[ファッションガイドJP(Since 2008)]

 

 
[20年4月新設] 在宅中に楽しく読める服飾系トリビア

[20年3月新設] 年度別流行/服飾史(在宅中に楽しく学習可)


 

フローラ(GUCCI固有の花柄)

 
 
「フローラ」とは、イタリアの高級皮革系ブランド
GUCCIが開発した特有の花柄系パターン。
 
1966年にモナコ公国のレーニエ&グレース・ケリー王妃は
ミラノにあるGUCCIの店舗を訪れた。
 
それを光栄に思ったGUCCIの2代目(創業者の四男)の
ロドルフォ・グッチは何かケリー王妃に対して贈り物(スカーフ)がしたいと思い、
ヴィットリア・アッコルネロ(Vittorio Accornero)という
外部のイラストレーターに作ってもらったのが「フローラ(flora)」という独特な花柄。
 
GUCCIのバッグや財布などの柄として人気。
 
 

フローラの特徴

 

  • 主に白地
  • 花の色は様々で全体的にカラフルで華やか/爽やか
  • 基本的に花は、束ねた"ブーケ"の形で登場する
  • △虫(昆虫)が描かれる・・・・・・該当しないものもあり。描かれるのは蜂のような虫・バッタ・トンボ・蝶など。

 
 
村上隆が考案したとされる、ルイヴィトンの「モノグラムマルチカラー」に近い雰囲気。
 
 
上記の特徴はGUCCIの公式情報ではありません。
より細かくフローラの特徴などを確かめたい場合はGUCCIカスタマーセンターなどにお問い合わせください。
 
 

GUCCI公式インスタ内の実例画像

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 

 

 

 
[サイト全体メニュー]

 


 
[メニュー]
大半のページが実例画像入り