[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ミドル・ロングブーツの種類

 
ショートブーツ(アンクルブーツ)の種類の解説ページは別途あり。
 
ショートブーツ=くるぶし丈と定義しているので、ショートかミドル(ハーフ)か微妙な、
「ムートンブーツ」あたりはミドル丈ブーツ扱いにしています。
 
 
 
 

ムートンブーツ(シープスキンブーツ)とは?

 
ムートン=mouton
 
 
「ムートン」とは、「羊の毛皮」という意味。
 
冬の防寒ブーツとして日本でも女性に圧倒的な人気を誇るブーツ。
オーストラリアのメーカー「UGGオーストラリア」が代名詞的なメーカー。
 
形状としてはシャープなシルエットとは対極にあり、
前面は半ドーム状になっており、肉厚で"足のコート"といった商品。
 
UGGブーツに関しては、靴の内側はモコモコ状態になっている。
 
 
【代表的なメーカー】
UGG(アグ)
EMU(エミュー)
 
 

 

 
【その他商品】
日本においては「ムートンブーツ=UGGブーツ」という雰囲気があるものの、
 「ムートン=羊の毛皮」という意味のため、ムートン使用ブーツはすべてムートンブーツの一種。
「ムートンエンジニアブーツ」など。
 
 


 
 
 

サイドゴアブーツとは?

 
 
靴の側面(サイド)に切れ目があり、
そこを伸縮性のある生地(ゴア)で覆っているタイプのブーツ。
 
ショートブーツとミドルの中間くらいの丈が多い。
 
 
【画像で説明】矢印部分が「ゴア」

 

 

エンジニアブーツとは?

 
作業員向けの頑丈な安全靴が発祥。
(エンジニアとは、土木・建築系や機械・電気系の技術者のこと。)
 
 
 
革製。
基本的にロングタイプ。
 
1.くるぶしのところと、
2.最上部のあたりの2か所に、
それぞれベルトが付いているところあたりが外見的な特徴。
(ショートタイプのものは、くるぶしのあたりのベルト1本のものもあり)
 
その他の特徴としては、つま先はスチールトゥ(鉄製)で頑丈にできている。
 
2本のベルトで足をがっちり固定し、世界中のエンジニアたちの足を支えてきた。
 
 

 

ベコスブーツとは?

 
ペコスブーツ=PECOS BOOTS
 
RED WING社の定番モデルで、ブーツのジャンルではない。
名前は発祥となったテキサスの街「PECOS」に由来する。
 
RED WING社がアメリカ南西部の労働者向けのワークブーツとして開発した商品。
2014年時点では価格は3万円台。
 
 
 
【特徴】
ミドル丈。
飾りステッチ(縫い目)がついている。
デザインはシンプル。
靴底はギザギザ系。
アメリカ西部発祥のカウボーイブーツ(乗馬靴)の一種で、
全米の農業者、酪農者達などの間の定番。
 
 
詳しい外観はRED WING社サイトやモール内画像にてご覧ください。
 
 

 

その他

 
 

 

名称 特徴・他のブーツとの違いなど
くしゅくしゅブーツ

"くしゅくしゅ"を他の言葉で形容するのはなかなか難しいものの、

ロングブーツで足を覆う筒の部分が芋虫のように"くしゅしくゅ"している感じのブーツ。

ジョッキーブーツ

競馬の騎手(ジョッキー)が履くようなロングブーツ。

色は黒でシンプルなデザインが基本。

 

詳しい特徴は整理中です。

 

ロンドンブーツ

超厚底のロングブーツ。

かつてロンドンの若者に大流行したことが由来と言われる。

他のブーツに比べ、日本での販売はあまりない。

 

*言葉での説明が難しいため、詳しくは画像検索して探してみてください。

ハンティテングブーツ

特徴・丈の長さなど整理中

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]