[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

スタジャンとスカジャンの定義・解説

 

スタジャン(スタジアムジャンパー)とは?

 
 「スタシャン」とは、
「スタジアム・ジャンパー(Studium Jumper)」の略。
 
左胸の部分や背中に、球団ロゴを思わせるアルファベットや背番号を思わせる数字などが入った、
スポーティーな雰囲気のジャンパー(アウター)商品で和製英語。
 
 
 
[名前の由来・歴史]
野球場(スタジアム)などで、ベンチに座っている選手達が体を冷やさないために着ている
防寒アウター商品を真似たものが一般流通商品として販売され、
「スタジアムジャンパー」という名称として定着し、今日に至っていると言われる。
 
なお、アメリカでは"スタジアムジャンパー"という言葉は通じないということを考えると、
各辞書に載っているこの説は、アメリカにて誕生した風潮ではなく、
アワードジャケットにスタジアムジャンパーという和製英語をつけたVAN創業者の石津氏が
日本かアメリカの野球場での選手の防寒着を見て、
アメリカの"アワードジャケット"というものに似ていると思ったことが原点となっていると思われます。
 
 
 
 
[特徴]
 

  • 左胸部分や背中に、主にアルファベットや数字の刺繍・プリントが入る(何も刺繍・プリントがないものもあり)
  • 胴体部分と袖部分とで、布の色が違うものが多い。
  • パーカのようにフードはついていない。
  • 襟(えり)・袖口・裾(すそ)部分の3か所が、主に白と黒のヨコシマ(ボーダー)状になっているものが多い。

 
 
 
 
 

スカジャン(ヨコスカジャンパー)とは? 別名は「スーベニールジャケット」

 
スカジャンとは
「スカイジャンパー」などではなく、「ヨコスカ(横須賀)ジャンパー」の略。
 
光沢感のある生地で作られていて、背中のところに、タトゥーのモチーフとして使われそうな、
主に和風のモチーフの刺繍が縫われているのが特徴のジャンパー商品。
 
「横須賀ジャンパー」と呼ばれることはなく、「スカジャン」という略称で完全に定着している。
 
なお、現在では和を感じさせる刺繍ではなく、和洋問わずに様々なモチーフが背中の刺繍として人気。
 
 
 
[名前の由来・歴史]
戦後の横須賀(神奈川県内)エリアにて、日本を感じさせる和風の刺繍が入ったジャンパーが、
アメリカ兵のお土産品として定着したのが発祥・名前の由来と言われている。
(はっきりとはわからないので新情報があったら情報追加・修正させてもらいます)
 
 
 
[刺繍の主なモチーフ(主なネット販売店参考)]
鯉・舞妓・富士山・神社の鳥居・五重塔・鶴・虎・龍・鷹・スカル(ガイコツ)など
 
 
 
[別名:スーべニールジャケット(souvenir jacket)]
"スーベニール(souvenir)"とは英語でお土産といった意味で、
元々は土産品発祥のため、「スーベニールジャケット」とも呼ばれる。
 
 
 
 
 
 

アワードジャケットとは?

 
 
アメリカンカジュアル系ブランド「Champion」が販売している
「アワードジャケット」というスタジャンと同じ外観の商品。
 
 
日本で"スタジャン"と呼ばれる商品との定義の違いなどについては、
某有名通販サイト内のChampionのアワードジャケットの説明によると、
100%確実な情報とは言えないものの、
 

  • "スタジャン"という愛称はあくまで日本で誕生した和製英語であり、本国アメリカではその呼び方は通用せず、"アワードジャケット"と呼ばれる。
  • アメリカでスポーツ大会で優秀な成績をおさめた生徒に与えられた(=AWARD)ジャケットであるため、「アワードジャケット」という名前になった


このような記述あり。

その他、某テレビ番組での特集情報によると、アワードジャケットに「スタジアムジャンパー」という和製英語をつけたのは、昭和に流行したVANというブランドの創業者・石津謙介氏であるそうです。




[注記]石津氏がスタジアムジャンパーという和製英語をつけた当時の日本orアメリカのの野球場で選手たちが着ていた防寒着とVANが販売していた日常服としてのスタジャンの素材やデザインの微妙な違いなどは不明です。詳しく知りたいかたは商品画像を分析したり他の詳しい資料にてご確認ください。




Champiomにおけるアワードジャケットとベースボールジャケットの違い

 
 
アワードジャケットという名称の商品を販売する「Champion」にて、
アワードジャケット商品と、
スタジャンと基本的に同じ意味であると思われる"ベースボールジャケット"というものを
Championのオンラインショップで比較したところ、
 
アワードジャケットという名称で売られているものは、
ウール(羊毛)やレザー(革)を使用した素材が基本で地味な雰囲気であるのに対し、
ベースボールジャケットという商品名で売られているものは、
素材名表記が書かれていないものの、テカテカの光沢感のある生地が基本で、
その他、全体的にやや色使いが派手な印象あり。
 
 
ただし、オンラインショップの商品があまり多くないので、明確には不明な部分あり。
 
 
 
*スタジャンとベースボールジャンパーが妻宅同じものではあるかは不明です。
 
 
 
 


 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]