[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

東京観光バス:はとバスとスカイバス

 

 

東京観光バスとして有名な、

  • はとバス
  • スカイバス

の廻るコースや人気、歴史などの違い比較。

 

 

[注記]

外国人観光客向けのツアー情報は除外しています。

 

 

 

 

はとバス

 

 

 

「はとバス」とは、

古くから東京観光バスの代名詞として日本一有名な東京観光バス。

黄色い色のバスで有名。

 

1948年に会社が設立され、1950年代から早速東京の観光バスとしての地位を確立。

その後、事業を拡大し、現在では日帰りツアーの企画からホテル運営まで幅広く手掛ける。

 

 

国内客に向けては

  • 東京・横浜観光バス・・・・・都心の様々な観光スポットを周遊。空席あれば当日乗車も可能
  • 日帰りツアー・・・・・東京都心から関東各地の観光地への日帰りツアー
  • 宿泊ツアー・・・・・東北から近畿地方にかけての宿泊バスツアー

の3つの事業を行っており、

都内観光バスに関しては、東京伝統の下町から話題の最新スポットまで様々な場所を巡ることが可能。

 

 

申し込みは基本的に、オンライン予約orはとバス予約センターに電話で事前申し込みする形で、

支払いはカードや各種振り込みにて。

 

オンラインでは空席状況も確認可能。

 

 

 

 

はとバス

 

 

 

 

 

スカイバス

 

 

 

「スカイバス」とは、

日の丸自動車興業(株)の運営する東京観光バスの名前(登録商標)。

 

こちらははとバスのような日帰り/宿泊ツアーはなくて東京(横浜込み)観光バス事業専門で、

以下の3事業を行っており、オープンバス中心であることが特徴であるようです。

 

 

SKY HOP BUS

 

予約受付はなく、停留所で当日券買うタイプ。

1日券にて全コース乗り降り自由の観光バス。

都心を常に走る。

 

バスは屋根なしのオープン型が基本で、

雨の日でも安心な屋根開閉式タイプと冷暖房完備の屋根付きもあり。

 

1日券は大人3500円、子供1700円。

 

 

SKY BUS TOKYO

 

 

途中下車なしの車窓観光。

短い時間で効率よく東京を満喫

 

 

SKY DUCK

 

 

水陸両用バスで、バスごと川/汽水域に入る区間もある、

遊園地のアトラクション的な部分もある特殊バス。

 

 

*予約必要なスカイバスとスカイダックは1か月前から予約可能。

 

 

 

 

スカイバス

 

 

水陸両用バス スカイダック スカイホップバス公式映像

 

 

 

 

 

 

はとバスとスカイバスの違い比較

 

 

項目 はとバス スカイバス
運営会社 (株)はとバス 日の丸自動車興業(株)
会社設立 1948年 1963年

資本金 

約4億円 1億円
売上高

161億円

*2016年6月現在

非公開

従業員数

約1000人

(2016年)

約300人

(2009年)

事業地域

 

東京(横浜込)

関東

東北から近畿

 

東京(横浜込)

2階建て

オープンバス

 

あり。

(割合は不明)

 

ただし、基本的には

あの有名な黄色い

屋根付きバスが

基本のようです

 

あり

(この形が基本)

 

*オープンバスに乗った場合は

レインコート配布あり

当日売り

東京観光に関しては

空席あれば当日券あり

(基本的には予約制)

 

SKY HOP BUS

に関しては予約制度なく

当日バス停で1日券買うシステム

 

公式ツイッター

フォロワー数

(2017)

約2万人 500人以下

 

 

[まとめ]

全国的に人気が高くて会社規模大きいのは明確に、はとバス。

 

ただし、事業内容には大きな差があり、

路線バスに近い事業も行うスカイバスに対して、はとバスは完全な観光バス事業会社の印象。

 

基本的な使用バスのタイプにも違いがあるので要確認。