[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

ヤング男性カジュアル(国内系):FACTOTUM、LAD MUSICIAN、markaなど

 

 

海外のショーには参加していない、

メンズノンノなどの雑誌に登場する国内展開系の主な若い男性層向けブランド、

  • ファクトタム(FACTOTUM)
  • ラッド・ミュージシャン(LAD MUSICIAN)
  • marka/MARKAWARE
  • アトウ(ato)

あたりのターゲットや規模、価格帯などの違い比較。

 

 

 

 

 

 

ファクトタム(FACTOTUM)

 

 

ファクトタム(FACTOTUM)とは、

セレクトショップ大手のBEAMS出身の有働幸司さんが、

ロンドン留学を経て2004年にロスチャイルド社を設立してスタートしたブランド。

2007年から東京コレクション参加を開始。 

2012年にはシンガポールにてショーを開催。

 

東京コレクションのショーには毎回多数のトップモデルが出演する。

 

 

[東京コレクション公式サイトでのブランド説明]

デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること。

テーラード、ワーク、ミリタリーをベースにワードローブを展開。

毎回、テーマとなる国を訪れ、そこで出会った人や風景、空気からインスパイアされた服づくり。

 

 

 

 

FACTOTUM公式サイト

東京コレクション公式サイト「FACTOTUM」情報ディレクトリ

 

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR:FACTOTUMカテゴリ

 

 

 

東京コレクション2016SS公式映像

 

 

 

 

 

 

ラッド・ミュージシャン(LAD MUSICIAN)

 

 

「ラッド・ミュージシャン(LAD MUSICIAN)」とは、

東京渋谷の(有)フラワーズが運営する、黒田雄一氏によるメンズブランド。

東京コレクションには不定期参加。

 

直営通販を参考にすると中心価格帯は1-3万円くらい。

 

SNSフォロワー数などを参考にするとブランド規模・人気はかなり高い。

 

 

 

LAD MUSICIAN公式サイト・・・・・通販あり

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR「LAD MUSICIAN」カテゴリ

 

 

 

 

marka/MARKAWARE

 

 

 

「marka/MARKAWARE」

という2ブランドとは、公式FACEBOOKによるとブランド運営会社は明記ないものの、

 

  • MARKAWARE=大人のための、洗練されたハイエンドガーメントを提案
  • marka=より都会的なエッセンスを注入したカジュアルライン

 

という位置づけの2ブランドから成る「MADE IN JAPAN」がコンセプトのメンズブランド。

素材選びから縫製・加工まで日本で行うことがポリシーであるそうです。

 

一応「MARKAWARE」のほうメインブランドの可能性があるものの、

どちらのほうが大規模というわけではなく、両方とも同じくらいの規模・人気であるようです。

 

通販はないものの、正規取扱店がHPで通販を行っているケースあり。

 

 

 

marka公式サイト

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR「marka」カテゴリ

WEAR「MARKAWARE」カテゴリ

 

 

 

 

[ブランド名由来情報(ZOZOなど参考)]

1.[karma](カルマ)のアナグラム

2.[mark]と[a]という二つの英単語の組み合わせにし、

その名前に様々な意味を含ませるようにした。

読みは仏教用語として日本に残る古サンスクリット語に由来。

英語の「great」とほぼ同意味。

 

 

 

[ZOZOTOWNでの"marka"のブランド説明]

"real man's garment" 真の男性の為の洋服づくり。

1.ガーメント発想でそれぞれのアイテムの作り込みを行う。

2.60年代から70年代のカウンターカルチャーをベースにした、現在は失われてしまった男性像の追求。

 

 

 

 

アトウ(ato)

 

 

 

アトウ(ato)とは、

デザイナーの松本与(Ato Matsumoto)が1993年にメンズからスタートした、

パリコレ参加歴もある東京ブランド。

そして、この松本与さんは女優・井川遥さんの旦那さんとしても有名。

 

メンズ中心ながらレディースもあり。

 

こちらも東京コレクションは不定期参加。

 

 

 

[ZOZOTOWNでのブランド説明]

身体を個性の象徴と捉え、パターンに徹底したこだわりを持っています。

それはアイテムを立体裁断から構築し、フォルムをデザインする。

そして身体が個性を意識させるシルエットを目指しています。

男性らしさ、女性らしさに捉われた1つのラインを引くことなく、

個々の個性を引き出すという考えの下、物作りを行っています。

 

 

 

 

ato公式サイト

 

 

公式通販

ZOZOTOWN「ato」

 

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR「ato」カテゴリ

 

 

 

 

 

 

各ブランドの比較

 

 

情報はブランドや各コレクション運営団体HPなど参考

 

項目 FACTOTUM LAD MUSICIAN

marka/

MARKAWARE

ato
運営会社 (有)ロスチャイルド  (有)フラワーズ 不明

(株)ラインズ

システム

設立 2004年 

△1995年

(未確定情報)

不明

1993年

デザイナー

有働幸司氏

黒田雄一氏

石川俊介氏

松本与氏

参加コレクション

東京コレクション

*不定期参加

東京コレクション

*不定期参加

-

東京コレクション

*不定期参加

販路

(実店舗)

 

直営店

セレクトショップ 

 

直営店

セレクトショップ

直営店

 

*その他の取扱店

情報はHPにない

ものの各地の

セレクトショップ

で販売ある模様

直営店

セレクトショップ

直営通販 あり あり なし

なし

(ZOZO通販あり)

 

中心価格帯

(通販参考)

 

*アウターなど

一部重衣料は割高

 

1-3万円くらい 1-3万円くらい

1-3万円くらい

1-3万円くらい

WEAR投稿数

約3000件 約1万件

 

[marka]

約800件

 

[MARKAWARE]

約700件

 

約1000件

公式ツイッター

フォロワー数

約6000人 約1.5万人 アカウントなし

[広報アカウント]

約1000人

公式インスタ

フォロワー数

約3000人 約2万人 約2500人 アカウントなし

 

*SNSフォロワー数は2017年時点

 

 

[まとめ]

価格帯はどこも同じくらいで、ターゲット年齢層もそんなに差はないようです。

 

人気・規模では明確にLAD MUSICIANがダントツであるようです。

なので、着なくなった服を売るとしても、需要高いこのブランドが一番高く売れる可能性あり。