブランド(格安日本ブランド)

 

 

「クロコダイル(Crocodile)」とは、

ラコステと似たようなマークでおなじみのポロシャツ系ブランド。

 

そして、格安でポロシャツの価格帯はラコステの半分くらい。

ただし、2社の会社サイトなどで歴史情報を調べてみたところ、

ラコステは元テニス選手が1933年に創設したフランスのブランドであるのに対し、

クロコダイルというブランドとは、ブランドの歴史情報ページでは

ラコステのことはまったく登場しないほか、色々な公式的情報を参考にすると、

まったく関係のないブランドであるそうです。

 

運営会社も、ラコステはラコステジャパン(株)というラコステの日本法人、

クロコダイルはヤマトインターナショナル(株)という大阪発祥の日本企業。

 

そして、こちらはポロシャツはラコステの半額程度で

出店先もラコステと違ってイオン小型店やイトーヨーカドーなどの総合スーパーで、かなり格安系のブランド。

 

 

 

*ネットの噂ではラコステとクロコダイルの2ブランド間では

商標・ロゴ問題で裁判沙汰になってきた歴史がある模様(詳しいことは不明)。

 

 

なお、ヤマトインターナショナルの会社沿革では

「1963年、メンズカジュアルブランド・クロコダイルをスタート」と書かれているものの、

クロコダイル公式サイト内の歴史ページでは、

「1963年・クロコダイルブランドは、日本で新たな歴史をスタートさせました。」

というあいまいな書かれ方をしているほか、香港発祥というような非公式情報もあるため、

1962年以前のことはわからない部分あり。

 

 

 

 

クロコダイル公式オンラインショップ

 

 

 

 

[ワニマークポロシャツブランド] ラコステとクロコダイルの関係とは?

 

右向きワニの世界的ポロシャツブランド「ラコステ」と、

左向きワニの格安ポロシャツブランドは、

前述通り、互いのHPでもまったくもう片方のブラントのことは登場しない無関係ブランド。

 

ブランドの生い立ちもまったく違い、

ロゴが似ているので、すべてが似ているように見えるだけ、といった感じ。

 

 

そして、出店先はラコステや路面店や全国の大型ショッピングセンターであるのに対し、

クロコダイルはイオン小型店やイトーヨーカドー、アピタなどの総合スーパー。

 

価格的にもある程度価格が高いラコステに対して、

クロコダイルのほうが低価格という違いがあり。

 

また、ラコステはNYコレクションという世界的なショーに参加しているが、

クロコダイルはそういったショーを開催することがない。

 

 

 

ラルフローレンとラコステとフレッドペリーの比較

 

項目 ラルフローレン ラコステ フレッドペリー

クロコダイル

(ラコステとは

無関係)

本拠地 アメリカ フランス イギリス

日本

(多分)

創業者

ラルフ・ローレン

(実業家)

ルネ・ラコステ

(元テニス選手)

フレッド・ペリー

(元テニス選手)

不明

設立 1968年 1933年 1952年

1963年

(日本)

日本法人

or代理店的企業

ラルフローレン(株) (株)ラコステジャパン ヒットユニオン(株) 

ヤマトインター

ナショナル(株)

ポロシャツ

平均価格帯

1.5万-3万円

(POLOブランド)

1万円から

1万5000円

1万円から

1万5000円

5000円から

1万円くらい

(格安)

参加コレクション NYコレクション NYコレクション × ×

WEAR

投稿数

(2016年時点)

 

[ポロブランド]

約2.3万件

 

[ラルフ]

約1.1万件

 

約8000件 約6000件 約200件

 

*価格情報は景気・為替動向、戦略変更などによりズレが発生していく場合があります。

 

 

[まとめ]

日本ではラルフローレンが圧倒的に人気があるようです。

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]