[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

番手とは?

 

簡単な一行説明=

紡いで作った糸(綿糸、麻糸、毛糸あたり)の太さを表す単位。特定の重さになる糸の距離をもとに計算する。

 

 


 

詳しい説明

 

「番手」とは"ばんて"と読み、英語でいうと"yarn count"。

 

綿糸、麻糸、毛糸といった紡績糸(短繊維)の太さを表す単位のこと。

一定の重さに対して長さがどれくらいになるかで、糸の太さを表す「恒重式」が使用される。

 

 

例えば、綿糸でいうと「測りで測って1ポンド(約453g)になるための長さ」

が840ヤード(約768m)となる際の糸の太さが「一番手」。

2倍の長さが必要になる糸の太さが「二番手」、3倍の長さが「三番手」となっていく。

 

上記の通り、値が大きくなることは糸が細くなっていくことを表す。

 

 

 

[基礎知識:紡績糸とフィラメント糸]

紡績糸とは、綿、麻など1本では短い繊維のため、

束ねて紡がないと長い糸にならない繊維(短繊維)を紡いで作った糸のこと。

短い糸を束ねてひねって作っているため、拡大すると綱のように粗い雰囲気の糸の表面になる。

逆に、絹など1本でも長い糸になる繊維(長繊維)から作った滑らかな表面の糸のことをフィラメント糸という。

 

 

 

 

【計算方法(ポンドを元にしたもの)】

 

1ポンド(pound)= 約453グラム(約0.45キログラム)

1ヤード(yard)= 0.9144メートル(約91.5センチメートル)

 

 

方式

この方式が

採用される糸

計算方法

綿番手

綿糸

絹紡糸

など

 

■重さ1ポンドになるための糸の長さが

840ヤード(約768m)となる糸の太さが「一番手」。

 

 

[応用]

測りで糸の重さを測った時に、重さ1ポンド(453g)になるためには、

2倍の1680ヤードの糸の長さが必要になる糸の太さが「二番手」。

 

重さ1ポンド(453g)にするには

8400ヤード(約7680m)必要になる太さが「10番手」。

 

重さ1ポンド(453g)にするには

 

84000ヤード(約76キロメートル)必要になる太さが「100番手」。

 

 


 

 

【直接的な太さは?】

例えば、目安として30番手の綿100%糸の太さを定規で計測してみると、

直接的な太さとしては0.4から0.5センチ(4から5ミリ)程度。

 

 

麻番手 麻糸 

 

■重さ1ポンドになるための糸の長さが

300ヤード(約274m)となる糸の太さが「一番手」。

 

 

[応用]

測りで糸の重さを測った時に、重さ1ポンド(453g)になるためには、

600ヤード(約548m)の糸の長さが必要になる糸の太さが「二番手」。

 

重さ1ポンド(453g)にするには

3000ヤード(2743m)かかる太さが「10番手」といった感じ。

 

  

重さ1ポンド(453g)にするには

30000ヤード(約27キロメートル)かかる太さが「100番手」といった感じ。

 

 

*絹紡糸= くず繭(まゆ)などから作った紡績糸のこと。

 

 

 

 

【計算方法(グラムを元にしたもの)】

 

 

方式

この方式が

採用される糸

計算方法

毛番手

 

(別名=メートル番手)

毛糸

など

 

■重さ1kg=長さ1kmの太さが一番手。

 

[応用]

重さ1kgになる長さが2kmだと二番手。

重さ1kgになる長さが10kmだと十番手。

重さ1kgになる長さが100kmだと100番手。

 

 

 

 

 

[参考になる外部ページ]

 

丸昌産業 番手自動計算

http://www.marusyosangyo.jp/kawariito/knit/calculate.htm

 

ワイシャツ通販「ozie」 糸の番手の太さがわかる図があるページ

http://www.ozie.co.jp/base/material.htm

 

 

 

 

*実際の各番手の太さが知りたい場合は、楽天などのモールで

「糸 ●●番手」で検索するとおおまかな傾向がわかります。

 

 

 

 

細番手と太番手

 

 

  • 太番手= 名前の通り番手の数字が若い、太めの素材(糸)のこと。使用すると目が粗い生地ができる
  • 細番手= 名前の通り番手の数字が大きい、細めの素材(糸)のこと

 

 

デニールとの意味の違い

 

同じく糸の太さに関する用語と知られるのが「デニール」。

 

こちらは絹糸などのフィラメント糸(長繊維)に対して用いられる単位。

番手とは逆に、値が大きくなることは、糸が太くなることを意味する。