[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ギャザーとシャーリングの違い

 

 

このページは、違いがわかりづらい

  • ギャザー
  • シャーリング

 

の微妙な違いを説明しているページです。

 

 

 

 

 

ギャザー(gather)とは? - 主にスカートの加工

 

 

簡単な一行説明=

ひだが平行に並ぶプリーツとは違い、寄せ集めた源からハリセンのように放射線状に広がるヒダのこと。

 

 


 

詳しい説明

 

「ギャザー(gather)」とは、

婦人服のスカートにてよく用いられる事で知られる加工で、

英単語自体の意味合いは「寄せ集める」というような意味。

 

そして、生地の加工としての意味合いは、まずプリーツ同様にひだの一種で、

ひだが平行に並ぶ"プリーツ"とは違い、いわゆるハリセンのように

縫い縮めて寄せたひだが放射線状に伸びるようなひだのこと。

 

 

 

 

楽天内で生地の雰囲気を知りたい場合はこちらから

楽天市場「ギャザー 生地」検索結果

 

 

 

 

 

[google翻訳での"gather"の英語での定義情報]

a part of a garment that is gathered or drawn in.

 

 

 

 

ハリセン画像

紙製ハリセン 1個/はりせん/HARISEN/バラエティグッズ/パーティーグッズ

 

 

 

 

【主なギャザー入り商品】

  • ギャザースカート
  • ギャザーブラウス
  • ギャザーワンピース

 

 

 

 

 

シャーリング(Shorring)とは? - 主にブラウスの加工

 

shirring

 

 

「シャーリング(Shirring)」とは、

こちらはギャザーとは違って「ヒダ」という意味合いではなく、

主に婦人服の肩回りにて用いられる加工。

 

具体的には、例えばオフショルダーブラウスなどにおいて、

肩回りの生地以外はプレーンな平べったい生地であるものの、

肩回りの生地のみ、部分的に縦3列くらいに渡って縫い縮め、

その縫って縮んだ生地がベルト状に表れるようなケースが多い。

 

 

 

【他の例え(ズボンのゴムベルトのトップス版的)】

他のものでいうと、ルームウェアのパンツ(ズボン)商品において、

腰回り以外はプレーンな生地であるものの、腰回りだけゴムベルトで生地が縮んでいる感じに近い。

 

 

 

 

説明が難しいため、実例はモール内画像を拡大するとわかりやすいです。

楽天市場「シャーリング 生地」検索結果

 

 

 

 

[google翻訳での"shirring"の英語での定義情報]

gather (an area of fabric or part of a garment) by means of drawn or elasticized threads in parallel rows.

*an area of fabric or part of a garment= 生地や衣服の一部のエリア(区画)

*parallel rows= 平行な列

*elasticized threads= 伸縮性のある糸

 

 

 

 

【シャーリング加工が施される主な商品】

  • シャーリングブラウス(オフショルダー商品)
  • シャーリングチュニック
  • シャーリングワンピース

 

 

 

[注記]

*衣料以外に関しては、上記の説明があてはまらない場合もあります。

 

 

 

 

 

 

ギャザーとシャーリングのおおまかな違い比較

 

項目 ギャザー シャーリング

おおまかな

意味合い

ヒダの一種

 

平たい生地の中の

縮んだベルト状の

生地部分のこと

(ブラウスの場合)

 

*ヒダを意味する

言葉ではない

 

この加工が

用いられる

主な製品

スカート

ブラウス

(オフショルダー)

用いられる

主な部位

スカートの

ウエストのあたり

 

オフショルダー

ブラウスの肩回り

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]