[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[山梨名物・信玄餅] 信玄餅(by金精軒)と桔梗信玄餅(by桔梗屋)

このページについて

 

 

山梨名物として知られるものの作っている業者が複数ある「信玄餅」の業者、

  • 桔梗信玄餅(by桔梗屋)
  • 信玄餅(by金精軒)

の歴史や人気・会社規模、味評判などの違い比較。

 

 

[注記]

信玄餅の歴史に関しては複雑な部分があるため、一部正確ではない情報が紛れている可能性があります。

ですので、正確なことを知りたい場合は他の情報を併せて確認したり、メーカー側に気になる点を直接問い合わせてみてください。

 

重要:信玄餅という語句について

 

 

山梨県内には、「信玄餅」と名が付く、ほとんど同じものを製造・販売する業者が複数あり。

 

なので「信玄餅」という語句だけでいうと、

例えは仙台名物の「牛タン」、

秋田名物「きりたんぽ」のように特定の作り方をした

「商品/料理自体のジャンル名(料理名)」という意味合いも半分あり。

 

ただし、以下の信玄餅(by金精軒)と桔梗信玄餅(by桔梗屋)の歴史に関しては、

非公式情報ながら色々と複雑な歴史があるようなので、詳しいことは他のメディアにてご確認ください。

 

なお、今のところ、金精軒と桔梗屋意外にて「信玄餅」を名がつく餅菓子を販売している業者は見当たらず。

そして、2社のいずれかが商標権を持っていて「信玄餅」という商品を作れないのか、

もしくは、つけいる隙がないため、他に単純に製造業者がいないだけなのか、そのあたりは複雑なのでよくわかりません。

 

 

 

 

金精軒の「信玄餅」とは?

 

 

「信玄餅」とは、複数の製造業者があるという意味では、

商品ジャンル的な意味合いも少なからずあるものの、

Yahoo辞書にて「信玄餅」と検索すると、

「山梨県、金精軒が製造・販売する銘菓」

と書かれているため、この表現だけを参考にすると、こちらが本家ということに。

 

Yahoo辞書にて名指しされているのはこちらで間違いなし。

金精軒公式サイト

 

 

ただし、別の非公式情報ではこちらのほうが桔梗屋の商品よりあとに出来た説など

色々な説があるため、 発祥に関する詳しいことは不明。

 

 

一つ言えることは、桔梗屋が作る信玄餅と基本的に同じであるものの、

会社の規模では金精軒運営の金精軒製菓株式会社の年商は桔梗屋の1/10程度で、

店の数も少なく、全国的にも現地でもかなり知名度が低く、忘れられているような存在であるようです。

 

 

ただし、「信玄餅」に関しては色々な賞を受賞しているので、味はおいしいこと間違いなし。

(桔梗屋のほうとどちらのほうがおいしいかはわかりません)

 

 

 

[HPでの信玄餅の商品説明]

国産餅米粉は品質が大変優れています。

その味と風味を生かすために通称 「求肥(ぎゅうひ)」と言われる日持ち加工をぎりぎりまで抑え、

餅米の配合比率に着目しています。そのため鮮度が生命です。

やっぱり搗き立てのお餅は格段においしいですよね。

ごまかしのきかないお米のおいしさ。それが金精軒の信玄餅です。

 

信玄餅の原料は、砂糖・餅米粉・黒蜜・きな粉・水飴。 どれも品質にこだわって厳選した素材だけでつくりあげます。

金精軒の信玄餅は味と品質にこだわり続けます。

 

 

 

 

 

[主な賞受賞歴]

  • 第18回全国菓子博覧会「有効金賞」受賞
  • 第19回全国菓子博覧会「審査総長賞」受賞

 

 

 

[派生商品]

  • 生信玄餅・・・・・砂糖を少なくすることにより、生感を重視したもの(ただし消費期限は短い)

 

 

 

 

 

 

 

桔梗屋の「桔梗信玄餅」とは?

