[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[多摩市2大エリア] 聖蹟桜ヶ丘(耳をすませば関連駅)と多摩センター(平成狸合戦ぽんぽこ関連駅・エリア)

 

 

1990年代のスタジオジブリの作品に深いゆかりがあることで知られ、

駅周辺の商業施設も多い東京都多摩市の2大駅、

  • 聖蹟桜ヶ丘駅(京王線)
  • 多摩センター駅(京王線その他)

の駅周辺の商業施設の数(駅の規模)や人気、行き方、映画関連スポットの近さ・多さなどの比較。

 

 

 

 

 

聖蹟桜ヶ丘駅 - 映画 「耳をすませば」の舞台の駅

 

 

聖蹟桜ヶ丘駅とは、

新宿(東京都心)と東京郊外の八王子を結ぶ、京王電鉄京王線の八王子寄りの位置にある駅。

多摩市内においては北部に位置。

 

そして、多数の鉄道会社の駅が集結・交差するような駅ではないものの、

京王百貨店やファッションビルOPAの支店など、多数の商業施設が集まるほか、

1995年公開のスタジオジブリ映画「耳をすませば」の舞台となっている駅として有名なため、

京王線沿線の駅の中でも最も人気のあるエリアの一つも言われているエリア。

 

そして、乗り換え案内で調べたところ、新宿からは約30分という近さ。

 

テレビでの特集(アド街っく天国)では、

街側も「耳をすませばの街」であることをかなり積極的にアピールしていることがわかっていて、

googleストリートビューでみていても、駅南部には、映画に出てくる坂や道がそのままで出来る場所、

バロンが置いてあった「地球屋」がある住宅街などが実際にあり。

 

実際に「地球屋」のもとになった、直接的な店はないものの、

元になったとされる場所付近にはカフェもあるほか、周囲には公園が多数あるので、

地方からこの駅に来た場合は、駅周りでお買い物をしたり、

映画関連スポットを廻ったり、形式の良い場所でお昼ごはんを食べたりして、半日は楽しめそうな立地。

 

 

 

 

【主な商業施設】

京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店

OPA聖蹟桜ヶ丘店

 

 

 

[その他有名スポット]

  • 駅南部には映画「耳をすませば」に登場した様々な場所
  • 駅北側には多摩川
  • 南東部には桜が丘公園など緑あふれるエリア
  • 原峰公園

 

 

 

 

 

 

多摩センター駅(京王多摩センター駅)

 

 

 

「多摩センター駅(京王多摩センター駅)」とは、

多摩市南部に存在する、いくつの鉄道会社の駅が混在する、大型の駅。

 

  • 京王多摩センター駅・・・・・新宿と相模原を結ぶ
  • 小田急多摩センター駅・・・・・小田急小田原線から派生した小田急多摩線の駅
  • 多摩モノレール多摩センター駅・・・・・立川通過

 

というように3つの会社の駅が集まっていて、

新宿から京王線でこちらも聖蹟桜ヶ丘同様に約30分、立川からはモノレール利用で約20分。

 

そして、やや大型の駅のため、立川駅ほどではないものの、

駅南部にはイトーヨーカドーをはじめとして、多数の商業施設があり、

駅の規模・お買い物スポットとしては聖蹟桜ヶ丘よりも上。

 

サンリオピューロランド直結駅であることや、

駅南部のクリスマス時期の大規模イルミネーションでも有名な駅。

 

また、こちらは「耳をすませばと聖蹟桜ヶ丘駅」の密接な関係ほどではないものの、

1994年公開のスタジオジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台となったエリアの一部となっていて、

駅北部には高畑勲監督が訪れて実際にモデルにしたことで知られ、

BSの特番でもロケが行われたりしたことがある、

「龍生寺阿弥陀堂」

という小さな神社のようなものがあるほか、

緑あふれるその付近には実際に今でも狸が生息しているといわれ、

こちらも聖蹟桜が丘駅ほどではないものの、映画ファンの間で聖地巡礼として人気のようです。

 

 

 

 

【主な商業施設(お買い物施設)】

  • イトーヨーカドー
  • クロスガーデン多摩
  • △多摩センター三越・・・・・2017年3月閉店
  • その他中小商業施設多数

 

 

[その他有名スポット]

  • サンリオピューロランド
  • パルテノン大通り
  • クリスマス時期のイルミネーション(パルテノン大通りにて)
  • 多摩中央公園
  • 映画「平成狸合戦ぽんぽこ」関連スポット

 

 


 

 

「龍生寺阿弥陀堂」の場所・映画との関係とは?

googleマップによると「東京都八王子市堀之内」というところ。

マップで「龍生寺阿弥陀堂」と入力するとすぐにみつかり、近くをストリートビューで見ることも可能。

こちらは狸たちが会議をするときに集まった神社のような場所のモデルとなっていることが

公式的に判明していて、高畑監督はここを訪れ、色々なことを参考にしたそうです。

(BS日テレでのジブリスポット巡り特番情報より)

 

 

 

 

 

 

聖蹟桜ヶ丘駅 vs 多摩センター駅の比較

 

項目 聖蹟桜ヶ丘駅

多摩センター駅

(京王多摩センター駅)

立地 多摩市北部  多摩市南部 
新宿からの時間

約30分

(京王線)

約30分

(京王相模原線)

連結駅 なし 小田急多摩センター駅

多摩モノレール多摩センター駅

駅付近の

商業施設/

大型施設

京王百貨店

OPA

その他中小施設

 

イトーヨーカドー

クロスガーデン多摩

サンリオピューロランド

その他、中規模施設色々

 

駅の規模

中規模

大規模

ゆかりがある

ジブリ映画

耳をすませば 平成狸合戦ぽんぽこ

周囲の映画

関連スポット

駅から近いところに

多数あり 

 

直接的なモデルとなった

ところはそんなにないといわれ、

関連スポットは駅から遠め

 

 

 

 

[この街に引っ越してきて、どちらがお買い物エリアとしてベターか迷っている場合]

街の規模としては多摩センター駅のほうが明確に大きいので、

お買い物スポットとしては、多摩センターのほうがベター。

 

 

 

 

[ジブリ系観光でどちらの駅に行ったらいいか迷っている場合(両映画とも好きとして)]

直接的に映画と関連するところをたくさん廻りたい場合は、

映画と直接的に関係がある聖蹟桜ヶ丘駅のほうが、そんなに駅から離れることなく色々と廻ることが可能。

なので、東京に来たけど時間があまり時間がない場合は、聖蹟桜ヶ丘駅のほうがベター。

 

一方で多摩センター駅は駅自体は映画と直接的な関係はなく、

狸たちが集まる場所のモデルとなった場所もやや遠いので、時間をたくさん取らないと厳しい立地。

ただし、googleストリートビューでみていても、聖蹟桜ヶ丘駅周辺よりも明確に田舎で、

周囲には実際に狸が生息していそうな低い山や林があり、周囲全体が映画の雰囲気そのままといった感じ。

 

 

2つの駅の距離は直線距離でいうと4km程度なので、

1日まるごと時間をかけたりバスを利用したりすれば、

この辺りにやってきて、両方の映画の関連スポットを色々と廻ることが可能と思われます。