[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

スカラップ(スカラップカット)

 

スカラップ(スカラップカット)とは?

 
 
簡単な一行説明=ホタテ貝(scallop)の殻の形のような、衣類の裾などに用いられる波状の装飾な縁(ふち)のこと。
 
 
 
詳しい説明
 
"scallop"とは、「ホタテ貝」という意味。
 
そしてスカラップカット(略してスカラップ)とは、
主にパンツ、スカートといったボトムス商品や 各種トップス商品の裾に用いられる、
ホタテ貝の殻のような波状の縁(ふち)のこと。
 
ボトムス商品以外では、襟(えり)周りの装飾としても用いられたりする。
 
 
 
*ホタテ貝の形がいまいち思い出せない場合は、
ネットで「ほたて貝 殻」といったキーワードで画像検索するとよくわかると思います。 
 
 
 
 【スカラップの用いられ方の実例画像】
(ホタテ貝の、貝が開くほうのような外観の縁をしている)
 

 

スカラップ(スカラップカット)が用いられる主な商品

 

 

商品 スカラップカットが用いられる部位
各種トップス

 

*裾にて用いられているケースが大半

ショートパンツ
ロングパンツ
各種スカート
ワンピース

コート

センターのボタン周りの布の左か右の布がスカラップカットに。

クラッチバッグ 開け閉めする布地の端がスカラップカットされているものがある
長財布 開け閉めする布地の端がスカラップカットされているものがある
ハンドバッグ バッグの上底がスカラップカットになっているものがある

傘の布地の端。

そういったものは「スカラップ傘」と呼ばれる。

ソックス

(靴下)

ニット生地のいずれの箇所にて、

模様としてスカラップ模様を用いたものがある。

タオル 四角形の端がスカラップカット状に装飾されているものがある

 

 

 

 


 
 
 
 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]