[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

アルパカ(素材・生地)

 

アルパカ(動物)とは?

 
 
【アルパカという動物について】
 
南米のペルーやチリといった高い標高のアンデス山岳地域で主に飼われている動物。
「目ラクダ科」の動物。
哺乳類。
体長1mから2m
毛が長く、ラクダというよりも羊のような雰囲気。
 
 
衣料などにするための毛の採取のために家畜として飼われてきたと言われ、
「アンデスの宝石」などと呼ばれ、生産量は羊毛の1%未満と言われる。
 
 
 
 
 
 

アルパカ(毛・素材・生地)とは?

 
 
【素材としてのアルパカの特徴】

  • 光沢感がある
  • 弾力がある
  • 軽量
  • 保温性が高い

 
 
 
 

主なアルパカ商品

 
 

  • アルパカニット(プルオーバー)
  • アルパカカーディガン
  • アルパカワンピース
  • アルパカ混コート
  • アルパカスカート

 
 
 
 
【含有パーセンテージについて】
 
アルパカ100%のものはあまり市販されておらず、
20%から50%くらいアルパカの毛を含んでいるようなケースが多い。
 
「アルパカ混」の商品に関しては、ウールやナイロン、アクリルあたりとのMIXが多い。
 
 
 

ベビーアルパカとは?

 
 
様々なベビーアルパカ商品の特徴を参考にすると、
ベビーアルパカとは、
 
ただでさえ貴重なアルパカよりもさらに希少な素材で、
通常のアルパカ(アダルトアルパカ)の毛と選別されてわずかに採取できる超極細の繊維のこと。
ベビーアルパカ商品を扱うテレビ通販のディノスHPによると、
アルパカの体毛から採取できるベビーアルパカは10%以下。
 
 
[主な特長]

  • 通常のアルパカ(アダルトアルパカ)の繊維よりも細い繊維
  • とろけるような、しっとり&なめらかな肌触り
  • 美しい光沢感・・・・・これはアルパカと共通
  • 軽くて暖かい・・・・・これはアルパカと共通

 
 
[主なベビーアルパカ商品(モール内)]

  • ニット衣料
  • マフラー
  • ネクタイ

 
 
 

 

 
[メニュー]