[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[テキスタイル系ブランド] ミナペルホネンとマリメッコ

 

 

テキスタイル系ブランドとして比較されることがある世界的ブランド

 

  • ミナ・ペルホネン(mina perhonen)
  • マリメッコ(marimekko)

 

の様々な違い比較。

 

 

 

 

ミナ・ペルホネン(mina perhonen)とは?

 

 

 

「ミナ・ペルホネン(mina perhonen)」とは、

日本人デザイナー・皆川明氏による1995年発祥のブランド。

 

もともとは衣料系ブランドであったものの、現在は家具まで幅広い商品を展開。

 

 

 

ミナ・ペルホネン(mina perhonen)

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「ミナ・ペルホネン」カテゴリ

 

 

 

 

[デザイナープロフィール(公式サイト参考)]

1967年生まれ。

東京都出身。

高校卒業後に訪れたパリにて偶然パリコレの裏方の仕事を手伝うことになり、

それがきっかけとなって、文化服装学院夜間部に入学。

その間、昼間は縫製工場や毛皮屋などで働き、テキスタイル作りなど、服作りの基礎を経験する。

また、在学中に北欧を旅し、北欧デザインの商品の素晴らしさに触れ、デザイナーになる決意を固める。

卒業後、1995年に前身ブランド名のレディースブランド「ミナ」をスタート。

2000年には白金台に直営店をオープン。

2003年には現在の「ミナ・ペルホネン」にブランド名を変更。

 

また2001年にメンズ、2005年には子供服ラインもスタート。

 

2004年からはパリでの作品発表もスタート。

同時に個人的にテキスタイルデザイナーとしても活躍。

 

2006年、毎日ファッション大賞の大賞を受賞。

 

 

 

[ブランド名由来(公式サイト記載文)]

ブランド名は、デザイナーがスカンジナビアへの旅を重ねる中で、

そのライフスタイルやカルチャーに共鳴するというフィンランドの言葉から取った。

「mina」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。

蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。

 

 

 

 

 

ミナペルホネンのテキスタイル [ ミナペルホネン ]

 

発売日: 2015年05月

著者/編集: ミナペルホネン

商品説明

2005年発刊の『ミナ ペルホネンの織り』『ミナ ペルホネンの刺繍』『ミナ ペルホネンのプリント』はブランドをスタートしてからおよそ10年の間に発表されものを収録したテキスタイル作品集。

復刊が待ち望まれたシリーズを1冊にまとめて新装版として刊行。

 

 

ミナペルホネンと皆川明

発売日: 2015年10月07日頃

出版社: マガジンハウス

 

【内容情報】(出版社より)

ミナ ペルホネンと皆川 明 絵画をそのまま布に落とし込んだような柄と鮮やかな色彩、繊細な刺繍。

1995年に登場したミナ ペルホネンは美しい存在感と生地から服を作るというアプローチでファッション界に衝撃をもたらした。

鮮烈なデビューから20年。

デザインは家具やプロダクトにまで幅を広げ、デザイナーの皆川 明が掲げる「100年を超えて続くブランド」を目標に輝きを増している。

ミナ ペルホネンはどこからきてどこへいくのか。その仕事やインタビューから紐解く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリメッコ(marimekko)とは?

 

 

 

マリメッコ(marimekko)とは、

フィンランド発祥の世界的なテキスタイル(ファブリック)系ブランド。

 

日本では東証一部上場の大手アパレルメーカー、

株式会社ルックが全国展開。

 

1951年、北欧・フィンランド発祥。

カラフルなインテリア雑貨類を中心に、洋服まで展開。

 

洋服ブランドとしてはパリコレやニューヨークコレクション等に不定期参加している。

 

 

 

 

[歴史(公式サイトなど参考)]

1951年、アルミ・ラティアという女性とその夫により、

北欧・フィンランドのヘルシンキにてスタートした

独特な柄の世界的ファブリックブランド。

カラフルなインテリア雑貨類を中心に、洋服まで展開。

 

 

第二次大戦後の暗い雰囲気の中、

人々が明るい雰囲気の色を求めている国のムードの中で受け入れられていき、

1960年には、ジャクリーン・ケネディがマリメッコの着てアメリカのスポーツ雑誌の表紙を飾り、

その後、世界中で話題のブランドとなっていく。

 

1974年には、ヘルシンキ取引所に上場。

1979年、創業者のアルミ・ラティアが死去。

 

 

アパレル分野では、NYコレクションに不定期参加。

その他の都市のコレクションにも参加するシーズンあり。

 

 

 

 

【集英社FLAG SHOPでのブランド説明】

マリメッコは独創的なプリントと色遣いで知られる、

フィンランドのデザインをベースにしたライフスタイルブランドです。

高品質なクロージング、バッグ・アクセサリー、テキスタイルから食器に至るまでのホームデコレーションアイテムを展開。

他に類を見ないプリント生地は、1951年の創業以来、力強くユニークなブランドのアイデンティティとなっています。

 

 

 

 

 

【公式通販リンク】

 

 

 

 

 

 

マリメッコ(marimekko)

 

 

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「マリメッコ」カテゴリ

 

 

 

 

[ブランド名由来]

mariは人(女の子)の名前。

mekkoはフィンランド語で「ドレス(dress)」。

そして、2つを合わせて「mari(マリ,マリー)のドレス」というような意味。

 

 

 

 

 

 

 

ミナペルホネンとマリメッコの違い比較

 

 

項目 mina perhonen marimekko
ブランドの由来

 

フィンランド語で

minaは「私」

perhonenは「蝶々」

 

mariは人(女の子)の名前。

mekkoはフィンランド語で

「ドレス(dress)」。

運営会社

日本代理店

株式会社ミナ

[日本代理店]

株式会社ルック

設立年度

1995年

1951年

(1949年創業)

設立国 日本  フィンランド
デザイナー 皆川明 

多数

 

*これまで

日本人デザイナー

存在

 

参加歴がある

ショー

パリコレクション 

パリコレクション

NYコレクション

東京コレクション

取扱商品

衣料

家具

etc

 

衣料

ファブリック

キッチン

バス

雑貨

 

価格帯

(衣料分野)

1-5万円くらい

 

1-5万円くらい

 

その他商品 不明

 

バッグ=

5000円から1万円くらい

 

小物類

1000円から5000円くらい

 

ファブリック=

10cmあたり700円くらい

 

WEAR投稿数

(2016)

約4500件 約1.3万件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]