HOME > 部位/パーツ解説[各種繊維製品等] > [衣] 各種繊維製品の部位/パーツ > リネンの意味と種類(フレンチリネンなど)

リネン

まずはじめに「リネン」とは?

 

リネン(linen)とは、「亜麻布」「亜麻糸」というような意味。

 

そして、亜麻とは「麻」繊維の代表的な種類の植物で、

繊維段階ではフラックス(flax)と呼ばれるが、糸や布にして以降は「リネン(linen)」と呼ばれる。

 

 

 

【麻植物の主な種類】

  • 亜麻(リネン)・・・・・衣料品の素材として最もポピュラー
  • 苧麻(ラミー)
  • 黄麻(ジュート)
  • マニラ麻
  • サイザル麻

 

 

【麻繊維共通の主な特徴】

  • 通気性が良い
  • 速乾性が高い
  • 清涼感がある
  • 伸縮性は低い

 

こういった特徴があり、春夏向けの素材として人気。

(上記の特徴により、冬向けの衣料素材としては向かない)

 

 

 

 

【様々な麻の中でのリネン独特の特徴

  • 光沢感がある点
  • 肌触りが良い点

 

このあたりが特徴とされる。

 

 

 

 

 

 

フレンチリネンとは?

 

[産地的分類] 

 

 

品質の良いのリネンを産出するというフランス産の亜麻から作った最上級のリネン生地。

 

各メーカーが「フレンチリネン」という名前がついた商品を販売している、

リネン生地の代表的な種類。


なお、高級とされるもののフレンチリネンを100%使用しても商品の値段はそんなに高くはない。

 

フレンチリネン100%のタイプと、フレンチリネンと他の繊維を混紡したタイプ両方が存在する。

 

 

 

【判明してきているフレンチリネンの主な特徴】

 

様々なネットモールの商品解説情報など参考。

 

  • 最上級のリネン生地
  • 硬い印象のある麻生地ながら、フレンチリネンは100%使用しても柔らかい生地である
  • 柔らかさとシャリ感を併せ持つ(無印良品HP情報)
  • 上品な光沢感がある

 

高級で品質の良いリネンであることは判明しているものの、

まだ明確に定義や特徴が分からない部分がありますので、

詳しく知りたい場合はお店で生地を手に取って特徴をお確かめください。

 

 

 

 

 

アイリッシュリネンとは?

 

[産地的分類] 

 

 

アイルランド産の亜麻から作られたリネン生地のこと。

フレンチリネン以上に高級なリネン素材である模様で100%使用した衣料は高額。

摩擦に強い点などが特徴とされる。

 

フレンチリネンと並ぶ人気。

 

 

なお、衣料品だけでなくバッグやエプロンなどの素材としても使用される。

 

 

 

 

その他

 

 

フランダースリネン

 

[産地的分類]

フランス、ベルギー、オランダの海側をまたぐ、

「フランダース」地方産のもの

 

ベルギーリネン

 

[産地的分類]

 

△詳しい特徴は不明

 

ストレッチリネン

 

[使用素材的分類]

 

伸縮性が低い麻生地に伸縮性をもたせるため、

ストレッチ素材(ポリウレタン)を混紡したリネン生地のこと

 

コットンリネン

 

[使用素材的分類]

 

綿(コットン)とリネンの混紡生地のこと

 

ペーパーリネン

 

[使用素材的分類]

 

リネンと和紙を混紡したもの(ドライな生地になると言われる)

 

ウォッシャブルリネン

 

[加工的分類]

 

[こちらは未確定情報]

リネンに含まれる不純物をあらかじめ除去したリネン生地のことのようです。

(肌触りが良いのが特徴とされる)

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る