[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ガウチョパンツとキュロットスカート

 

ガウチョパンツとは?

 
gaucho pants
 
 
パンタロンのように裾が広がっている長ズボン系(ロングパンツ系)アイテムで、
アイテムによっては外から見ると一見スカートに見えるパンツ商品。
 
パンタロンとは違い、ゆったりダボダボした雰囲気の外観。
歩いている時は、よほどダボダボ系のデザインでない限り、パンツ商品とすぐわかる。
 
 
なお、現在の日本の服飾業界においては"ひざ下丈"であることが定義のようになっているため、
「キュロットスカート」とは逆に、ひざ上丈の半ズボン(ショートパンツ)系の商品に
「ガウチョパンツ」と名付けて販売しているケースはほとんどない。
 
丈の長さとしては、ふくらはぎ丈(ミモレ丈)くらいが主流。
 
冬に履く場合、似たような外観の「Aラインスカート」を履くより暖かい着心地を得られる。
 
 
 
【ガウチョパンツの名前の由来】
ガウチョ(gaucho)とは、南米地域のカウボーイ(牧童)のこと。
そのガウチョたちが着ていた、ふくらはぎ丈のゆったり系パンツに由来する。
 
 

 
 
 

キュロットスカート(キュロットパンツ)とは?

 
culotte
 
周りからみるとスカートにも見えるデザインの、半ズボン系のレディースアイテム。
 
スカートとは違って股が二つに分かれていることが定義になるため、
厳密は商品カテゴリとしては、あくまで「ショートパンツ(半ズボン)」に分類される。
 
 
よく見るとパンツ商品であることがわかるものから、
パンツ(ズボン)の上にスカート状の生地がまるごと被さり、
履いている人以外からはズボンかスカートかわからないものまでいくつかのパターンがある。
 
現在の日本の服飾業界の定義的には、基本的にひざ上丈のショートパンツ商品を指し、
ロングパンツ系の商品に「キュロットスカート」と名付けて販売しているケースはあまりない。
 
 

 
 

ガウチョパンツとキュロットの違いとは?

 
[ガウチョパンツとキュロット(パンツ)の違い]
 
 

 

 

商品名 定義(日本において)・違い・共通点
ガウチョパンツ

 

■丈= 基本的に丈はひざ下丈(ふくらはぎ丈くらいが基本)

■似たアイテム=Aラインスカート、サルエルパンツ

■外観=キュロットと比べるとパンツに近い外観

 

*ものによっては、静止状態だとスカートにしかみえないものもあり。

(そういったものも、大体は歩くと股が分かれていることがわかる)

 

キュロットスカート

(キュロットパンツ)

 

■丈= 基本的にひざ上丈

■似たアイテム=ショートパンツ、フレアスカート

■外観=スカートに近い外観の商品。

特に、パンツの上にスカート布がかかっているタイプはスカートかパンツかわからない

 

 

 


 
 


 
[ガウチョとキュロットのおおまかな 違いがわかる画像]

 
 
 
 
 
 
 

 

 
[メニュー]

 
 
[その他(貴金属/腕時計)]

 
 
[その他(住)]