HOME > 部位/パーツ解説[各種繊維製品等] > [その他] 腕時計/ジュエリー/貴金属 > プラチナとホワイトゴールドの違い (+シルバー)

プラチナとホワイトゴールド

 

 

このページは、

「同義語?」といわれるくらい違いがわかりづらい2つの貴金属といわれる、

 

  • プラチナ
  • ホワイトゴールド

 

の成分などの違い情報。

 

 

 

プラチナとは?

 

platinum

 

 

「プラチナ」とは、日本で言うと「白金」のこと。

元素記号は「Pt」。

 

希少性があり、似たような"銀"と比べると明確に高価で、

これを使用したジュエリー・腕時計は、シルバー使用品よりも高価になる。

 

 

 

[プラチナの種類]

  • PT1000=プラチナ100%の意味
  • PT950=プラチナ95%の意味
  • PT900=プラチナ90%の意味

 

 

 

ホワイトゴールドとは?

 

 

簡単な1行説明=

純金を元に、白色系金属(ニッケルやパラジウム)を混ぜて作った白色系の合金のこと

 

 

 

楽天で探す
楽天市場

*実際の色や光沢感などを知りたい場合はモール内検索で探してみてください。

 

 


 

長い説明

 

 

white gold

 

 

ホワイトゴールドとは、

プラチナとは異なるもので、元となるのは純金。

 

 

そして、純金にパラジウム、ニッケルといった白色軽金属を混ぜて作った、

白っぽい合金が「ホワイトゴールド」で、カラーゴールドの一種。

偽物・模倣のプラチナ(白金)的な位置づけ。

 

 

同じくカラーゴールドであるローズゴールドやピンクゴールドとは明確な色の違いあり。

 

 

金を75%配合したものは「18Kホワイトゴールド」「18KWG」といったような表記をされる。

(14Kの場合は"14KWG"と表記)

 

 

 

 

[Yahoo辞書内で見つけた、ある18Kホワイトゴールドの成分比率例]

  • 金=75%(=18K)
  • ニッケル=14%
  • 銅=8%
  • 亜鉛=3%

 

 

 

[関連用語]

  • ニッケル= 銀白色系の金属(元素記号はNi)
  • パラジウム= こちらも銀白色系の金属で銀に似たもの(元素記号はPd)

 

 

 

 

 

【その他】銀(シルバー)

 

silver

 

銀(シルバー)は、プラチナと似ているものの価値的には明確に低い貴金属。

元素記号は「Ag」。

 

スタージュエリー公式サイトによると、金同様に純銀では柔らかいため、

アクセサリー分野では銀92.5%に銅などを加えたシルバー925(SV925)が主流。

 

 

【種類】

  • シルバー925(SV925)=92.5%シルバーのもの
  • シルバー950(SV950)=95%シルバー
  • シルバー1000(SV1000)=100%銀(純銀)

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る