[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

[類似商品] ハンチングとキャスケットとベレー帽の違い

 

ハンチングとは? = すべり台型の平たい帽子

 
 
「ハンチング(ハンチングキャップ)」は
ベレー帽子同様に平たい帽子という点では共通。
 
そして、ベレー帽とは違って前ツバのようなものが存在するものの、
先端部まで頭部の布が前ツバを覆った形状の帽子の種類。
 
前面部は坂のような感じになるため、形で言うとアヒルの口先のような形をしている。
 
主に男性向けの帽子商品で、モール内には女性向け市販品はほとんどなし。
 
 
 
▼ハンチングの実例(傾斜角があまりないスベリ台のような感じ)
 


 
 

キャスケットとは? = つば付きニット帽子のようなもの

 
 
ワークキャップやハンチングに似たタイプの帽子。
 
形状の特徴としてはつばが短いことが特徴だが、
頭を覆う布の部分はベレエ帽のようなモコモコ系の素材で出来たものが多い。
 
ニット帽子につばをつけたような外観をしており、
「つば付きニット帽子」という商品名で販売されている場合もある。
 
ただし、一部ニット素材ではなく、頭を覆う部分が形状が崩れにくい固めの素材でできている、
ワークキャップとほとんど変わらないものもあるため、完全に「つば付きニット帽子」とは言えない。
 
 
 
 
【キャスケットとワークキャップの違いとは?】
2つとも同じような外観をしているものの、違いとしては、
筒状の形状がはっきりした素材の頭を覆う布に、短いつばが付いたようなものが「ワークキャップ」。
 
逆に、頭を覆う部分の素材の形状がベースボールキャップのように形が崩れない素材ではなく、
基本的に、形が崩れやすい柔らかいニット帽のようなものに短いつばをつけたようなものが「キャスケット」。
 
 
 

 

 

 

WEAR 「キャスケット」カテゴリ

 

 

 

 

楽天市場キャスケット売上ランキング・・・・・形状がわかる画像

 

 

 

 



 
 
 
 

ベレー帽(ベレイ帽,ベレエ帽)とは? = 皿型の平たい円形帽子

 
beret
 
ベレー帽とは、
主にフェルト生地などで作られる、
お皿のような平たいデザインの帽子の事。
(着用していない状態では平たいものの、実際に着用した場合はそんなに平たい形状ではない)
 
またもう一つの特徴として、パーツ名は不明ながら、
頭の上に1本の毛が立っているような短い棒状の布が立っていて、それが目立つ。
 
&nbsnbsp;
語源の「beret」はフランス語。
google翻訳での英語での定義は
「a round flattish cap of felt or cloth.(フエルトや布で作られた、円形の平たいキャップ)」
 
子供時代には男の子が学校行事などでかぶることがあるものの、
大人になってから男性が着用することはあまりなく、子供を除いては主に女性向け商品。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]