[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

セレクトスクエア

サイト概要

 

サイト名

セレクトスクエア

 

得意ジャンル

セレクトショップ系

 

サイト概要

丸紅グループのセレクトショップ系に強い人気ファッション通販サイト。

2012年夏より高島屋傘下に。

 

会員数

時期 会員数
2012年時点 約30万人
2008年5月時点 約10万人

 

 

 

&nbnbsp;

サービス内容

 

セレクトスクエア

 

サイト評判

Yahoo知恵袋などでご確認ください。

 

送料

税込385円

(18,000円以上購入で送料無料)

 

発送スピード

通常翌日発送(最短即日発送)

※到着日時指定可能

 

 

土日発送の可否

通常、土日&祝日も発送行っている。

(年末年始やGWなどの例外時期は不明)

 

 

返品交換規定

返品可能

色・サイズ交換の場合は、返品後に再注文

 

 

会員登録

必要

(今回の利用以降、しばらく利用の予定のない場合は、取引終了後に会員登録を解除すればOK)

 

その他特徴

支払い方法 :

クレジットカード

代金引換

Yahooウォレット登録カード払い

NP後払い(コンビニなどでの後払い可能)

 

お問い合せ先

電話orメール

 

 

*送料無料になる金額など最新情報は注文前にご確認ください。

 

 

 

 

主な出店ブランド

 

セレクトスクエア

  • トゥモローランド
  • アダムエロぺ
  • アクアガール
  • BEAMS
  • コーエン(COEN)
  • クリスタルボール
  • EDIFICE(エディフィス)
  • フリークスストア
  • ジャーナルスタンダード
  • IENA
  • ナノユニバース
  • オーバーライド
  • ROPE
  • SHIPS
  • SHIPS JET BLUE
  • ユナイテッドアローズ・グリーンレーベルリラクシング
  • アーバンリサーチ

運営会社情報

 

会社名

(株)セレクトスクエア

 

概要

2001年春から、丸紅のベンチャー事業としてスタートした。
その後、数年間は思うように売上が伸びずに低迷していたが、
年商1億程度であった2004年春、現在の属健太郎社長がセレクトスクエア事業に加わり、
様々な改革を行い、事業を軌道に乗せることに成功し、
2005年3月期は、前年の5倍まで売り上げを伸ばす。

しかし、2006年に入って前年比を下回る時期がでてくるなどの不調に陥り、
以後、出店数増加戦略などを中止し、少数精鋭のブランド数でシステム面など
様々な改革を行い、この不調を乗り切り、再び大幅な業績アップに成功。

だがその後、まだまだ小さい事業であったため、丸紅内で撤退方針が
出てしまったため、MBOで丸紅から独立し、2007年夏に分社化。
属氏が社長に就任した。

その後、様々な準備のためか、大きな動きは見られなかったが、
2008年秋にサイトをリニューアル。以降、以前よりも大きな伸びを見せている。

なお、直接的なライバルであるZOZOよりも年齢層の高い、
30代前半をメインターゲットにしているようである。

中国をはじめとする、東アジアの巨大マーケットへの参入も視野に入れている。

 

★2012年6月に、高島屋が自社の通販強化のため、セレクトスクエア社の株式約2/3を取得し、

完全子会社することを発表。(サイトは閉鎖しない)

 

社長データ : 属健太郎氏

属健太郎(さっかけんたろう)さん
1973年生まれ。滋賀県近江八幡市出身
最終学歴:早稲田大学政経学部卒業

笑顔がとてもさわやかで人格の良さも感じ取れる好青年の雰囲気がある。
髪もロングで、メディア登場時の服装もとてもファッショナブルである。

1998年に大手商社の丸紅入社。
審査業務やデジタルコンテンツ事業など様々な業務を担当したのち、
かねてからのアパレル系業務に携わりたい、という願いから異動を希望し、
2004年4月にセレクトスクエア事業に配属される。

そして、以後、ライバルのZOZOの影響もあってか瀕死状態であったこの事業を
軌道に乗せ、その経営センスで大幅な事業拡大へと導く。

2007年の独立後は、もちろん社長の座についている。

経営者としての潜在能力はまだ未知数であるが、ライバルであるZOZOに対して
どう対抗していくのか、業界からも注目が集まっている。

売上高

年度 売上高
2012年3月期 約18億円
2009年3月期 15億円
2008年3月期 13億円
2007年3月期 6億円
2006年3月期 ?
2005年3月期 ?
2004年3月期 約1億円