[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

靴下専門・特化系ブランド大手競合比較

 

 

靴下専門・特化系ブランド大手である、

 

  • 靴下屋(タビオ株式会社)
  • Tabio(タビオ株式会社)
  • copo(株式会社コポ)
  • tutuanna(株式会社チュチュアンナ)・・・・・こちらは専門ではない

 

のターゲット、価格帯、コンセプト、店舗数などの違い比較。

 

 

 

 

 

 

「靴下屋」とは? - タビオ社の主力業態

 

 

「靴下屋」とは、

東京証券取引所上場企業である靴下系企業であるタビオ株式会社の主力業態。

正式な店舗名は「靴下屋 Produced by Tabio」で、店舗看板にはこのように表記されているようです。

 

元々は女性商品専門店として1984年にスタートしたものの、

現在では一部店舗にてメンズ商品やキッズ・ベビー商品もあるそうです。

 

 

全国に数えきれないほどたくさん出店しており、

イオンモールなどのショッピンセンターや、

ルミネ、パルコなどの駅ビル(ファッションビル)が主な出店先。

一部、大都市路面店もあり。

 

 

オンラインショップによると、

靴下単価は500円くらいから3000円前後の高額品まで値段様々。

 

 

 

[会社HPでの靴下屋ブランドコンセプト]

あなたが、無意識のうちに「今日も、履きたい」と思う。そんな履き心地のいい靴下を。

履き心地にこだわり、繊細な日本人が納得できるのは、

日本の繊細な技術でつくられた靴下ではないでしょうか。

履き心地にこだわり抜いて一足ずつ丁寧に作り上げられた靴下は、

すべての人の足にぴったりと寄り添い、まるで「第二の皮膚」のように

靴下を履いていることを忘れてしまうような感覚を感じていただけます。

日本最高品質を、あなたの足にも。

 

 

 

[会社HPでの靴下屋店舗案内]

ベーシックからトレンドまで多彩なソックスがバラエティ豊かに揃うお店。

これまでレディースソックス専門店として展開してきた「靴下屋」ですが、

一部店舗ではメンズソックスや、キッズ・ベビーなど幅広いアイテムを取り揃えた店舗も。

ファッション性、履き心地に優れたラインナップで、

足元から少し幸せな気分になってもえる事を体感していただけます。

 

 

 

[ヤフーファイナンスでの会社情報(2016)]

靴下やタイツなどの専門店「靴下屋」を直営とFCで展開。

店頭連動の生産システムに強み>

 

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR「靴下屋」カテゴリ

 

 

 

オンラインショップ

楽天市場Tabio

楽天市場Tabio:靴下屋商品カテゴリ

こちらはTabio商品ながら「靴下屋」ブランド品も取り扱いあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

Tabio(タビオ)とは? - タビオ社のもう一つの主力業態(百貨店向け)

 

 

「Tabio(タビオ)」とは、

全世界のマーケットをターゲットにしたプレミアムブランドとして誕生したという、

靴下系企業のタビオ株式会社の社名と同じ店名のもう一つの主力業態。

 

会社の歴史ページによると、

2002年に日本ではなくロンドンにて1号店がオープンしたことが始まりであるようです。

 

なお、同社のメイン業態「靴下屋」店舗数と直接比べると店舗数は少数。

出店先は駅ビルやSCに出店する「靴下屋」とは違って、全国各地の老舗百貨店に出店。

 

会社HPによと、派手さを抑えた色展開などが特徴のようで、

ターゲットは働く大人の女性層。

 

 

 

 

[会社HPでのtabioブランドコンセプト]

全世界のマーケットをターゲットにしたプレミアムブランドとして生まれたのが『Tabio』です。

設立当初からの想いである「手作り感覚」にこだわった伝統的な職人技と

「五感で感じるものづくり」を基本に昔、足袋から靴下へ進化した様に、

今私たちは新たな靴下のビジョンを創造し、更なる進化への道を歩みだそうとしています。

 

