[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 
[20年4月新設] 在宅中に楽しく読める服飾系トリビア

[20年3月新設] 年度別流行/服飾史(在宅中に楽しく学習可)


 

1992年(平成4年)の流行/服飾史

 
 
文化/出来事

  • 流行色=モノトーンカラー(主にグレー)・・・・フレンチカジュアルブームに連動
  • 流行した服装=フレンチカジュアル
  • 流行した服装=ボディコンファッション・・・・・ジュリアナ東京というディスコが一世を風靡
  • 海外コレクションではスーパーモデル・ブームが加速
  • ジュリアナの大ブームはますます加速する一方、日本経済のバブル崩壊はどんどん顕在化
  • しばらくクロエから離脱していたカール・ラガーフェルドが、同メゾンのデザイナーに復帰
  • 川久保玲の片腕として活躍してきた渡辺淳弥が自身のブランドを立ち上げて世界で頭角を現しはじめる
  • 海外コレクションに参加する世界的な日本ブランドが東京でのショーを開催しなくなっていき、東京コレクションの弱体化がはじまる
  • 山本寛斎にとっては国際的デザイナーとしてのラストイヤーとなった
  • ヒロココシノをはじめとして円高問題も服飾業界に暗い影を落とした
  • この年に開催されたバルセロナ五輪の日本選手団の開会式用ユニフォームを森英恵が担当
  • 1980年代を代表するデザイナーのアズディン・アライアは、この年をもってデザイナーとして第一線を引退。以降は小規模にマイペースで事業を続けていく事に。
  • カールラガーフェルドに加えてFENDIのデザイナーにシルヴィア・フェンディが加わる

 
 

1992年度の主な賞受賞者

 

第10回 毎日ファッション大賞

大賞=志村雅久(SHIMURAデザイナー)・・・・・海外コレクションには不参加ながら国内でSHIMARAのデザイナーとして活躍

新人賞=永沢陽一(YOICHI NAGASAWA)・・・・・熊谷登喜夫氏のもとを離れて自身のブランドを設立。その後、YOICHI NAGASAWAブランドはパリコレに進出した

鯨岡阿美子賞=小池千枝(文化服装学院)・・・・・文化服装学院のカリスマ講師として、高田賢三、コシノジュンコをはじめとして世界的なデザイナーを育て上げてきた事が評価されての受賞。欧州で立体裁断を学んで帰国し、日本で立体裁断技術を広めた人物として知られる。

第66回 装苑賞

木原知美

第9回 オンワード新人デザイナーファッション大賞

周**(漢字表記不明)・・・・・中国系デザイナーと思われます

第4回 ANDAM賞(フランス)

mahmoud akram

jean touitou(a.p.c)・・・・・アーペーセー創設者。KENZOやアニエスベー勤務を経て1980年代後半に自身のブランドを創設。

■この当時の部門分けはANDAM公式サイトに情報なし

ウールマーク・アワード(現インターナショナル・ウールマーク・プライズ)

ジョルジオ・アルマーニ・・・・・2度目の受賞

第21回 ベストドレッサー賞

筑紫哲也(学術・文化部門)

鈴木亜久里(スポーツ・芸能部門)

小林稔侍(スポーツ・芸能部門)

伊達公子(特別賞)

など

第9回 ベストジーニスト賞

一般選出部門=織田裕二、観月ありさ

協議会選出部門=中島悟、大宅映子

 
 
 

1992年当時に活躍していた主な日本のデザイナー

 
 

海外

高田賢三(KENZO)

島田順子(JUNKO SHIMADA)

鳥居ユキ(YUKI TORII)

三宅一生(ISSEY MIYAKE)

川久保玲(COMME DES GARCONS)

渡辺淳弥(JUNYA WATABANE COMME DES GARCONS)・・・・・新人

山本耀司(YOHJI YAMAMOTO)

山本寛斎(KANSAI YAMAMOTO)・・・・・・この年を持ってファッションデザイナーを引退。KANSAI YAMAMOTOブランドを閉鎖してイベントプロデューサーに転身

