HOME > 繊維,素材解説 > シフォン生地

シフォン生地

シフォンとは?

 

 

【定義】

薄手で柔らかく、透け感もある春夏婦人服商品向けの平織物(もともとは絹織物扱い)。

「絹モスリン」ともいう。


もともとは精練する前の光沢感のない生糸で平織りで織られたもので、

絹織物ながら光沢感があまりないことも特徴。

 

 

 

【由来】

フランス語で「薄い布」というような意味である"chiffe"が語源と言われる。

 

 

 

 

シフォン素材の主な特徴

 

 

  • もともとは「絹織物扱い」・・・・・実際にはそうではない
  • もともとの絹織物は、精練して織らず光沢感のない生糸(きいと)を使う
  • 平織りで織る
  • かなり薄手
  • 軽い
  • 柔らかい
  • 透け感がある
  • 光沢感はあまりなし・・・・・程度は商品による
  • 主に春夏婦人服に使われる

 

 

 

モール内の生地屋さんで生地表面を見たい場合はこちら

楽天市場 >手芸・クラフト・生地 > 生地・布 > 「シフォン 生地」の検索結果

 

 

 

 

 

生地表面が良くわかる生地商品

75Dシフォン生地5m(メロンソーダ)

 

 

 

 

 

シフォン素材を使用した主な商品

 

  • シフォンブラウス
  • シフォンスカート
  • シフォンワンピース
  • リボン
  • ヴェール

 

 

紳士服の素材として使用されている例は見られず、婦人服系商品専門。

 

透け素材のため、シフォン生地を使用する場合、

例えばブラウスならば、袖の部分は透けたままシフォン生地をそのまま使用していても、

胴体部分まで透けていると外に着ていけないため、シフォン生地の下に別の布地が使用される。

 

 

 

 

 

シフォン生地として販売されている生地の主な使用繊維パターン

 

 

 

  • ポリエステル100%・・・・・モール内生地屋さんではこのパターンが大半
  • シルク100%

 

 

 

類似素材との違い - オーガンジーやチュール

 

 

【オーガンジーやチュールとの違い

透け感のある素材として有名なオーガンジーとチュールとの違いとしては、

シフォンもある程度透け感はあるが、オーガンジーやチュールほどではない点。

(まれに、シフォンの中にも透明に近いくらい透けている生地もあり)

 

その他、シフォンは柔らかい生地であるものの、

オーガンジーやチュールはハリ感がある素材として知られる。

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る