[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

東レ「エクセーヌ」

 

エクセーヌ(Ecsaine)とは?

 
エクセーヌ(Ecsaine)とは。
 
 
日本を代表する繊維会社である東レ株式会社が1970年に開発した、
スエード調の人工皮革素材の商標名(商品名・ランド名)。
 
商標名のため、生地のカテゴリを表す語句ではない。
 
 
染色しにくい非常に細い繊維の「マイクロファイバー」を使用しているが、
スタッフの研究・開発によって現在では様々なカラーバリエーションをラインナップすることに成功。
その他、様々な長所(強み・特徴)を持っている。
 
 
なお、構造の説明としてはエクセーヌ公式サイト内の表現を引用すると、
「東レが開発した超極細繊維の不織布と、特殊な高分子弾性体を3次元融合して作った新しいタイプの工業資材」
と記載されている。
 
 
 
詳しい素材の構造や製法に関しては複雑でわからないため、
エクセーヌ公式サイトにてご確認ください。
 
 
 
【主な特徴(公式サイトの説明参考)

  • 肌触りがソフトで滑らか・・・・・表面が細いポリエステルで覆われている
  • シワになりにくい
  • 型崩れしない
  • 革(フェイク)素材ながら適度な通気性を備えている・・・・・ムレにくい
  • 軽い・・・・・天然皮革の約半分の重さ

 
 
 
【主な使用用途】

  • 自動車内装材
  • 家具・インテリア商品
  • 衣料品
  • スポーツシューズ
  • ブーツ
  • ゴルフバッグ
  • ランドセル
  • 帽子




スエード(スウェード)とは?

 
"人工エスード"と呼ばれるエクセーヌ素材の人工ではない本物版の
「スエード(スウェード、Suede)」とは、
 
 
小牛や子ヤギなどの裏皮を起毛させた、柔らかな皮革(ひかく)のこと。
 
表面の雰囲気はユニクロ商品で有名なフリース調。
 
 
Clarks社の柔らかいショートブーツ「ワラビ―」モデルなどの靴類や
手袋やバッグなどの素材として利用されている。
 
 
 

エクセーヌの歴史

 
*以下、公式サイトなど参考
 
 
 
1970年代春に完成し、
同年7月開催の1970-1971秋冬シーズンのパリオートクチュールコレクションでデビュー。
パリにておいて一大旋風を巻き起こす。
 
翌1971年からは三宅一生氏のニューヨーク開催ショーをはじめ、
NY系のトップデザイナーに相次いで採用され、
アメリカでは「ウルトラスエード(ULTRASUEDER)」の呼び名で絶賛されるようになる。
 
1971年夏には、商標名が「エクセーヌ(Ecsaine)」に決定。
 
1988年からは衣料素材だけではなく、
自動車内装材用途での展開も本格的に開始。
 
1990年代に入ると、自動車内装材としての評価が高まり、
国内自動車メーカーが多数採用するなどスエード市場を独占。
 
 
1991年春からは、ゴルフ用手袋「エクセーヌN」の本格展開を開始。
1994年秋からは高発色・高強度・ドレープ衣料用の「エクセーヌF」を発表。
その後も様々な派生商品を開発。
 
 
 
 

 

 
[メニュー]