[FASHION(繊維)GUIDE.JP]

 

 

[ディノス(ハンドミキサー)] bamix/バーミックスクラシック(E250)とバーミックス M300スマート

 

 

フジテレビ系ディノスで販売されている、

スイスのブランド「bamix(バーミックス)」製の似たようなハンディフードプロセッサー商品、

 

  • バーミックスクラシック(=E250)
  • バーミックスM300スマート

 

機能や価格、人気、購入者評判などの違い比較。

 

 

[日本代理店である(株)チェリーテラスHPでのバーミックスの簡易説明]

1954年から販売がスタートした、

スイスESGE社によるスイス製ハンディー・フードプロセッサーシリーズ。

 

 

 

 

[日本での輸入総代理店はこちら]

株式会社チェリーテラス

1983年にバーミックスの日本販売のために設立され、

製造元スイスESGE社との総発売元契約に基づき、1985年からバーミックスの販売活動を開始。

以降、バーミックスが雑誌で紹介されるような人気商品となり、

フジテレビのテレビ通販や雑誌の誌面通販でも人気の商品に。

2014年秋には、バーミックスが長く消費者に愛されてきたことが認められ、

2014年度「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。

 

 

 

 

バーミックスのある暮らし [ 井手櫻子 ]

チェリーテラス社の井出櫻子社長が

2014年に書いた著書。

幻冬舎発行

 

 

 

 

ディノス オンラインショップ

通信販売のディノスオンラインショップ

 

 

 

 

 

bamix/バーミックスクラシック(M250)

 

 

ディノスにて

「bamix/バーミックスクラシック」

という商品名で販売されているハンディフードプロセッサー商品とは、

ディノスで型番の明記もあり、「E250」という商品のこと。

 

日本での輸入総代理店である株式会社チェリーテラスのHPを参考にすると、

2008年に発売された「バーミックス M250」という商品にかなり似ているものの、

型番が違うのでなんらかの微妙な違いがあるらしく、発売時期も新しいようです。

 

 

そして、特徴は大きいフードプロセッサーとは違って手に持って使う軽量商品であることで、

軽量ハンディ商品ながら3つのアタッチメント(先端部)を使用して、

面倒な様々な料理の下ごしらえを代行してくれる優れもの。

鍋の中にアタッチメントを突っ込んで使うといったことも可能であるそうです。

後片付けも簡単。

 

 

 

[ディノスでの商品説明]

本格スープやヘルシージュースが簡単に作れ、主婦のみならずプロの料理人にもファンが多い、

大人気ハンディフードプロセッサー『バーミックス』。

欲しいけれどお値段が・・・と迷っていた方、チャンスです!

お求めやすい最新モデル『バーミックス クラシック』が新登場!

日本でどこよりも早くディノスがご紹介します。

 

 

 

[3つのアタッチメント]

1.ミンサー(つぶす、すりおろす)

2.ウィスク(混ぜ合わせる)・・・・・自家製マヨネーズが約10秒で

3.ビーター(泡立てる)・・・・・生クリームは20分でホイップに

 

 

 

[主に出来ること]

  • スープ作り
  • ジュース作り
  • スムージー作り
  • 自家製生クリーム作り
  • 生クリーム泡立て・・・・・紙パックに直接挿入すれば良し
  • マッシュポテト作り
  • ハンバーグ作り

*刻む作業は不可

 

 

 

 

bamix/バーミックス クラシック

【フジテレビ『ノンストップ!』いいものプレミアムで紹介】

ディノス楽天市場店

 

 

 

[公式映像]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーミックス M300スマート

 

 

ディノスで販売されているもう一つのバーミックス系商品、

「バーミックス M300スマート」というE250酷似商品とは、

まず、"スマート"という語句に関しては、

代理店のプレスリリースを参考にすると商品名の一部ではなく、

 

[3つのセット]

  • M300スマート・・・・・3つのアタッチメントだけがついた基本セット
  • M300ベーシック・・・・・付属品がプラスされた中グレードセット
  • M300コンプリート・・・・・たくさんの付属品がついた高額セット

 

の中の、3つのアタッチメント(先端部)と建てるスタンドだけがついた基本セットのこと。

発売は2014年で、発売当時より少し値段が上がっている模様。

 

そして、250型商品をグレードアップさせたような位置づけの進化版商品。

 

 

ただし、メーカーオンラインストアでは付属品に取り扱いDVDはついてこないものの、

ディノスで買うと約30分のDVDがついてくるほか、ディノスだけの色「ピンク」も取り扱いあり。

 

 

 

[このシリーズの従来品と何が違うのか?(進化したのか)]

モーターを回転する力(トルク)を約1.5倍に引き上げた新機種。

これによりよりスピーディーにラクラク作業ができる。

 

 

 

 

 

 

バーミックス M300スマート

ディノス楽天市場店

 

3つのアタッチメントとスタンドだけの

ミニマムセット。

付属品はあとから買い足すことも可能。

 

 

 

バーミックス M300ベーシック

ディノス楽天市場店

 

スマートよりも付属品が多い

M300の基本セット。

これだとコーヒー豆を挽いたり

パウダーディスクで様々な

粉を作ることも可能。

ただし、スマートでも十分な印象。

 

[説明]

付属のアタッチメントを付け替えることで、

多彩な多彩な用途に活躍。

ミキサー、ブレンダー、ミル、泡立て器、

すり鉢などの機能を1台でこなします。

 

 

 

 

バーミックス M300コンプリート 

ディノス楽天市場店

 

こちらはハンディ型ではなく、

据え置き型としても使えるような

器具までついた本格セット。

そして、こちらなら据え置き型利用で

刻む作業も行ってくれる。

 

ハンディにするか据え置き型にするか

迷っているかたにおすすめ。

 

ただし、価格は約4万円と高額。

 

 

 

 

 

 

 

bamix/バーミックスクラシック(E250)とバーミックス M300スマートの違い比較

 

 

項目

バーミックスクラシック

(=E250)

バーミックス

M300スマート

発売時期

不明。

ディノスによると新発売。

 

2008年発売の

M250に酷似

 

2014年

色用意

(ディノス)

レッド

ホワイト

レッド

ホワイト

グレー

 

[ディノス独自]

ピンク

重量 977g 975g
サイズ

 

直径6.5cm

長さ34cm

 

直径6.5cm

長さ34cm

アタッチメント

[3種類]

ミンサー

ウィスク

ビーター

 

[3種類]

ミンサー

ウィスク

ビーター

 

消費電力 250W 300W
モーター回転数

毎分17,000回転(高速)

毎分12,000回転(低速)

2段切り替え

 

毎分17,500回転(高速)

毎分13,000回転(低速)

2段切り替え

 

連続使用

可能時間

5分 5分

ディノス価格

 

税抜1.9万円

 

[メーカー希望価格]

税抜き2.2万円

 

税抜2.5万円

 

 

[まとめ]

パワーの違いが主な違いであるようです。

同じようなものを持っていて、パワーの重要性を感じている場合はM250のほうがおすすめ。

ただし、「バーミックスクラシック(E250)」も説明映像見る限りでは

かなりハイパワーでM300より安いので、初心者向け商品としては十分な印象。

 

 

 


 

 

 

 

ディノスでは楽天支店ではなく本店のほうに口コミ多数。

トップページからキーワード検索するとすぐ見つかります。

ディノス オンラインショップ

通信販売のディノスオンラインショップ