[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

肌着と下着の違い

 

まずはじめに

 
 
このページは、
 
海外では肌着という独立したカテゴリ・概念がないのか、
google翻訳で「肌着」を英訳してみると、"underwear"と出てきてしまうものの、
このページでは、海外での概念は置いておいて、
日本の常識における「肌着」と「下着」の違い(境界線)についてまとめたページです。
 
 
 
 
 
 
*ユニクロのいわゆる肌着類が「インナーウエア」として扱われているため、
肌着=innerwearという扱いにしています。
 
*和服(着物)における下着の概念に関しては難しくて分からないので触れていません。
 
 
 
 

肌着とは?

 
 
日本においては「肌着」とは、
肌に直接触れるインナーシャツ類やレッグウェア・ソックスを中心に、
ユニクロのヒートテックのようにインナー衣類の上に防寒具として着用し、
肌に直接触れるとは限らないものも一部差す。
 
現代の日本においては、基本的に「インナーウエア」と同義語。
(ただし、innerwearの海外での意味合いは不明)
 
 
 
 
 
【主な肌着(インナーウエア)該当商品】
 

  • インナーTシャツ
  • タンクトップ
  • ヒートテック(ユニクロ商品)・・・・・こちらはインナーとアウターの中間的な意味合いもあり
  • エアリズム(ユニクロ商品)・・・・・こちらは肌に直接触れる夏用肌着
  • 靴下
  • レッグウエア(タイツやレギンス)
  • キャミソール・・・・・こちらは下着発祥商品なのでどちらに分類されるか微妙

 
 
 *ユニクロの冬用肌着商品「ヒートテック」については、
レッグウェアではなくてシャツ系ヒートテック商品についていうと、
肌に直接は触れず、一番外の服と肌に触れるインナー衣類の間に着用する人も多い。
 
 
 
 
 

下着とは?

 
 
日本において「下着」とは、
男性のトランクスやボクサーパンツやブリーフ、
女性のブラジャーやパンツのように明確に肌に直接触れ、
基本的に他人には見られてはならない完全に衣類の内側に着る繊維商品を指す。
 
英語で言うと「アンダーウエア(underwear)」。
 
 
 
 
 
【主な下着(アンダーウエア)該当商品】

  • 男性のボトムス下着類(トランクス、ボクサーパンツ、ブリーフ)
  • 女性用下着(ブラジャー、パンツ)
  • ショーツ
  • △ネグリジェ・・・・・ワンピース型下着とパジャマの中間商品
  • △キャミソール・・・・・ユニクロ商品「ブラトップ」など。ルームウエアに該当するものの肌着か下着か微妙

 
 
*"スリップドレス"と呼ばれる下着的デザインのドレスはあくまでアウターウエア扱いのようです。
 
*タイツ、ストッキング、パンスト、レギンスの微妙な違いについては、
このサイト内の別のページにて詳しく触れています。
 
 
 
 
 

肌着と下着の違いとは?

 
 
日本における大きな違いは、
 
 
1. まず人に見られても良いものかダメなものかという点
ユニクロの「ヒートテック」や「エアリズム」、
あるいはソックス、タイツ(レギンス)といったインナーウェアは、
衣類の一種という側面があるため外で着ていても基本的に問題なし。
 
一方で、下着類は基本的には人に見せては(見られては)ならないもので、
男性がパンツ一枚で外を歩いていたら逮捕されてしまうくらいの違いがあり。
(ユニクロの「ブラトップ」のような、どちらとも分類できるような一部例外もあり)
 
 
 
 
2. 衣類の一種であるかという点
上記説明でも少し触れている通り、日本における肌着は、
ある程度衣類の一部という部分があるものの、
下着に分類されるものは繊維商品ではあるものの衣類ではないという意味。
 
 
 
 
 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]