HOME > ショッピング情報TOP > テレビ通販人気類似商品の違い(競合会社同士の類似品比較) > [携帯水素水メーカー] ポケット(ショップch)とハイドロライフ(QVC)

[携帯水素水メーカー] ポケット(ショップch)とハイドロライフ(QVC)

 

 

競合テレビ通販企業から販売されている2つの持ち歩ける携帯水素水メーカー、

 

  • ポケット(ショップch)
  • ハイドロライフ(QVC)

 

の性能や特徴、価格帯などの違い比較。

 

 

 

 

 

ショップチャンネル「充電式ケータイ水素水ボトル “ポケット”」 商品番号:538143

 

 

 

ショップチャンネルで販売されている、

携帯水素水メーカー「ポケット」とは、

大型で超高額な水素水メーカーとは違い、

ある程度安く買えてどんなところでもすぐに水素水を作って飲めるという、

ポータブル型&コンパクトな水素水メーカー。

 

ボトルサイズは350ccと一般的な飲料缶と同じサイズ。

 

そしてスイッチを入れると約10分で水素水を生成してくれ、

水素水は時間の経過と共に含有量が減っていくものの、

携帯型なので、再びスイッチを入れればまた新たに水素水を作れる。

 

 

 

 

 

[ショップチャンネルでの説明文]

充電式で携帯もらくらく!

ショッピングなどの外出先や、スポーツの合間、オフィスでのご使用など、

様々なシーンで水素水を生成し飲むことができる

「ケータイ水素水ボトル“ポケット”特別セット」のご紹介です。

メーカー<(株)フラックス>のイメージキャラクターを務める、

元プロビーチバレー選手の浅尾美和さんも当商品を愛用しています。

 

 

 

 

 

充電式 ケータイ水素水ボトル “ポケット” icon

 

icon icon

 

[特別セット内容(何が特別なのか?)]

本体にプラスして、“充電バッテリー交換券”と、

「ケータイ水素水ボトル“ポケット”」用の“ボトルカバー”を組み合わせた特別セットでのご紹介。

 

 

 

 

 

 

ショップチャンネルのサイトで、いつでも、どこでも、ショッピング!

ショップチャンネルTOP

 

 

メーカー

フラックス社

 

 

 

メーカー側の公式映像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯型水素水メーカー「ハイドロライフ」

 

 

携帯型水素水メーカー「ハイドロライフ」とは、

2016年9月にQVCに初登場となるらしいポータブル水素水メーカー。

 

メーカーはドクターズフーズ株式会社という会社で、

市販ペットボトルの取り付け可能、USB充電可能など様々な付加価値のある優れもの。

 

 

 

 

[分かっている限りでの"ポケット"との違い]

  • ポケットは生成に10分かかるがこちらはたった2分
  • ポケットは市販ペットボトルを取り付けられないが、こちらは取り付けられる
  • こちらはUBS充電対応で車の中やPCで充電可能
  • こちらは明確に水以外の清涼飲料系にも対応で、水素水のお茶などを作れる

 

 

 

 

[QVCサイトでの商品説明]

たった2分で水素水が作れる「ハイドロライフ」が登場!

コンパクトサイズで市販のペットボトルも取付け可能なスグレモノ!

 

 

 

 

 QVCリンク

ドクターズフーズ ハンディー水素水生成器「ハイドロライフ」 icon

 

icon icon

 

 

 

 

 

【新発売!】水素水生成ボトル 「ハイドロライフ」

メーカーであるドクターズフーズの

楽天市場直営店での購入/口コミはこちら

 

 

 

 

QVCジャパン

 

QVCジャパン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較表

 

 

 

項目 ポケット

ハイドロライフ

販売業者

(テレビ通販にて)

ショップチャンネル QVC
メーカー (株)フラックス 

 

ドクターズフーズ(株)

 

重量

200g

(メーカーHPでは230g)

310g

 

サイズ

 

2つともトータルの

大きさは500ml

ボトルくらい

 

 

直径7.7cm

高さ18.6cm

 

直径7cm

長さ22cm

容量

350cc 350ml

 

ペットボトルの

取り付け

 

ここが違う

 

×

 

可能

 

水以外の使用

 

 

まず炭酸水はNG。

 

[清涼飲料水に関して]

水以外の飲料水を使用の場合は、

ねじが硬くなったり、

着色・においが残ることがある。

 

清涼飲料系に関しては

使えないことはない

くらいのあいまいな表記

 

 

 

メーカーHPでも

「水以外OK!」

とアピールしており、

 

■お茶

お湯

焼酎

コーヒー

 

などに対しても

使用可能。

 

水素水が

出来上がるまでの時間

10分


2分

(2倍の4分で

濃度高まる)


2倍で1200ppb以上


濃度情報

不明

 

900ppb以上

(水の場合)

 

充電時間

3時間

(フル充電で

30-40回使える)

3.5時間

(約30回使用可能)

USB充電

 

×

 

可能

(オフィスPCなど

でも充電可能)

交換商品情報

 

水素発生リング

約10年間

 

充電バッテリー

約3年間

 

 

「カートリッジ不要」

と書いてあり、

交換商品情報は

見当たりません。

 

ただし、本体自体が

何年使えるのかは不明。

 

付属品

(変動する場合あり)

2016年時点

 

 

ボトル

キャップ

ベース

パッキン×2(装着済)

ACアダプター

 

充電バッテリー交換券

(ここがポイント)

 

USBケーブル

ACアダプター

ストラップ

 

プラスチックボトル

接続部1(口径28mm用)

 

プラスチックボトル

接続部2(口径25mm用)

 

販売価格

(2016年時点)

税込5.4万円

 

[通常]

約6万円

 

タイムセールで

安いなる場合あり

 

 

値下げやタイムセールなどでいつ販売価格が変わるかわかりませんので、

最新価格はサイトにてご確認ください。

 

 

 

[まとめ]

全体的にはハイドロライフのほうが高性能である印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る