 

 

「桔梗信玄餅」とは、

山梨県甲府市に隣接する笛吹市に本社がある、

「信玄餅」の代名詞的な企業である株式会社桔梗屋による店、

「桔梗屋」で販売されている個別商品名のこと。

 

Yahoo辞書では

「信玄餅」=金精軒が製造・販売する銘菓

と書かれているものの、全国的にはこちらの会社が圧倒的に有名で会社の規模も大きく、

信玄餅=桔梗屋の信玄餅

というような扱いをされている傾向もかなりあり。

(ただし、他にも信玄餅を作る業者がある以上、信玄餅は商品ジャンル名という反面も出てくるため、

"信玄餅=桔梗屋の信玄餅"というわけではない)

 

 

 

そして、どんな商品かというと

餅の材料は

  • 餅粉・・・・・もち米から作った粉
  • 砂糖
  • 水あめ

という3つを使用しており、

水あめを使用しているため普通の餅と違う独特な食感であることと、

赤福のようにすぐに消費期限が来てしまう餅菓子と違って日持ちが良いことが特徴。

(求肥系餅菓子であるものの、正確には求肥ではないという説もあり、

"求肥"の正確な定義はいまいちわからないため、求肥餅であるのかは、はっきりせず)

 

そして、一つ一つに

  • きなこ
  • 黒蜜

が添えられているので、それをプラスして食べる形。

 

 

水あめ入りの求肥系餅で日持ちが良いため、

山梨に来た観光客のお土産の代名詞的存在でもあるようです。

 

 

 

[オンラインショップでの商品説明]

『手づくりの味』を大切に守り続けてきた桔梗信玄餅。

餅づくりはもちろん、黒蜜もとろりとした独特のコクと風味、味わいがあり、一味違った舌触りは桔梗屋ならではのものです。

開発当初から変わらない風呂敷は女性の手によって一つ一つ心を込めて結ばれています。

 

 

 

 

桔梗屋公式サイト

 

 

 

 

株式会社桔梗屋と金精軒製菓株式会社の違い比較

 

 

 

項目 株式会社桔梗屋 金精軒製菓株式会社
創業・設立

明治22年創業。

昭和28年株式会社化

明治35年創業

1974年株式会社化

本社所在地

山梨県笛吹市

 

*甲府の東に位置。

甲府盆地の市町村

 

山梨県北杜市

 

*長野との県境にある

八ヶ岳地方の市町村

 

会社の年商

 

[グループ全体]

80億円

(2015年)

 

こちらのほうが

10倍以上の規模

 

7億円

(2014年)

店舗網

山梨県内に

たくさん店舗あり

北杜市に本店。

その他、店舗数は少数

信玄餅の

商品名

桔梗信玄餅 信玄餅

通常の信玄餅の

賞味期限

(2016年時点)

12日

 

11日

 

もち米の配合比率にこだわりがあり

お餅感にこだわっているため、

桔梗屋より少しだけ賞味期限短い

 

派生商品

 

桔梗信玄餅アイス

桔梗信玄生プリン

桔梗信玄ゼリー

桔梗信玄餅生ロール

桔梗信玄飴

 

こちらは

派生商品多数

 

 

生信玄餅(消費期限短い版)

 

*HPによると、

砂糖の量を半分にしているため、

消費期限3日と短い。

 

 その他の販売商品

 

きんつば

最中

団十郎十八番

どら焼き

ほうとうチップス

甲斐の月

黒蜜カステラ

信玄軍配

 

全体的にも多品種

 

 

 

どら焼き

あんどうふビュール

大吟醸粕てら(カステラ)

 

全体的にはこちらのほうが

信玄餅に特化している印象

 

主な賞受賞歴

2012年・2013年・2014年

モンドセレクション金賞受賞

第18回全国菓子博覧会「有効金賞」受賞

第19回全国菓子博覧会「審査総長賞」受賞

直営通販 あり  あり

 

 

 

 

[まとめ]

例えばギフトで贈る場合は、ブランド力なら明確に桔梗屋のほうが上。

 

ただし、金精軒のほうも色々な賞を受賞しているほか、

桔梗信玄餅より賞味期限が1日短い分だけ、お餅感が強いようですので個人的に食べたことない場合は一度購入して食べ比べてみる価値あり。

 

 

 

 

楽天市場での検索結果

楽天市場「信玄餅」の検索結果

桔梗屋のほうは高島屋オンラインストアの楽天市場支店など、様々なお店にて取り扱いあり。