現在、我が国を通して世界を見る限り、靴下についての意識はまだまだ低く、

ファッションの1つとして気を配っている人は少数しかいないでしょう。

タビオは英国ロンドンを皮切りに、今までの靴下が持っていた

消耗品という固定概念を打ち破る衝撃と誇りを持って、

世界中の人々に本当の靴下のすばらしさや楽しさをお届けします。

 

 

 

 

[会社HPでのTabio店舗案内]

派手さをおさえた魅力的なカラーラインナップ、飽きのこない素材、今を感じさせるデザインモチーフ。

そして、女性の足元をエレガントに表現するタイツや

オフタイムをより楽しむためのルームアイテムなど、 働く大人の女性を演出するラインナップを取り揃えたお店です。

 

 

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR「Tabio」カテゴリ

 

 

 

オンラインショップ

楽天市場Tabio

楽天市場Tabio:Tabio商品カテゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コポ(copo)とは?

 

 

 

「コポ(copo)」とは、

大阪に本社がある株式会社コポによる靴下専門店チェーン。

 

本拠地の大阪を中心に、全国の駅前商店街において、

小さなビルの1Fを借りる形で路面店を出店している形が基本のようです。

そして、店舗以外にオンラインショップもあり。

 

自社オリジナル商品はかなり低価格。

 

 

 

[会社HPでのcopo業態説明]

『明るい、楽しい、暖かい』をコンセプトに、

子供からお年寄りまで幅広いお客様に楽しんで頂ける 地域密着型の靴下専門店です。

品質の良い商品を驚きの価格で提供し、

日常のさりげないカジュアルスタイルを提案しているので、旬のおしゃれを低価格でお楽しみ下さい。

 

 

直営通販

copo楽天市場店

 

 

 

 

 

コポ(copo)公式サイト

 

 

 

 

 

 

チュチュアンナ(tutuanna)とは?

 

 

「チュチュアンナ(tutuanna)」とは、

靴下専門ではなくインナーウェアなども扱うブランドではあるものの、

女性靴下/レッグウェアとしてとても有名なブランドで、

国内の女性ソックス系ブランドでは最もメジャーであるようです。

 

店舗は主に全国のイオンモールなどにショッピングセンター内にあり。

 

価格帯は300円台から1000円くらいで、

オンラインショップを見る限り、かなり「378円」の格安ソックスが大量にあり。

 

 

 

[会社HPでのtutuannaブランド紹介]

日本中にチュチュアンナのカワイイを。

小売事業において当社が目標とするのは、

女性のカワイくいたい気持ちに寄り添いながら、毎日のオシャレのお役に立つことです。

トレンド・品質・価格、店鋪の雰囲気、そして接客・サービスのあらゆる面で

お客様に感動をお届けできるよう工夫を凝らしています。

チュチュアンナに行けばいつも、今欲しいもの、オシャレでカワイイものに出会える、

明日の私が楽しみになる、そう言っていただけることを最高の歓びに、

1歩先のカワイイとぬくもりある店づくりを追求しています。

 

 

 

チュチュアンナ(tutuanna)公式サイト

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR「チュチュアンナ(tutuanna)」カテゴリ

 

 

 

 

 

各業態の違い比較

 

項目 靴下屋 Tabio copo

tutuanna

(靴下専門ではない)

運営会社 タビオ(株) タビオ(株) (株)コポ (株)チュチュアンナ

対象性別

・年齢層など

 

主に女性

 

*一部店舗では

メンズ,

キッズ,

ベビーあり。

 

女性

(働いている

大人の女性層)

子供から

お年寄りまで

女性

靴下単価

(自社製品)

 

500円くらいから

3000円前後まで

 

500円から

1500円くらい

300円から

1000円くらい

 

300円から

1000円くらい

 

*378円商品が

中心のようです

 

出店先

 

駅ビル

SC

路面店

 

百貨店

全国の

駅前商店街

(ビル1F)

SC中心
店舗数

233店舗

(2016/07)

53店舗

(2016/07)

約60店舗

(2016)

218店舗

(2014/07)

WEAR

投稿数

(2016)

 

約5万件

 

靴下系最上位。

全体的にも

TOP50圏内。

 

約3500件

カテゴリ

なし

約2.5万件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]