HOME > 繊維,素材解説 > 先染めの種類

先染めの種類

まずはじめに「先染め」とは?

 

 

先染め(さきぞめ)とは・・・・・。

 

生地になる前の「繊維段階」or「糸段階」で繊維や糸を染める染色方法。

生地にしたあとで染色する「後染め」とは逆のやり方。

 

なお、先染め繊維・糸で作られた織物のことは「先染め織物」という。

 

 

デニム生地やダンガリー生地がこのやりかたにあてはまり、

この染色方法で先に染められた糸を使用して生地が作られる。

 

 

 

【主な先染め生地(織物)】

  • デニム
  • ダンガリー
  • シャンブレー
  • ギンガム

 

 

 

【例:先染めの代表的存在であるデニム生地の拡大図】

下記のように、生地にしてから染めるのではなく、あらかじめ染色した糸を使用して生地を作る。

 デニム生地の見本画像

 

 

 

先染めの種類

 

種類 概要
糸染め

先染めの代表的な方法。

名の通り、繊維から糸を作ったあとの「糸段階」で染色するやりかた。

原料染め 紡いで糸にする前の「繊維段階(原料段階)」で染めるやりかた。
トップ染め 繊維段階と糸段階の中間の"トップ"と呼ばれる段階で染めるやりかた。

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る