小野塚秋良(Zucca)

コシノヒロコ(HIROKO KOSHINO)・・・・・円高問題により、パリコレデビュー10周年にあたるこの年に一旦パリから撤退(その後、約15年後にようやくパリコレに復帰)

コシノジュンコ(JUNKO KOSHINO)

コシノミチコ(MICHIKO LONDON)

菱沼芳樹・・・・・この年にパリコレデビュー

国内

芦田淳(JUN ASHIDA)

君島一郎(Ichiro Kimijima)

金子功(PINK HOUSE/KarlHelmut/Ingeborg)

松田光弘(MADAME NICOLE)

大川ひとみ(MILK/MILK BOY/O.D.of Bourgeoisie)

前田徳子(TOKUKO 1er VOL)

花井幸子(YUKIJO HANAI)

菅井英子(DECO SUGAI)

菊池武夫(TAKEO KIKUCHI)・・・・・この時期は東京コレクションに参加していた

志村雅久(SHIMURA)

佐々木一規(NICOLE CLUB)

平子礼子(REIKO HIRAKO)

小西良幸(YOSHIYUKI KONISHI)

鈴木慶子(KEIKO SUZUKI)

甲賀真理子(Mariko Kohga)

小林由紀雄(Monsieur Nicole)

渡辺雪三郎(Mich)

加藤和孝(Kazutaka Kato)

山地正倫(MASATOMO)

比嘉京子(KYOKO HIGA)

中野裕通(HITOMICHI NAKANO)

芦田多恵(MISS ASHIDA)・・・・芦田淳氏の娘。MISS ASHIDAデザイナーとして活躍し始めた

リン・シンウー(Ichinoo)

宇治正人(MU'SEE D'UJI)

継枝幸枝(Inews)

津森千里(tsumorichisato)・・・・・・イッセイミヤケブランドから独立し、自身のブランドで活躍し始めた

朝月真次郎(Luna Mattino)

林和子(Kazuko Hayashi)

和泉道子(MIchiko Izumi)

菱沼芳樹(Yishiki Hishinuma)

英保優之(Masyuki Abo)

細川伸(Shin Pashu)

 
 

1992年当時の主な人気海外ブランド

 

パリ系

CHANEL

カール・ラガーフェルド

Christian Dior

HERMES

ドロテ・ビス

イヴ・サンローラン

VALENTINO

VIVIENNE WESTWOOD

ロメオ・ジリ

Chloe

クロード・モンタナ

ソニア・リキエル

ジャンポールゴルチエ

ティエリー・ミュグレー

マルティーヌ・シットボン

シャンタル・トーマス

セルッティ

キャサリン・ハムネット

ミラノ系

Armani

GUCCI

PRADA

Versace

 
 
 
[Fashion Channel公式ch内映像]
コムデギャルソン1992年秋冬パリコレ映像

 
[Fashion Channel公式ch内映像]
シャネル1992年秋冬パリコレ映像

 
 
[Fashion Channel公式ch内映像]
カンサイヤマモト1992年秋冬パリコレ映像
ほぼ最後のパリコレショー

 
 
 

1992年に活躍していたモデル

 
 

海外

宮本はるえ(1969年生まれ)・・・・・前年度に続いて欧州で活躍

川原亜矢子(1971年生まれ)・・・・・フランスに定住し、パリコレで日本人デザイナーブランドのモデルとして活躍

国内

富樫トコ・・・・・国際的なモデルから引退して国内で活躍

宮本はるえ・・・・・東京コレクションでも中心的モデルとして活躍

田中久美子

あきら

外国人(世界のコレクションで活躍)

シンディ・クロフォード

クラウディア・シファー

リンダ・エヴァンジェリスタ

ナオミ・キャンベル

ヘレナ・クリステンセン

エヴァ・ハーツィゴヴァ

クリステン・マクメナミ―

カレン・マルダー

 
 
 
 

 

 

 

 
 
[サイト全体メニュー]

 


 
[令和メニュー]

 
[平成メニュー]

 
[昭和メニュー]

 
[簡易情報(60's)]