HOME > 部位/パーツ解説[各種繊維製品等] > [衣] 各種繊維製品の部位/パーツ > 肩周りのデザイン種類(オープンショルダー、オフショルダー)

オープンショルダーとオフショルダー

オープンショルダーとは?

 

肩の先端部分のあたりのみ布がなく、その部分だけ開いて肌が見えるようなデザインのこと。

 

大まかに分類すると、

半袖・長袖商品において肩の部分だけ丸い穴が開いているようなタイプが基本で、

オフショルダー系のアイテムに肩ストラップがついていて、

オープンショルダー状態の商品に「オープンショルダー」という商品名がつく場合もあり。

 

 

 

オフショルダーとは?

 

オフショルダーとは、通常の首回りとは違い、

両方の鎖骨がすべて見えるくらい、肩と腕の境目の先端あたりまで、

肩が大きく開いたタイプのデザインの事。

 

肩と腕の境目を先端として、それよりも肩寄りに布と肌の境目があるタイプや、

境目よりも下の腕寄りに布と肌の境目があるタイプまで、開き具合は様々。

 

 

オープンショルダーとオフショルダーの実例画像

 

 

 

 

オープンショルダー例1は通常のトップスに切れ目がはいったような例、

例2はオフショルダー商品にストラップが付き、オープンショルダーデザイン状態になっているタイプ。

 

オフショルダーの例は開き具合が浅い例。

腕の上のほうまで肩が開いたタイプもあり。

 

 

 

 

 

ワンショルダー

 

ワンショルダーとは・・・・・。

 

通常、両肩に布(ストラップ)が付いているデザインが通常とすると、

左右のいずれかの肩のみに布(ストラップ)があるデザインのこと。


ドレス、ワンピースのデザインにて稀に見られる。

 

 

 





 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る