[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 
[20年4月新設] 在宅中に楽しく読める服飾系トリビア

[20年3月新設] 年度別流行/服飾史(在宅中に楽しく学習可)


 

2010年(平成22年)の流行/服飾史

 
日本経済がリーマン後の不景気から立ち直り始めた年
 
文化/出来事

  • 流行色=ブルー系(ダンガリー商品のヒットに連動)
  • 流行商品=ダンガリーシャツ
  • 流行商品=ヒートテック(ユニクロ)
  • ファストファッションブームはさらに加速
  • ジバンシィのデザイナーとしても活躍した英国のアレキサンダー・マックイーンが若くして亡くなり、大きなニュースとなる
  • 国際的モデルとして活躍してきたは、この年あたりからモデル業ではなく女優業へと方向性をシフト
  • 2006年にイッセイミヤケのデザイナーを退任した滝沢直己は、2007年からNAOKI TAKIZAWAブランドで活躍していたが、このブランドをクローズして2010年秋冬シーズンからファーストリテイリング傘下「HELMUT LANG」メンズ部門のディレクターに就任
  • 海外コレクションでは、TAOが活躍する一方で中国系モデルの勢いの凄さが目立つ状況に
  • エルメスのデザイナーがジャンポール・ゴルチエからクリストフ・ルメールに変更
  • 滝沢直己はこの年に美智子皇后の衣装デザイナーとして活躍
  • 2000年代に東京コレクションの中心的ブランドの座に君臨してきた尾花大輔のNハリウッドが遂に海外コレクション(ニューヨークコレクション)に初挑戦
  • 宮崎あおいを起用したクロスカンパニー社の「earth,music&ecology」TVCMが巷で大きな話題となる
  • アメリカ最大の賞であるCFDA AWARDにておいて、SWALOVSKI賞3部門をアジア系若手男性デザイナーが独占

 
 
ビジネス

  • ファーストリテイリングと繊維会社の東レが大型提携を結ぶ
  • 繊研新聞と並ぶ業界最大級の専門紙であった「日本繊維新聞」が秋に休刊
  • アメリカのPVH社がトミーヒルフィガーを買収

 
 
雑誌

  • スイートカジュアルブームが吹き荒れる中で宝島社の豪華付録付き雑誌「Sweet 」の発行部数がどんどん増加して社会現象となる
  • "くみっきー"こと舟山久美子の爆発的な人気はこの年も続き、この年の夏まで15号以上に渡って連続で「popteen」の表紙を飾り続けた。

 
 

2010年度の主な賞受賞者

 

第28回 毎日ファッション大賞

大賞=勝井北斗・八木奈央(mintdesigns)・・・・・東京コレクションの中心的な存在として活躍

新人賞=鷺森アグリ(agurisagimori)・・・・・自身のブランドで脚光を浴びた、当時20代前半の若者

鯨岡阿美子賞=株式会社エイガールズ(テキスタイル会社)

話題賞=株式会社バルス・・・・・FrancFrancが大流行

特別賞=ハイファッション(雑誌)・・・・・この年の春に休刊した老舗雑誌。業界への長年の功績をたたえての受賞

第84回 装苑賞

西角真実・・・・・菱沼芳樹から高いを評価を受ける

オンワード新人デザイナーファッション大賞2010

大賞:ウィメンズウェア部門=三浦佑也(杉野服飾大学)

優秀賞ウィメンズウェア部門=大西勇也/東郷行洋(共にフリーランス)

優秀賞メンズウェア部門=イ・ハンチョル(学生/韓国からの応募)

第22回 ANDAM賞(フランス)

hakaan yildirim・・・・・2010年に「HAKKAN」というブランドを設立。2010年秋にはパリコレ進出

CFDA Award 2010(アメリカ)

[各部門のDesigner of the year]

メンズウェア=Marcus Wainwright&David Neville(RAG&BONE)

ウィメンズウェア=マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)

アクセサリー=Alexis Bittar(Alexis Bittar)

[その他]

インターナショナル賞=クリストファー・ベイリー(BURBERRY)

SWALOVSKI賞(メンズ)=リチャード・チャイ(Richard Chai)

