[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

NY系:ブルックスブラザーズとPOLOラルフローレン (+ニューヨーカー)

 

 

 

NY系の歴史の古い紳士服系ブランド、

  • ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)・・・・・(株)ダイドーリミテッド傘下
  • ポロ・ラルフローレン(Polo Ralph Lauren)

 

そして海外ではなく日本のブランドでありながら

NYという名前が付く競合系ブランドの

  • ニューヨーカー(NEWYORKER)・・・・・(株)ダイドーリミテッド傘下

 

を含めた、上記3ブランドのターゲット、価格帯、歴史・伝統の違い比較。

 

 

[補足]

ブルックスブラザーズの日本法人と、

株式会社ニューヨーカーは同じく株式会社ダイドーリミテッドのグループ企業。

 

 

 

 

 

 

 

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)

 

 

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)とは、

日本公式サイトのブランドの歴史情報によると、

ヘンリー・サンズ・ブルックスという人が1818年に創業した

アメリカ初の既製服大量小売店(ブランド)。

 

主に30代以上が顧客層のようです。

ただし、20代もターゲットにした「Red Fleece」という

価格帯低めのカジュアルブランドも店舗内で販売あり。

 

リンカーンをはじめとしたアメリカ大統領やハリウッドスター達にも愛され、

1979年には日本にも上陸し、高品質の高級系アメリカブランドとして定着。 

 

なお、日本法人である株式会社ブルックスブラザーズジャパンは、

株式会社ニューヨーカーと同じく繊維企業の株式会社ダイドーリミテッド。

 

 

 

世間的にはやや紳士服のイメージ強めながら婦人服と子供服の取り扱いもあり、

主に全国の百貨店に出店しているほか、大都市路面店もあり。

 

 

コンセプトは

「最高品質の商品だけをつくり、取り扱うこと。

適正な利益のみを含んだ価格で販売し、こうした価値を商品に求め、

その価値を理解できる顧客とのみ取引すること」。

 

 

 

 

ブルックスブラザーズ公式サイト兼直営オンラインストア

 

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「Brooks Brothers」カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポロ・ラルフローレン(Polo Ralph Lauren)

 

 

 

「POLOラルフローレン」というブランドとは、

アメリカ発祥のNY系ブランドであるラルフローレン社の

ラルフローレンのメンズウェアの基盤となるライン

という位置づけをされているブランド(ライン)。

 

ウィメンズもあるが、メンズと比べると商品数は少ない。

 

 

具体的にはオンラインショップの商品メニューでも

「ポロシャツ&ニット」のカテゴリが一番上にあり、

商品数も豊富で、ポロシャツが中心の展開といった雰囲気の高級カジュアル系ブランド。

 

 

現在、日本での事業縮小でオンラインストアがなくなってしまったものの、

以前存在したオンラインストアを参考にすると中心価格帯は1-3万円くらいと、

ブルックスブラザーズより安めの価格設定。

 

 

店舗は全国の百貨店内が中心。

 

 

ラルフローレン日本公式サイト

 

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「Polo Ralph Lauren」カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨーカー(NEWYORKER)

 

 

「ニューヨーカー(NEWYORKER)」

という百貨店系ブランドとは、ブランド名にNYという名前が入っているものの、

海外発祥のブランドではなく、日本の株式会社ニューヨーカーによるブランド。

 

出店先は百貨店内を中心に、

マルイなどの駅ビル、イオンなどのショッピングセンター、

アウトレットモール、大都市路面店まで幅広い。

 

なお、オンラインストアを見る限りでは大人商品のみで子供商品はないようです。

 

価格帯は一部ショッピングセンターの出店もあるように、

1万円以下の商品もあり、5000円から3万円くらいが中心。

ただし、スーツ上下一式は5-10万円くらいと高額。

 

 

 

 

[歴史(公式サイト情報)]

