[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[セレクトショップ系低価格衣料] coenとSENSE OF PLACE

 

 

大手セレクトショップチェーンが

別の名前で全国展開している低価格衣料ブランド、

 

  • コーエン(coen)・・・・・ユナイテッドアローズ傘下
  • センス・オブ・プレイス(SENSE OF PLACE)・・・・・アーバンリサーチ傘下

 

のターゲットや規模、価格帯などの違い比較。

 

 

 

 

コーエン(coen)

 

 

「コーエン(coen)」とは、

ユナイテッドアローズ子会社の株式会社コーエンによる低価格カジュアルブランド。

 

2008年秋にスタート。

 

ブランド名の「コーエン」とは、"公園""孤と円"など、人が集まる場所という意味が込められている。

幅広い世代がターゲット。

 

主にイオンモールなどの有力ショッピングセンターに出店しており、

中心価格帯は2000円から5000円程度と、

明確に親会社の各オリジナルブランドよりも安い。

 

2016年時点に店舗数は100店舗近くまで増えており、

会社の決算資料をみてみても、とても業績好調であるようです。

 

 

 

[マガシークでのブランド説明文]

“easy chic”をコンセプトに、

エイジレスでベーシックなカジュアルスタイルをご提案するcoen。

アメリカ西海岸のrelaxした雰囲気をイメージソースに、

リーズナブルで品のあるデイリーウェアが揃います。

 

 

 

 

 

coen公式サイト

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR:coenカテゴリ

 

 

 

[各公式通販]

 

 

 

 

 

 

 

センス・オブ・プレイス(SENSE OF PLACE)とは?

 

 

 

「センス・オブ・プレイス(SENSE OF PLACE)」とは、

2013年にスタートしたアーバンリサーチ社のショッピングセンター向け低価格ブランド。

 

そして、こちらは低価格カジュアルブランドという位置づけのほか、

H&Mなどと同じく品揃えの入れ替えが激しい「ファストファッション」的な部分もあるようです。

 

 

出店先はイオンモールなどのショッピングセンター専門で、

価格帯は5000円前後(4000-6000円)とグループ内でも安い価格設定。

 

推定の対象年齢層は20代から30代くらいの大人の男女とその子供あたり。

 

 

 

SENSE OF PLACE公式サイト

 

 

 

 

公式通販リンク

 

 

 

【会社HPでのブランド・業態説明】

THE WORLD STANDARD FASHIONをコンセプトに、

一枚で着られるベーシックアイテムから、

色や柄にこだわったトレンドラインまでを、アクセスしやすい価格帯で展開。

 

 

 

【ブランド公式サイトでのブランド説明】

“THE WORLD STANDARD FASHION” 世界のトレンドを、より早くよりリーズナブルに展開する、

アーバンリサーチからの新しいファストファッションブランドの発信、

“SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH”。

クリアでシンプルな空気を意識し、 色や柄にこだわったアイテムを、シューズを含めたコーディネートで提案。

 

 

 

【実際の顧客年齢層のチェック】

WEAR「SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

coenとSENSE OF PLACEの違い比較

 

 

項目 coen SENSE OF PLACE
運営会社 (株)コーエン (株)アーバンリサーチ
スタート 2008年 2013年
位置づけ

低価格カジュアル

低価格カジュアル

ファストファッション

男女/子供区分

(オンラインストアの

品揃え参考)

メンズ

ウィメンズ

キッズ

メンズ

ウィメンズ

キッズ

主な出店先 SC SC

店舗数

(2016)

約90店舗 約40店舗

ターゲット

年齢層

幅広い世代

 

[推定]

20代・30代

くらいの大人と

その子供

 

中心価格

(オリジナル)

 

2000円から

5000円くらい

 

こちらのほうが

低価格

 

5000円前後

WEAR投稿数

(2016)

約2.5万件

約1.5万件

公式ツイッター

フォロワー数

(2016)

約1万人

約5000人

公式インスタ

フォロワー数

(2016)

約1.2万人

約2万人

 

 

[まとめ]

2016年時点では、ユナイテッドアローズグループのcoenのほうが約2倍の人気があり、

ユニクロや無印良品などと共に国民的なブランドとなってきているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]