HOME > 繊維,素材解説 > 【繊維名】 アンゴラ(高級動物繊維)

アンゴラ(アンゴラうさぎ)素材

分類

 

天然繊維 > 動物繊維 > 獣毛繊維 > アンゴラ(兎)

 

 

 

アンゴラ素材とは?

 

 

アンゴラ素材とは・・・・・。

 

アンゴラ(angora)地方とはトルコの首都・アンカラ地方の昔の呼び名で、

そのアンゴラ原産の「アンゴラ兎(うさぎ)」の毛を使用した素材のこと。

 

絹のようになめらかな白く長い毛を持つ。

 

 

なお、アンゴラ100%の商品はあまりなく、

混紡率10%から20%程度の混紡率である「アンゴラ混」の商品が多い。

 

 

 

アンゴラ混生地の特徴を知りたい場合はこちらから

楽天市場 >手芸・クラフト・生地 > 生地・布 > 「アンゴラ混」の検索結果

 

 

 

 

 

アンゴラ素材の特徴(メリット、デメリット)

 

【アンゴラ素材の主な特徴】

 

  • 保温性が高い
  • 軽い
  • 毛が絹のようになめらか
  • 毛が柔らかい
  • 毛が長い
  • 毛がふわふわしている

 

 


 

 

 【主な弱点】

毛はたくぱく質で出来ているため、虫に食われやすい

 

 

 

 

 

アンゴラ素材を使用した主な商品

 

アンゴラ混の主な商品

 

  • アンゴラ混ニット商品(カーディガンなど)
  • アンゴラ混コート
  • アンゴラ混ソックス
  • ニット帽子

 

 

 

 

 

アンゴラと混紡されることが多い素材

 

高級素材のため、アンゴラの混紡率は10%から20%程度が多く、多くても50%くらい。

以下のような繊維との混紡が多い。

 

  • 羊毛(ウール)
  • ナイロン
  • ポリウレタン
  • レーヨン
  • アクリル

 

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る