1964年に株式会社ダイドーリミテッド(旧社名=大同毛織株式会社)が

株式会社ニューヨーカーを設立したのが発祥で

国際的な日本のビジネスマンのためのブランドとしてスタートし、国内有数の紳士服ブランドとして定着。

その後、ウィメンズ部門もスタート。

2014年に50周年。

 

 

 

 

[公式サイトでのブランド説明(NEWYORKERブランド)]

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気や

トレンドのエッセンスをプラスしたスタイル提案を行っている「NEWYORKER」。

牧場経営、織物、衣料品の製造・販売までを自社グループで行う企業、

ダイドーリミテッドの歴史とノウハウがもの作りの姿勢に活きています。

NEWYORKERは、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルに、

より一層の“上質”を追求してまいります。

 

 

 

[その他派生ブランド]

  • Sally Scott(ウィメンズ)・・・・・女性向け専門ブランド(小規模)
  • NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA(メンズ)・・・・・丸山敬太監修ブランド
  • NEWYORKER BLUE(メンズ、ウィメンズ)・・・・・ショッピングセンター向け低価格ブランド

 

 

 

 

NY.online(ニューヨーカー直営通販ストア)

 

 

 

 

実際の顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「NEWYORKER」カテゴリ

 

 

 

 

 

 

ブルックスブラザーズとPOLOラルフローレンとニューヨーカーの違い比較

 

項目 ブルックスブラザーズ POLOラルフローレン ニューヨーカー
発祥国 アメリカ アメリカ 日本
発祥年度

1818年

(1979年日本上陸)

不明 1964年

日本法人名

運営企業名

 

株式会社ブルックス

ブラザーズジャパン

 

ダイドーリミテッド

グループ企業

 
ラルフローレン(株)

(株)ニューヨーカー

 

ダイドーリミテッド

グループ企業

 

対象性別

子供服有無

 

男性(メンズ中心)

女性

子供

 

大人商品は

30代以上向け

 

男性(メンズ中心)

女性

子供

男性(メンズ中心)

女性

中心価格帯

(大人商品)

 

1-5万円くらい

 

同じグループ内の

NEWYORKER

よりも高級。

 


 

[注目]

20代も対象の

低価格ブランドも

店内で販売あり

(1-3万円)

1-3万円

 

[NEWYORKERブランド]

5000円前後から

3万円くらい

 

やや低価格

 


 

 

[注目]

別途、低価格の

SC向け業態あり

(5000円-1万円)

 

高価格帯商品

(スーツ.アウターなど)

5-20万円くらい

不明

(日本通販が

なったため)

5-10万円くらい

日本での

主な出店先

 

百貨店

△大都市路面店

△駅ビル

 

百貨店

百貨店

駅ビル

など幅広い

 

日本店舗数

(2016)

 

アウトレット

業態除く

 

約70店舗

多分100店舗前後

(多すぎるので

正確な数不明)

推定100前後

(多すぎるので

正確な数不明)

公式ツイッター

フォロワー数

(2016)

 

[本国アカウント]

約7.5万人

 

[日本アカウント]

約8000人

 

 

POLOアカウントなし

(総合アカウントの数値)

 

[本国総合アカウント]

約200万人

 

[日本アカウント]

なし

 

約800人

公式インスタ

フォロワー数

(2016)


[本国アカウント]

約16万人

 

[日本アカウント]

約6000人

 

 

 

 

[本国POLOアカウント]

約100万人

 

[日本アカウント]

なし

 

 

なし

WEAR投稿数

(2016)

約2000件 約3万件 約500件

 

[注記] 

スタートトゥデイ社のWEARというサービスは、

若い人の利用が多いため、ターゲット年齢層高いブランドのカテゴリにはあまり投稿がないケースもあり。

 

 

 

[まとめ]

店舗数的な規模は3つとも同じくらいで、全国に数えきれないほどの店舗あり。

ただし、全体的な人気としてはPOLOラルフローレンが1番のようです。