HOME > 繊維,素材解説 > 【総称的な生地種類】 パイル(添毛織物)

パイル(Pile)

パイル、パイル地とは?

 

パイル=英語では「pile」と書く。

日本語に直訳すると「パイル織物」や「毛羽立った(けばだった)」というような意味。

 

 

「パイル」の実際の意味としては、

 

「生地の表面を覆う、輪(ループ)や毛羽」を指す。

("毛羽"とは、細かく立った毛のようなもの)

 

そして、「パイル地」という言葉の意味となると、

 

「表面がパイル状になっている生地」

というような意味。

 

 

 

 

パイル織り(パイル織物)とは?

 

「パイル織り(パイル織物)」とは、

 

生地の片面もしくは両面がパイル状になっている織物の総称。

「添毛織物」とも言う。

 

 

 

【主なパイル織物(添毛織物)】

  • テリークロス(=タオル地)・・・・・お近くにあるタオルを近くでみてみることをおすすめします
  • ビロード(ベルベット)
  • 別珍
  • コーデュロイ

 

 

 

【パイル織物のタイプ(表面に関して)】

 

ループ・パイル



表面に細かい輪が並ぶタイプ




【該当素材】

輪奈ビロード


 カット・パイル

 仕上げで輪の先端を切りそろえて毛羽立たせたタイプ




【主な該当素材】


ビロード(輪奈ビロードでないもの)

別珍

コーデュロイ

 

 

 

 

【パイル織物のタイプ(織り方に関して)】


  • 経(たて)パイル・・・・・ビロード(ベルベット)やタオル地が該当
  • 緯(よこ)パイル・・・・・別珍やコーデュロイが該当

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る