SWALOVSKI賞(ウィメンズ)=ジェイソン・ウー(Jason Wu)

SWALOVSKI賞(アクセ))=アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)

ファッションアイコン賞=IMAN

VOGUE JAPAN Women of the year

TAO(モデル)

黒木メイサ(女優)

クルム伊達公子(テニス選手)

など

第39回 ベストドレッサー賞

沢村一樹(芸能部門)

武井咲(芸能部門)

杉本彩(芸能部門)

中澤佑二(スポーツ部門)

など

第27回 ベストジーニスト賞

一般選出部門=亀梨和也、倖田來未

協議会選出部門=桐谷健太、板野友美、はるな愛

グローバル特別敢闘賞=本田圭佑

 
 
 

2010年当時に活躍していた日本のデザイナー

 

海外

藤原大(ISSEY MIYAKE)

島田順子(JUNKO SHIMADA)

山本耀司(Yohji Yamamoto/Y-3)

川久保玲(COMME DES GARCONS)

渡辺淳弥(JUNYA WATANABE)

田山淳朗(ATSURO TAYAMA)

三原康裕(MIHARAYASUHIRO)

高橋盾(UNDERCOVER)

橋本倫周(RYNSHU)

津森千里(TSUMORI CHISATO)

三原康裕(MIHARA YASUHIRO)

古田泰子(TOGA)

堀海斗/古舘郁(COMMUUN)

山本里美(LIMI FEU)

阿部千登勢(sacai)

滝沢直己(HELMUT LANG)

尾花大輔(N.Hoolywood)・・・・・秋に国際デビュー

国内

芦田淳(JUN ASHIDA)

花井幸子(YUKIKO HANAI)

コシノヒロコ(HIROKO KOSHINO)

小篠ゆま(YUMA KOSHINO)

松本与(ato)

アライサラ(araisara)

MUG(G.V.G.V.)

伊藤弘子(HISUI)

カミシマチナミ(KAMISHIMA CHINAMI)

石黒望(NOZOMI ISHIGURO)

堀畑裕之・関口真希子(MATOHU)

武内昭・中西妙佳(THEATRE PRODUCTS)

有働幸司(FACTOTUM)

宇津木えり(mercibeaucoup)

柳川荒士(ジョンローレンスサリバン)

勝井北斗・八木奈央(mintdesigns)

鷺森アグリ(agurisagimori)

熊切秀典(beautiful people)

 
 
[FASHION CHANNEL公式ch内]
イッセイミヤケ2010-2011AWパリコレ映像

 
 
[FASHION CHANNEL公式ch内]
クリスチャンディオール2010-2011AWパリコレ映像

 
 
 
[FASHION CHANNEL公式ch内]
シャネル2011SSパリコレ映像(開催は2010年秋)

 
 
 
 

2010年当時に活躍していたモデル

 

海外コレクション

TAO・・・・・前年度に続き、世界のコレクションを席巻してスーパーモデルの仲間入りを果たす

冨永愛・・・・・・この年の春に国際的モデルから引退する事を表明

Daisuke Ueda・・・・・メンズコレクション分野でブレイク

国内(ショー分野)

CHIHARU・・・・・東京の中心的モデル。この翌年に国際デビューする事となる

Sachi

小泉深雪

アンジェラ

JUN

関水結花

小野りりあん

宮本りえ

国内(雑誌/広告分野)

蛯原友里

押切もえ

西山茉希

鈴木えみ・・・・・PINKY休刊後は同じく集英社発行のMOREモデルに

佐々木希・・・・・PINKY休刊後はnonno(集英社)モデルに就任

加藤夏希

有村実樹

長谷川潤

藤井リナ

市川紗椰

香里奈

葛岡碧

上原歩

益若つばさ・・・・・経済効果の高さが話題となる

舟山久美子

海外スーパーモデル(アジア)

LIU WEN(中国)

SUI HE(中国)

Fei Fei Sun(中国)

 
 
 
 

 

 

 

 
 
[サイト全体メニュー]

 


 
[令和メニュー]

 
[平成メニュー]

 
[昭和メニュー]

 
[簡易情報(60's)]