[FASHION-GUIDE(Since 2008)]

 
[20年4月新設] 在宅中に楽しく読める服飾系トリビア

[20年3月新設] 年度別服飾史(在宅中に楽しく学習可)

 

[日本人女性社長/デザイナー系] コムデギャルソンとアンテプリマとsacai

 
日本人の女性がデザイナー・もしくは社長として指揮を執り、
ビジネス面でも世界的に高い評価を受けている3つのブランドの比較。
 
 

コムデギャルソン(COMME des GARCONS)とは?

 

 

「コムデギャルソン(COMME des GARCONS)」とは、

メディアには活字インタビューは除いて一切出ることがないことと、

世界的にも相当優秀なビジネスマン(ウーマン)であることで有名で

世界的なデザイナーの中でも最も高いビジネスセンスを持っている一人とも言われている

日本人女性デザイナー・社長の川久保玲さんによるブランド。

 

1981年に山本耀司のヨウジヤマモトと共にパリコレに参加し始め、

黒を中心とした作風は、当初は"ボロルック"などと酷評されるものの、

次第に高い評価を受けるようになり、1990年代以降は世界を代表するブランドの一つとなり、

たくさんのデザイナー・アーティストに影響を与える。

 

また、パリコレのショーは日本人モデルが出演したことはほとんどなしと言われる。

 

なお、大体のブランドは高額ながら、

「PLAYコムデギャルソン」というTシャツなどをはじめとしたキャラクター系ブランドは低価格のようです。

 

 

 


 
 

アンテプリマ(ANTEPRIMA)とは?

 

 

アンテプリマ(ANTEPRIMA)とは、

コムデギャルソンの川久保玲氏と並んで極めて高いビジネスセンスを持っていると言われる

日本人女性デザイナー(ディレクター)の荻野いづみさんが

ブランドの指揮をとっている、日本系ブランドで唯一ミラコレ(ウィメンズ)に継続的に長く参加している、

プラダグループ発祥の世界的なウィメンズブランド。

 

なお、こちらはミラノコレクションにて衣料を発表しているもののバッグ中心のブランド。

特にワイヤー入りの「ワイヤーバッグ」という商品が定番。

 

直営店や売り場は日本国中の百貨店にたくさんあり。

会社サイトによるとメンズはなくウィメンズのみながら年商約50億円(2015年4月期)。

 

 

 

 

ディレクター : 荻野いづみ(おぎのいづみ)

東京都出身。

結婚を機に、夫(荻野正明氏)のファッション関係の仕事を手伝いはじめる形で

ファッション業界に足を踏み入れる。

 

1993年にプラダの妹ブランドとしてバッグ&靴を中心に誕生したが、

同年にプラダグループがもう一つの妹ブランドとして「ミュウミュウ」をスタートしたため、

プラダグループから独立することに。

 

そんな中、当時日本などでプラダ事業のスタッフをしていた荻野氏に白羽の矢が立ち、

デザイナー(クリエイティブディレクター)に就任。

 

荻野氏の経営センスでブランドは着実に成長し、 1998年にはミラノコレクションにデビュー。

 

 

 

ANTEPRIMA公式サイト

 

 


 
 

「サカイ(sacai)」とは?

 

 

「サカイ(sacai)」とは、

コムデギャルソン出身の女性デザイナー・阿部千登勢さんが、

出産を経て1999年にスタートした日本のブランド。

 

2011年頃からパリコレ(レディース部門)に参加。

2015年頃からはパリコレのメンズ部門にも進出。

 

そして、この阿部千登勢さんも、もともと川久保玲さんのもとで働き、

色々なことを覚えてきたためか、川久保氏・荻野氏と共にかなり高いビジネスセンスを持っている模様で、

ニュースによると2015年4月期にブランド(会社)の年商が

100億円を突破したことが大きく報道される。

 

なお、ニュースによると、100億円突破する2015年時点では

どこかの大きな投資元のバックアップは何もなく、

もともとは小さな企業が完全に自力で100億円まで到達した感じであるそうです。

 

 

パリコレのショーには

ギャラが世界最高ランクの世界中のスーパーモデルが毎シーズンたくさん出演し、

ショーの注目度もパリコレ最高ランクの一つまで上昇中。

 

日本の芸能人達の間でも人気が高いことが有名。

 

 


 

各社/各ブランドの違い比較

 

 

項目 コムデギャルソン アンテプリマ sacai

創業者

川久保玲

荻野いづみ

阿部千登勢

ブランド設立

1970年前後

(正確な年未確定)

1993年

1999年

対象(部門)

メンズ

ウィメンズ

ウィメンズのみ

メンズ

ウィメンズ

参加コレクション

 

パリコレクション

(男女両部門)

 

ミラノコレクション

(ウィメンズ部門)

パリコレクション

(男女両部門)

海外コレクション

への進出

1981年 1998年 2010年頃

海外ショーでの

モデル起用傾向

何らかの方針により

有名なモデルは

基本的に0の状態で

知らないモデルばかり

シーズンによっては

世界最高ランクの

スーパーモデル多数起用

 

毎回、

ギャラ最高ランクの

スーパーモデルが

たくさん出演

 

パリコレショーの

日本人モデル出演

ほとんどなし

(優遇されない)

 

基本的に

毎シーズン起用。

しかもファーストなど

重要な場面にて

良く起用される

 

ほとんどなし

(優遇されない)

キー商品

様々なラインにおける

黒地系の各商品

 

ワイヤーバッグ

 

*このブランドは

バッグブランド寄り

 

ニット商品
会社年商

推定100億円から

200億円くらい

 

約50億円

(2015年4月期)

 

ニュースによると

2015年4月期

100億円突破

店舗数

 

国内約200店舗

(2015年時点)

 

*その他、

全国のセレクトショップ

 

100店舗以上

(路面店と百貨店)

 

*ただし会社スタッフが

常駐しているのか

わからない売り場もあり

 

取扱店舗数不明

(直営店と

全国のセレクトショップ)

大まかな
価格帯

 

 

 

[YOOX通販価格]

YOOX販売品は

3-10万円

 

*通販されている

ブランドに関して。

(会社全体では不明)

 

*一部アウターは

10-20万円

 

*公式通販ないので

直営店価格は不明

 

[コレクションライン(衣料)]

5-10万円

 

[コレクションライン(バッグ)]

5-15万円

 

バッグ中心なので

衣料はあまりなし

[YOOX通販価格]

3万円から

10万円が中心

WEAR.jp

投稿数

(2016)

約10000件

 

1000件以下

 

ターゲット世代が

このサービスを

使っていないためか

投稿は少数

 

約1500件

直営通販

 

なし

(ZOZOには出店あり)

 

あり なし

SNS

フォロワー数

(2016)

[インスタ]

80万人以上

 

ターゲット世代が

SNS世代ではなかったり

投稿少数だったりで

フォロワー数は少数

 

[インスタ]

20万人以上

 


 
 
 
 
 

 

 

 
 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 
 


 
[競合ブランド メニュー]

 
 

 

 
 
[サイト全体メニュー]

年度別服飾/ファッション史

年度別の出来事、活躍した人物・企業、流行色、当時の映像など

楽しく読める服飾系トリビア

「なるほど」と思うような、楽しく読める服飾系トリビア

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材/生地の簡易解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

素材/生地/染色用語

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

色DB

色用語解説、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

[雑学] 姉妹ブランド比較

同じ会社内に存在する姉妹ブランドのわかりづらいターゲット年齢層やコンセプトなどを比較

[雑学] ライバルブランド比較

同じフィールド内で競い合っているブランドの特徴・ランクの違いを比較