HOME > 部位/パーツ解説[各種繊維製品等] > [衣] 各種繊維製品の部位/パーツ > 通常のキャップ(ベースボールキャップ)とワークキャップ

通常のキャップとワークキャップの違い

通常のキャップ

 

 

キャップ(cap)とは、"ツバのない帽子"の総称、というらしいものの、

一般的にイメージする"キャップ"というと、

日差し除けのための、堅い素材でできたブーメラン上の前ツバ的なもの(バイザー)が前面についた、

いわゆる野球帽子的な形状のものが「キャップ」の基本形。

 

 

 

楽天市場内のキャップ売上ランキング

 

 

 

ワークキャップとは?

 

 

ワークキャップとは、名称通り仕事用のキャップで、

典型的なキャップとは違い、半円形の形状ではなく

横から見ると横長四角形(スポンジケーキ的)であることが基本で、前つばも通常のキャップよりも基本的に短い。

 

 

 

【特徴】

  • 基本的に前ツバ(バイザー)が短い
  • 前ツバ(バイザー)が斜め下向きについている
  • 頭頂部が基本的にフラット(平ら)

 

 

 

▼ワークキャップの典型的な形状

 

 

 

WEAR 「ワークキャップ」カテゴリ

 

 

 

 

具体的な形状を見たいからモール内画像を拡大してみてください。

楽天市場「ワークキャップ」検索結果

 

 

 

 

 

大まかな違い

 

 

  • 一概には言えないものの、ワークキャップのほうが前ツバ(バイザー)が短い傾向
  • ワークキャップのほうが下向きに前ツバ(バイザー)がついている傾向
  • ワークキャップは頭頂部が丸形でなく平らで、スポンジケーキの型に前ツバをつけたような感じ。

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る